ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

パンデミック

COVID-19死亡者数を改ざんしたとして、コロラド州公衆衛生局は告発されました

どうやら米国のCOVID死亡者数は、発表されたまま受け取ってはいけないようです。あらためて過去から知られている感染症との比較をし、理解の一助にするのが良さそうです。

もしも、あなたが明確な別の原因で死亡しても、なおCOVID死としてリストされています

几帳面に指定された死因コードを使って死亡診断書を作られると、COVID死として記録されるようです。多くの方が死者数が大幅に膨らんでいるとも指摘されています。

有名な微生物学の専門家、コロナウイルスへの措置が「苛酷」だと彼が考える理由に関して

パンデミック下で、SNSが誤情報への対応に苦慮しています。この検閲に行き過ぎやはあるのでしょうか。ファクト・チェッカーは間違いを犯さない神なのでしょうか。

ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルの編集者、「医療-政治複合体」は腐敗し、科学を抑制している

日本でもコロナ第3波の真っただ中で、収束するどころか、この先どれだけ悪化してしまうか... リーダー達は未来を描けていません。進むも地獄、戻るも地獄、こんな様相を呈してきました。

Covid-19の感染死亡率の「推定値」、CDC経由:0.003%、0.02%、0.5%、そして5.4%

少しずつデータが出てきて、CDCがシナリオとしてまとめたものに、年代別の致死率が記載されています。一歩一歩ですが、アウトラインが見えて来ます。

COVID-19致死率、人類史での「最悪の誤算」- 疫学の博士課程

公式見解としてのコロナウイルスの死亡率3.4%。これを過大評価だと指摘した査読済みの論文は、議論の対象となるもののはずです。しかし、そうはならない... 何故でしょうか ?

異なる10年の同じストーリー:WHOの世界的パンデミックの定義が、大手製薬会社にどれだけ恩恵をもたらすか

過去に宣言されたパンデミックのときに何が起こっていたのか、ワクチンの問題点はなにか、知るべき歴史があります。

インフォームド・コンセントのための医師は、COVID-19の致死率は0.26パーセントだと述べます

新型コロナウイルスについては、未だに判明していないことが多々あります。こうした中で、参考値として、感染者した方の中で、亡くなられる方の割合は 0.26% とのこと。

トロント公衆衛生局:COVID-19死でないが、COVID-19を持つ人々は、COVID-19の死亡者数に含まれます

Covidが死因として特定されなくとも、Covid死としてカウントしている。このてんまつは、人騒がせなことになっているようです。何故こんなことになったのでしょうか。

CDCは認めています、「COVID-19による死亡」の94%に他の原因/健康状態がありました

Covidが死因として特定されなくても、Covidに感染していつつ亡くなればCovid死としてカウントされているとのこと。これは、どのような意図なのでしょうか !?

英国の外務大臣はこう述べます、COVID-19の「偽陽性率」は「とても高い」

平素な言葉で国民に専門的な内容を説明するリーダー、日本でこれができているのでしょうか。WHOが一方的に正しいのか。見出ししか読まない読者。課題山積です。

世界医師同盟:「私達は医療パンデミックを抱えていません。」 これはフェイク・ニュースですか

終わりが見えず、出口戦略もぼんやりでしかないパンデミック。政府や保健機関から共有できる情報があまりありません。良し悪しは別として立ち上がった科学者達や医師達。そして言論の自由は ?

中国のウイルス学者はこう主張します、COVID-19は人工だと証明する証拠を、彼女は公表します

これは公開後、ファクト・チェッカーに固められていた元記事です。ファクト・チェッカーとは何か、ジャーナリズムのあるべき姿と敵とはなにか、考えさせられます。

「COVID-19のPCR検査は科学的に無意味です」と、ブルガリア病理学会は述べています

PCR法とは、どのような仕組みなのか。そして、PCR法を応用したPCR検査の正確性はどの程度のものなのか。その落とし穴について物議があることを、正しく知る方がよさそうです。

ウォータールー大学の博士で教授がCOVID-19を「偽の緊急事態」と呼ぶ

カナダでこの夏、まだまだ正確な情報が少なく、混沌とし混乱している例です。パンデミックという尋常ではない状況を、どのように受け止めたらよいのか...

