ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ロシア

ウクライナで進捗の遅さと激しい抵抗は、冷酷なロシアの攻撃を促し得ます

ウクライナ情勢、泥沼化しそうです。黒幕はだれ !?

政治エリートが戦争ゲームをプレイしている間、人々は死にかけ、避難しています

平和であって欲しいのですが、誰が紛争を作ってきたのでしょうか

ウクライナで何が起こっているのですか

プーチンさんが軍事オプションを選択しました。何がそうさせたのでしょうか

ロシアが確認:UFOは本物だ

ソビエトは当時、米国の月探査を徹底的にマークし、あらゆる手段で監視していた。そして...

ロシアの秘密UFOファイル:エイリアンとの対立

クレムリン(ロシア)の握っている情報はかなりなものでしょう。いつか驚くような発表があることでしょう

ロシアには、巨大な水中ヒューマノイドの種族が生息している、いくつかの深い湖がある

キルギス(旧ソビエト)にある古代湖、そこには伝説の生き物が暮らしているのでしょうか ?

クリミア地方ケルチの住民が、空のUFOを記録

黒海に位置するクリミアで、未確認飛行物体が撮影されています。世界各地に同じようなものが... 現れます

漏洩ビデオ:ロシアの秘密の本 - エイリアン種族 KGB

ロシア、旧ソ連の情報筋はエイリアンについてどこまで調査したのでしょうか。エイリアンの姿とは ...

宇宙飛行士が、宇宙で「電子機器をバックアップするために」テレパシーを使用したとCIA文書が主張

テレパシーについては、米国やソ連(ロシア)の当局により研究され、応用までされていたとのことです。どれだけのものになったのでしょうか

エイリアンが、森の中でビデオのフレームに撮られました

ロシア語で紹介された森の中での遭遇のイメージ。私達のようなヒューマノイドは、実際に上陸しているのでしょうか

NASAの写真で、月に十字型のエイリアン基地

ソビエトのゾンド6号が撮影した写真に違和感のあるものが写り込んでいます。具体的な物が撮影されたのだったら、何なのでしょうか ?

バイカル湖:謎めいた「底なしの湖」、数えきれない超常現象「ミステリー」の故郷

バイカル湖、ハンパない大きさです。どこの国にもミステリアスなストーリーのホット・スポットがあるようです

ロシアの秘密書 - エイリアン種族 - レプタリアン種族

KGBが保持していたエイリアンに関する資料が公開されています。どのような種族が登場するのでしょうか ?

プーチン大統領は、動物へのあらゆる形態の残虐行為を禁止する法律に署名します

ロシアで、おそらく厳格な動物保護をするのでしょう。それにしてもプーチンさんは、どこまでさまざまなことをご存知なのでしょうか ?

ロシアは、政治的反体制派のトランプ支持者達「迫害」に対して対してバイデン政権に一撃する

共和党を支持しているだけで解雇されたり、穏やかではないようです。分断をさせないどころか、迫害だとも言われていることに驚きます。この先どのようになるのでしょうか...

政治での悪魔崇拝とロリコンに関するプーチン大統領のコメントは、真実であることが判明しています

プーチンさん目線からみた米国の深い闇についてになるのでしょうか。こうしたことは、オルタナティブ・メディアからしか紹介されないのかも知れません。

ウラジミール・プーチン大統領は、シベリアの山に墜落したUFOを調査するために軍隊を送ります

プーチン大統領のカリスマ性もあってか、ときどき登場するロシア情報です。何か重大なことを発表していないだけなのかもしれません。

ロシアの警告、エイリアンとの戦争が北極で始まりました

2018年7月25日の2.1キロトンの火球の爆発が北極圏でありました。自然のものだったのでしょうか。それとも自然ではなくて、何か違う意図を持ったものだったのでしょうか。

ソユーズ MS-10の失敗について、ロケット部品の衝突が原因とされた

国際宇宙ステーション(ISS)への足となっていたソユーズが、停止するかもしれない状況に陥りました。これはある意味厳しい緊急事態となるかもしれませんでした。

不滅のプーチンの奇妙なケース

プーチン大統領によく似た人物が古い写真に写っていることから、それぞれの時代に現れたタイムトラベラーだとささやかれているようです。いろいろと取り上げられるプーチンさん、表題のように不滅なのでしょうか。

ロシアの将軍は世界に真実を話した:人類はエイリアンに売却され、ロシアはそれを知っています

人類がエイリアンに売却され、ロシアはそれを知っています。エイリアンとの取引があるストーリーは時の超大国を舞台にして噂されています。本当の話なのでしょうか !?

ロシアは、南極大陸が私達に言われているようではないことを明らかにしています

未だに調査の手が行き届かず、ミステリアスな事が多くさまざまな話題を提供する南極。そんな南極に新たなUMAが暮らして居るようです。

ロシア人は南極のアヌンナキに会った - ビデオがあります

天文学的に全く証拠がない太陽系の惑星ニビル。しかし科学的には、もう少し別のものとしての存在も予想可能です。宇宙のどこかにあるのかもしれません !?

エイリアンの攻撃後、「ロシアの兵士は石に変わった」というCIAの文書

冷戦時代を通してCIAは、国家の安全保障に関係するありとあらゆる資料を収集していました。機密解除され開示されたものだけでも、細かく見てゆけば驚くような情報が拾えるのでしょう。

ノストラダムスは2017/18年にエイリアン侵略を予測した

ノストラダムスの2017/18の予言として、2017年12月17日に出された記事になります。2020年となった今、この記事について、ハズレだと言えます。これからもさまざまな予言が現れるとおもいます。

エイリアンはジーザスの磔刑に現れました。そして、ここに「証拠」があります

バイブルという経典のビジュアル化とも言えるのが、関連施設に残された絵画です。あまりにも神格化するために誇張を繰り返した結果、今となって読み違えるようなものなのか、はたまた写実されたものなか !?

プーチン大統領は、エイリアンが地球上に存在することを世界に知らせるつもりか

ロシアでは、旧ソ連時代から国家プロジェクトの1つとしてUFO/エイリアン研究がされているらしいことと、プーチン大統領のカリスマ性もあってか、さまざまな噂やストーリーが登場します。パラダイム研究グループのスティーブ・バセット氏が迫ります。

モスクワ近くの村は、地球外生命体により「恐怖」となりました

モスクワ近郊のプロタソボ村で、ETと村人の交流があったとのこと。ロシアの情報はいつもベールに包まれています。どれだけ本当なのか !?

ソ連の宇宙探査機ゾンド3号が発見した月の遠方のミステリアスなタワー

ゾンド3号のタワーの写り込みもそうですが、人間が入っていない場所に、こうしたものがあるとしたなら、これはどういう事なのでしょうか。

「火星」のロシアのアバターの啓示は、専門家を悩ませる

ボリスさんは、元火星で暮らしていた生まれ変わりで、地球の古代にあったことまでも記憶されているとのこと。地球史は明らかになるのでしょうか !?