ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

古文書

考古学者は、死海文書の大豊庫を見つけたのかもしれません

死海文書、人類史としておそらく最古の記録なのでしょう。そこに何が記載されているのかは、世界中の関心事です。発掘と解読の今後に期待です !

遥かな昔の核戦争の証拠:ソドムとゴモラの破壊

ソドムとゴモラの都市破壊についてバイブルに記載があります。核爆発だったのではないかと言われていますが、どうなのでしょうか。

ノアの箱舟はついに発見されました:研究者達は、前代未聞のバイブル的な発見を99.9%確信しています

標高4000m付近で、ノアの箱舟のものらしい木片の残骸が見つかったとのこと。本物なのでしょうか !?

アヌンナキの証拠 - PART TWO

ゼカリア・シッチンさんを支持する立ち位置のアーカイブ誌が、専門家にシッチン氏の正当性についてインビューします !

エイリアンは私達を遺伝的に作り上げました:圧倒的な証拠

DNAにはミッシングリンクがあり、これを踏まえて、ダーウィンの進化論を信用するならば、人間への進化を説明できないことを言っているとも判断できます。私達はどこから来たのでしょうか !?

この5,500歳のシュメール人の星図は、巨大な小惑星の衝突を記録しています

小惑星の衝突は歓迎したくないですが、シュメールの時代の記録がされていたとは驚きで、その星図から衝突した貼所も特定されたようです...

エノク書の完全版

バイブルに記載されているエノク書には、より古いエチオピア語版やスラブ語版、死海文書などがあるという。それらには何が記載されているのでしょうか !?

アヌンナキの帰還 – 落ちたシュメールの神々

ニビルと太陽系のかかわり、そして水についての古文書の記述。これらは、アヌンナキの可能性を説明するのでしょうか !?

アヌンナキの証拠

アヌンナキについて、かなり信じている欧米の方は多いようです。物議のある人類史との重なりが、そう感じされるのでしょうか。そう翻訳された正確性はどうなのでしょうか。

これがバイブルに記載されている8つの科学的「事実」です

バイブルが、ほぼほぼ最古の文献だとすれば、何が書かれているのかを解明するのはとても興味があります。そうして世代を超えて、多くの方達が挑戦しています。

考古学者達は、新しい2つのクムラン洞窟の中で、死海文書を探します

死海文書は、クムラン地域で発見された古文書のことで、バイブルの原本となっているとされています。今まで知られていなかった、新たな人類史が発見されるかもしれません。

この絵はジーザスが時を経てきて衛星を持ち帰った証拠だとするクレイジーな主張

ジーザスはタイムトラベラーだとする疑惑なのでしょうか。1600年代に描かれた絵画にミステリアスなものが描かれている理由は何でしょうか !?

バイブルに別記されたエゼキエルの輪は、実際には古代の宇宙船でしょうか

エゼキエル書は、バイブルのミステリーの1つです。宇宙船? 事象の地平線を開く装置? 何がしかのポータルを開く装置? いったい何を記述しているのでしょうか !?

研究者は最終的に秘密のコードで書かれた古代ユダヤ人の死海文書を解読

経年変化で痛んだ死海文書。その修復作業は地道で大変な作業でしょうが、こうした作業の積み重ねで、いつかは、私達が創造もできなかった歴史が明らかになるのかも知れません。

歴史の基盤を粉砕する可能性がある5つの「論争の的になる」古代の書

考古学を始めとしたさまざまな学術で見解が割れたり、教科書には取り上げられていない史実がたくさんあるのだろうと思います。こうした影になっているグレーゾーンの歴史は、ミステリアスで興味深いです。

「アルス・ノトリア」超人的能力を教える書

アルス・ノトリア、謎めいた書物があるものです。魔法の書や呪文など、ファンタスティックな雰囲気です。宗教に関連する書とは一味違う側面を持つことも人々の関心を集めたようです。

3,700歳のバビロニアのストーン・タブレットが翻訳されています

バビロニアのストーン・タブレットが翻訳されると、三角法が書いてあったとのこと。紀元前1700年くらいの科学技術の一端が明らかにされました。

エノクは何者でしょうか。 バイブルによれば、365年間生きていた男です

バイブルの中で、ひときわミステリアスなエノク。バイブルとコーランとの比較解釈も興味をそそがれます。シュメリアン・キング・リストとの関係も気になるところです。そして、アセンションとは何か !?

