ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

科学技術

150を超える人と動物のハイブリッドが英国の研究室で秘密に作られました

遺伝子工学が進歩し、遺伝コードを編集できるようになりました。やろうと思えばハイブリッドや未知の生き物をエンジニアリングすることが可能な時代なのでしょう。どこまで許されるのか.....

地球は20分間鐘のように鳴った、そして科学者は理由を説明することができない

世界各地で科学的な観測により、地球が鐘のように鳴っていました。科学的なモデルでは、地球が中空構造を持っていることになります。これは何を意味する事実なのでしょうか !?

人工物の月は、私達をマトリクスにキープします

地球の衛星の月は、天然の天体として説明しにくい性質を持つ天体です。月が生理学的な影響や、神経系や精神的な影響を私達に与えている、これを完全に否定するのは難しいようです。

リンダ・モールトン・ハウ: 25億光年先から何かが地球にやってくる

高速電波バーストは自然現象なのでしょうか、それとも高度な宇宙の文明が使うテクノロジーなのでしょうか !?

イーロン・マスク氏が、1950年代のSFのようなスターシップ試験ロケットを発表

スペースエックス社が、古いSFのようなスターシップを本採用するようです。シンプル・イズ・ベストなのかもしれません。

透明な太陽電池はあらゆる窓でエネルギーを発生させます

軽く、割れにくく、透明で、しかも発電するガラス素材。ガラス張りの建物、オフィスビルや農業用の温室に利用できたら、かなりな発電になりそうです。

カール・セーガンのコスモス全部を見ることができます:パーソナル・ヴォヤージを無料のオンラインで

故カール・セーガンさんは、天文学者でしたが人々に夢を与えるのが上手でした。NASAの予算獲得に貢献したことは、広く知られています。セーガンさんのような方は、なかなか出てこないです。

火星のロッククライミング:シミュレーション

宇宙服、地球とは違った環境から人間を守るのが宇宙服です。新素材などは登場するものの、生命維持装置のコンパクト化など課題は山積です。ブレークスルーはあるのでしょうか !?

NASAはドリーム・チェイサー宇宙機の生産のための親指を立てます(ゴーサイン)

シエラ・ネバダ・コーポレーション社も、新規に宇宙開発に乗り出している会社の1つです。スペース・シャトルの小型版となる、ドリーム・チェイサーの就航が楽しみです。

マトリクスは本当です - 私達はコンピュータ・シミュレーションの中で生きています

私達は仮想現実の中にいる。マトリクスに居るとすると、さまざまなことについて辻褄が合います。現実とはどのようなものなので、どうなっているのでしょうか !?

この絵はジーザスが時を経てきて衛星を持ち帰った証拠だとするクレイジーな主張

ジーザスはタイムトラベラーだとする疑惑なのでしょうか。1600年代に描かれた絵画にミステリアスなものが描かれている理由は何でしょうか !?

大変に進歩した反重力技術、あなたはもう50年間それを見ることはないでしょう

人類が製造している、人工的なUFOがあるとする論説があります。リバース・エンジニアリングされたフライング・ソーサーとはどのようなものでしょうか !?

2020ノーベル賞 - 科学部門

2020年のノーベル賞の授賞者と研究テーマが発表されています。今のところ日本人の受賞がないのは残念ですが、とても興味深い研究です。

あなたを驚かせる秘密の反重力技術

フライング・ソーサーに、どうしてこれほどこだわるのでしょうか。反重力に到達したかは疑問ですが、円盤型の航空機に拘る理由は、超高性能のものを目の当たりにしたからでしょうか !? 火のない所に煙は立たない.....

NASAのローバー近くの3枚の写真で、火星の天使的な存在が見られます

火星探査車、ローバー・オポチュニティが不可思議なものを捉えています。火星で撮影されたものはいったい何なのでしょうか。写真はNASAのURLでご確認ください。

ナチスは古代のエイリアン文明を見つけたのでしょうか

第二次大戦の終わり頃からのナチスと南極を舞台にしたハイテク・ウェポンのストーリーについて、さまざまなことが盛り込まれたダイジェスト版です。ある筋によればこうしたストーリーは現実とのことですが... !?