バチカンのインサイダーは、COVIDは「社会工学の巨大なオペレーション」だと言う

パンデミックの騒ぎを操り、扇動までして巨大な利益にしたい勢力がいることには注意しなければなりません。バチカンからの意見が発信されました。

SARS-CoV-2はゆっくりと変異しています、それはいいことです

SARS-CoV-2について、ワクチンがターゲットにするウイルスの場所や、新型コロナウイルスでの突然変異の程度について知ることができます。

新しいスタンフォード大学の研究は、COVID-19が季節性インフルエンザと同じ感染致死率を持っていることを提示

2020年4月19日のロックダウンのさなかに公開され、封鎖という政策と、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)とはどのようなものかについて真剣に疑問を持ち、インフルエンザを踏まえてみると...

どうしてか、この「パンデミック」は社会工学の実験に似ています

パンデミックに、合点が行かないことが多々ある方は世界中にたくさんいると思います。特に、死者数をカウントした値、そして死亡率が、納得しにくいことは誰もが気付いているかと思います。

ウィキリークスがハイライト、「大手製薬会社」が世界保健機関に与える影響

存在する安価な既存薬を使う成功事例の多い治療方法が無視され、新型コロナウイルス治療に転用可能な高額な薬物や、恒久的に近い利益を約束するワクチンがWHOのお墨付きとなるかも知れません。

新型コロナウイルス:ヒドロキシクロロキン治療に反抗するキャンペーン

ヒドロキシクロロキンの治療に反対するデッチあげ論文がランセットに掲載された。WHOも臨床試験をやり直すようだ。

COVID-19患者に見られるT細胞は、長期的な免疫の「良い前兆」です

新型コロナウイルスについて少しづづ分かってきていることがあります。SARS-CoV-2 に感染したことがない一部の人で細胞防御を持つ人もいるとのこと。何がしかのコロナウイルスに過去に感染し、その防御方法の学習がされて役に立っているのかもしれません。

コロナウイルスは変異しますか。 そうです

コロナウイルスの変異については、国内の主流のメディアから一般向けとして積極的にとりあげられていないような印象です。ほとんど目にしません。専門家では周知の事実となっているからでしょうか。

コロナウイルスをブロックする抗体が、科学者達により感染細胞から発見された

47D11 と呼ばれるモノクローナル抗体が、SARS-CoV-2に有効とのこと。1日でも早く、臨床試験の結果を待ちたいところですし、治療方法として役立つことを期待したいです。

Covid-19:細菌叢の経路、新しいパラダイムに向けて

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)では、結果として重篤な肺炎になり得ますが、その幾つか前のメカニズムが重要です。ここでは腸内細菌のプレボテラにウイルスが感染する、確度の高い仮説を立てています。

ビル・ゲイツ:ワクチンが「全世界に届く」まで「元通り」に戻ることはありません

パンデミックの中で製薬を舞台とした隠れた動きがチラリと見えてきます。勘所の鋭い方は既に気付いているとは思います。ウイルスによる疾患から、人々を救うための行動には違いないのですが、新たな世界秩序への一歩でしょうか。

米国の3つの病院がビタミンCやその他の低コストで入手が容易な薬剤のIVsを使用

米国でCOVID-19に対して成功している治療方法の4月6日の報告記事です。血栓が生じる臨床例の報告もあり、ビタミン投与は理屈に合っています。これに限らず、治療方法が確立されることを期待します。

コロナウイルス治療:COVID-19のパイプラインにあるワクチン/薬物

主に米国の製薬会社や研究所に関連する、対新型コロナウイルスの薬物候補がリスト化されています。これらの薬物候補から人類を救うものは現れるのでしょうか。

コロナウイルスの死亡率は、100年前の結核BCGワクチンを使用している国で6倍低い

BCG、つまり結核菌に対抗するワクチンのことで、この刺激が人間の免疫系をより強化しているのではないかとする推論です。統計的な相関としては一理あるトピックです。

新型コロナウイルス:可能性のあるワクチンはウイルスを撃退するのに十分な抗体を生成

ご紹介したのは、パッチとして貼りつけられるワクチンの開発についてです。1年以上先になると思われますので、それまでは感染しないように慎重な行動を取るしかありません。