ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

科学技術

218ドルで購入したアポロ11号のテープは、ほとんど紛失していた後に、数百万ドルで売られるかもしれません

NASAが見つけられなかったアポロ11号のビデオテープが、思わぬところから出てきたようです

ジェット機にエスコートされた人造の空飛ぶ円盤は、技術移転したUFOを意味します

墜落したUFOを回収し、解析し構築したテクノロジー、またはエイリアンとコンタクトがあり供与されたテクノロジー。あるのでしょうか ?

接近遭遇 エリア51のミステリアスな白い「フライング・ソーサー」が撮影されました

エリア51を集中的に取材しているユーチューバーが不可思議な浮遊するような物体を捉えました。地球製のアレでしょうか !?

日本は、火星の月を訪問するために史上初のローバーを発進したい

日本は火星の衛星の探査を計画しています。JAXAの2024年の打ち上げに期待したいです

ワープ・ドライブ、光よりも速く移動する技術

宇宙の制限速度、光速を突破できる日はくるのでしょうか。この辺境の宇宙の片隅に閉じ込められないためには、いつかはです

カナダ空軍のパイロットは、飛行中にUFOの写真を撮ります

UFO開示の市民公聴会が行われてから8年くらいになります。これをきっかけに、多くの事例が紹介されてます

科学者達は、人間のチャクラのレイアウトを図解し、どのようにして適切に位置合わせできるかを示します

生体の状態を測定し、チャクラと結びつけて解釈をしています。この分野が発達し、本格的な医療に組み込まれること期待したいです !

海軍のパイロットは、2014年と2015年に、ほぼ毎日のようにUFOを見ていました:報告書

2019年、米海軍が公式にUAPの存在を認め、各紙に取り上げられました。それまでは、なかば陰謀論扱いされていたことも興味深いことです。不都合な真実は、至る所にありそうです

実現したジュール・ヴェルヌのマインド・ベンディング予測

SF作家は、幻覚をもたらす強烈に心に影響を及ぼすようなことがあったのでしょうか。そうでもなければ、何故こんなにも未来が見えたのでしょうか...

ベイズの定理: おそらく私達が毎日使う数学のツールですが、それは何ですか

シンプルなだけに応用範囲の広いベイズの定理。不確定なことの予測に使われますが、どんな例があるのか、数式なしで見てみましょう。

NASAの宇宙飛行士:「これらの概念は、世界中の何百もの研究所で証明されています」

真空空間からエネルギーを取り出せることが物理学で分かっています。何故、フリー・エネルギーに積極的でないのでしょうか。

科学者達は、ある場所から他の場所への物理的な物体のテレポーテーションを報告します

テレポーテーションには、科学技術的なものと、超能力分野のものが考えられています。どちらでも自由に行うことができたら、世界に大革命をもたらすことでしょう。それはいつの日にか...

コンピュータ・プログラムは、2020年の黙示録を予測します

2020、グレートリセットを含意しているのかもしれないパンデミックが起こりました。予言としては登場していなかったのかもしれません。予言...何なのでしょうか !?

これまでで最も微小な時間のかけらが測定されています

極めて微小な時間の測定に成功したことは、量子の相互作用の様子をより詳しく理解することへの布石になるのかもしれません。

12,000年前に地球上で爆破した原子爆弾

世界各地の遺跡にて、古代に核爆発があったのではないかと言われています。私達が知らない高度な文明があったのかも知れません。

遥かな昔の核戦争の証拠:ソドムとゴモラの破壊

ソドムとゴモラの都市破壊についてバイブルに記載があります。核爆発だったのではないかと言われていますが、どうなのでしょうか。

科学者は南極大陸の下に失われた大陸を見つけます

重力を調査する衛星のデータを組み合わせて、南極の下にかつての大陸が発見されたようです。これが伝説の大陸なのでしょうか !?

福島は、世界の海洋の1/3を汚染しました

東日本大震災から10年を過ぎたばかりですが、廃炉や汚染水の処理はこれからです。流行り病の最中に、何が公表され、何が隠蔽されるのでしょうか。

火星は、何十億年もの間大きな川を持っていました

太古の火星にはかなりな水があっただろう、こうした仮説の証拠となるデータが少しずつでも積み重なってきています。当時はどのような姿の惑星で、どのような生物がいたのでしょうか 1?

グレート・ピラミッド、何だそれ

かつてグレート・ピラミッドは原子力発電所だったとして、その構造を解説されています。今やそれが墓だとは考えにくい、では何なのでしょうか...

今日のスカイカムで、ワームホールから出てくるUFOを発見

ヨーロッパ南天文台のウェブカメラに不可思議なものが写り込んでいます。宇宙にはよく分からないことが沢山あるのでしょう !?

このツェッペリン型のビジネスジェットは、より長い航続とより良い燃費を提供します

少人数を対象として、長距離移動、高燃費の小型機のブレークスルーになるかもしれません。小回りの利く運用が魅力になって行くのでしょう。

絶縁体における量子挙動の発見は、可能性のある新しい粒子を提示します

量子コンピュータの時代に突入しようとしています。新たな自然現象の発見、そして新素材の開発が期待されます。

NASAのスピリット・マーズ・ローバーは、火星でミステリアスな成長を発見

火星にはかつて生物がいたのではないか、そうした環境だったのではないかと調査研究がされています。どのような生物だったのでしょうか ! そして、現在もいるのでしょうか ?

バミューダ・トライアングルでの消失の裏にあるミステリーが、ついに解決

バミューダ・トライアングルは魔の海域として、異次元との関係を含めて、さまざまな想定がされてきました。いったい何が起こっているのでしょうか !?

NASAの科学者は、27マイルを超える長距離の「量子テレポーテーション」を初めて達成しました

量子もつれが通信手段として確立されるのかもしれません。現代物理学が上手く説明できてはいませんが、実験的には知られている量子現象です。未来はどうなるのでしょうか !?

これは、世界で最も純粋な光のビームです

レーザー光線が改良され、その干渉により重力波が検出できたテクノロジーの進歩です。この重力については、未だ現代物理学は答えを出せていないミステリーです。いずれ解明されるのでしょうか !?

NASAは、火星でオポチュニティ探査車を呼び出す最後の試みをしました

火星探査車、ローバー・オポチュニティのその後に注目していましたが、残念ながら復活はしませんでした。多数のお宝映像を残してくれました。後続に期待したいです。

科学者達は、デビルズ・タワーの柱の形成方法のミステリーを解きます

デビルズ・タワー。なんとも特徴的で、映画未知との遭遇の舞台にもなりました。あるビデオをきっかけに、これが切り株に見えるようになった方も多いと思います。

新しいハッブルの眺めは、「宇宙空間からの、最も深遠な宇宙の画像」です

ハッブル宇宙望遠鏡が運用されるようになってから、それまで知り得なかった宇宙の姿が明らかになってきています。いつか、ビッグバンで広がった宇宙の境界と、境界の外側を知る日が来るのでしょうか。