ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ロシア

ロシアの将軍は世界に真実を話した:人類はエイリアンに売却され、ロシアはそれを知っています

人類がエイリアンに売却され、ロシアはそれを知っています。エイリアンとの取引があるストーリーは時の超大国を舞台にして噂されています。本当の話なのでしょうか !?

ロシアは、南極大陸が私達に言われているようではないことを明らかにしています

未だに調査の手が行き届かず、ミステリアスな事が多くさまざまな話題を提供する南極。そんな南極に新たなUMAが暮らして居るようです。

ロシア人は南極のアヌンナキに会った - ビデオがあります

天文学的に全く証拠がない太陽系の惑星ニビル。しかし科学的には、もう少し別のものとしての存在も予想可能です。宇宙のどこかにあるのかもしれません !?

エイリアンの攻撃後、「ロシアの兵士は石に変わった」というCIAの文書

冷戦時代を通してCIAは、国家の安全保障に関係するありとあらゆる資料を収集していました。機密解除され開示されたものだけでも、細かく見てゆけば驚くような情報が拾えるのでしょう。

ノストラダムスは2017/18年にエイリアン侵略を予測した

ノストラダムスの2017/18の予言として、2017年12月17日に出された記事になります。2020年となった今、この記事について、ハズレだと言えます。これからもさまざまな予言が現れるとおもいます。

エイリアンはジーザスの磔刑に現れました。そして、ここに「証拠」があります

バイブルという経典のビジュアル化とも言えるのが、関連施設に残された絵画です。あまりにも神格化するために誇張を繰り返した結果、今となって読み違えるようなものなのか、はたまた写実されたものなか !?

プーチン大統領は、エイリアンが地球上に存在することを世界に知らせるつもりか

ロシアでは、旧ソ連時代から国家プロジェクトの1つとしてUFO/エイリアン研究がされているらしいことと、プーチン大統領のカリスマ性もあってか、さまざまな噂やストーリーが登場します。パラダイム研究グループのスティーブ・バセット氏が迫ります。

モスクワ近くの村は、地球外生命体により「恐怖」となりました

モスクワ近郊のプロタソボ村で、ETと村人の交流があったとのこと。ロシアの情報はいつもベールに包まれています。どれだけ本当なのか !?

ソ連の宇宙探査機ゾンド3号が発見した月の遠方のミステリアスなタワー

ゾンド3号のタワーの写り込みもそうですが、人間が入っていない場所に、こうしたものがあるとしたなら、これはどういう事なのでしょうか。

「火星」のロシアのアバターの啓示は、専門家を悩ませる

「火星」のロシアのアバターの啓示は、専門家を悩ませる ( 図 火星 クレジットNASA ) (Fig.) イメージ図 ボリスカ・キプリヤノヴィッチ(Boriska Kipriyanovich)氏、20歳、ロシアの少年は火星生まれだと主張します。彼は、外宇宙の知識を持った子供で、専門家…

ロシアは発表をしました:UFOは現実です!

アポロ計画当時はアマチュア無線と同じ通信手段で、世界中で多くの方が傍受していたらしい。未確認飛行物体については、実際そうした会話まで聞き取れたのか、今となってははっきりしませんが、何かがあっても不思議では無さそうです。

ロシア人は主要なUFOの開示声明を作成、エイリアンはリアルです

ソビエト連邦時代から、超能力や超常現象に国家として取り組んでいました。ロシアとなって、そうした情報が少しづつ伝わってきており、パズルのピースのようではないでしょうか。