バイブルの古代の原稿の草稿が発見され、衝撃的な詳細を明らかにします

現在のバイブルがいつ誰によって作られたのか、編集により、どんな内容が採用され不採用になった内容はどんなものかなど、いろいろ考えさせられます。人類の歴史の資料として見ることができるのだろうか !?

古代の原稿は、ジーザスは結婚し子供がいたと主張します

ジーザスがメアリー・マグダレンと結婚し、子供がいたことを提示する証拠があります。その上、古代の原稿ではヨセフと呼ばれています、とのことで海外だと様々な情報があるようです。真偽はどうでしょうか !?

なぜバチカンは1684年にバイブルから14の書を削除したのでしょうか

バチカンは1684年にバイブルから14の書を削除したとのこと。バイブルは最古の書物の1つで、記載されたことに関心が高まります。しかし、実は、何かの事情で都合よく編集されたものなのとのことです。なぜでしょう !?

古代のヒンズー教の写本は惑星間旅行と航行が7,000年前に存在したことを表します

古代インドの不可解な動力を持つ飛行物体。直訳は、水銀渦エンジンですが、水銀渦電流による磁場コントロールのことを言っているのかもしれません。ここから反重力へつながったのでしょうか !?

古代インドの6,000年前のフライングマシンであるヴィマナの動力は何でしょうか

6000年前のインドにも、伝説なのか史実なのかを考えさせられることがあるようです。なんとも、いかつい、仏塔のよう外観イメージから都市のようなサイズの飛行するものでもあったのでしょうか !?

バイブルは、世界が2018年6月24日に終わると言います

バイブルの解釈ということですが、次から次へと出てくる終末予想の1つのスタイルなのでしょうか。天文学的には太陽の寿命が太陽系の終焉とされています。地球の終わりはかなり先でしょう。

歴史が間違っていることを証明する3つの思いがけない発見

考古学的に作られた歴史ストーリーは、どこかにほころびがあるのかもしれません。それを未だに学校で教えていたり、社会の通年として定着していることがミステリーです。

エイリアンはジーザスの磔刑に現れました。そして、ここに「証拠」があります

バイブルという経典のビジュアル化とも言えるのが、関連施設に残された絵画です。あまりにも神格化するために誇張を繰り返した結果、今となって読み違えるようなものなのか、はたまた写実されたものなか !?

古代のテキストは明らかにします:地球は、天国から来た8人の王に241.000年間支配されました

シュメールの王達の史料について、基本的な紹介と疑問点について書かれた、ニュートラルな内容です。このストーリーが史実なのか神話なのか、想像力のスイッチをOn/Offしながら考察すると楽しいと思います。

BBCドキュメンタリーは、ジーザスがインドとチベットで16年以上を過ごしたことを証明した

世界で最大の信者数のあるキリスト教なので、いろいろと言われることも多いのでしょう。宗教学者としては、信じる宗教の真実を知りたい気持ちもあるのかも知れません。今後、史実として、どこまで新見解がでるのでしょうか。

1500年前のバイブルは、ジーザス・クライストが十字架につけられてはいないことを確認しています - バチカンの畏怖

ユダヤ教,キリスト教,イスラム教の聖地がエルサレムです。こんな事情の延長線上に、互いに敬意を払うこともあるでしょうし、「おかしい !?」という情報が飛び交うこともあるのかもしれません。

マジャイ(Magi)の神聖な木

世界中のほぼ総ての古代の伝説で、神聖な木の改作が見られます。これらの共通点、そしてオリジンはどこにあるのでしょうか。現代で忘れ去られた地球史の1つなのかもしれません。