ヴァージン・ギャラクティック社は、宇宙飛行を試みる

ヴァージン・ギャラクティク社の開発が着々と進んでいます。2020/7末には客室キャビンの映像が公開され、どのような機内なのかを知ることができます。

最近検出された地震波に悩まされた地質学者

アフリカの東海岸のモザンビーク海峡で、原因不明の地震波が観測されました。この原因についてさまざまな憶測があるようです。地球は大丈夫なのでしょうか !?

デイビッド・ウィルコックの予測、2019年に大きな出来事があります

デイビッド・ウィルコックさんの提供する情報は、はい、そうですかと受け入れられないかも知れません。しかし、同様な事を主張する方もおられ、私達が知らされていないだけなのかもしれません。何が本当のことなのでしょうか !?

科学者は、燃料なしで「イオン・スラスタ」を使用して飛行するスタートレックのような飛行機を作りました

イオン・スラスタを搭載した模型飛行機の試験に成功しています。これまでの推進方法に取って代わる、将来の標準になるのかもしれません。

ウィリアム・テイラーの奇妙なケース:8973年に旅し、ハイブリッドのヒューマンマシンを見た

タイムマシンで8,973年に行き、高度な文明を見てきたというタイムトラベラー。人類は、どこまで進歩してゆくのでしょうか !?

スティーブン・ホーキング、「超人」の種族を予測

超人とは遺伝子工学による改良? 改造? でしょうか。これは、人工的なミューティトによるミュータントに相当するものなのかもしれません。どこまで、進んでゆくのでしょうか !?

物理学者は、実行可能なタイムマシンの数学的モデルを開発する

タイムマシンを可能にする理論です。乗り越えなければならないテクノロジーは、反物質のようです。反物質があれば、不可能とされていることが可能になる日が来るのかも知れません。

元エリア51の科学者は、大衆には見ることのできないプロジェクトを発表します

エリア51に勤務されていた研究者デビッド・アデールさんが、従事されたり見聞きされた機密のテクノロジーを公開します。映画アバーブ・マジェスティックにも登場します。

クリスタ・マコーリフの失われたレッスンがついに宇宙で教えられた

クリスタ・マコーリフさんは、スペース・シャトル - チャレンジャー号の打ち上げ失敗で亡くなられたクルーの1人です。あらためて、宇宙を往来することのリスクを思い出せてくれます。

機密解除されたCIA文書は、ナチスがUFOを成功裏に造ったと提示します

第二次世界大戦の終盤に、ナチスが、起死回生となりそうな新兵器を投入しようとしていました。フライング・ソーサーのプロジェクトは、どこまで達成したのでしょうか !?

NASAは、20年の間に星間宇宙ミッションを開始したい

他の惑星や恒星系に旅をするとなると、宇宙を長い時間にわたって移動せざるを得ません。地球から火星まででも、ざっと8か月と言われています。私達には必要なものが多そうです。

ヒトラーのタイムマシン – ザ・ナチス・ベル

タイムトラベラーがどうやって時間移動をするのかは、ほとんどミステリーのままです。何らかのタイムマシンに搭乗して時間を移動するのでしょうか。いったいどのようなメカニズムなのでしょうか !?

オポチュニティ・ローバーはまだ火星で沈黙しています、叙事詩の塵の嵐が始まって4ヶ月後

ローバー・オポチュニティの続報です。担当チームの最後になるかもしれない努力について紹介されています。探索をしていたエンデバー・クレータ付近で...

イーロン・マスクは、月と火星に飛ぶロケットで最も明からな外観を与えたばかりです

スペース・エックスの公開したテクノロジーです。軽くて丈夫、熱や宇宙線に強く、劣化がなく耐久性のある素材を取り入れてゆくと、将来は何で宇宙船が造られるのでしょうか !?