ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

巨人

アヌンナキの創造ストーリー:人類史上最大の秘密

アヌンナキのストーリーでは、ニビルからやって来て、惑星採掘をし、去ったとのこと。これが地球史のようです !

ブルガリアのハイカーが巨人の鮮明な写真を撮る、それはグレイ・ヒューマノイドのエイリアンのようだ

森林の中で撮った写真に、予想しないものか写り込んでいたとのこと。本当でしょうか ?

アラスカの塚の墓地での、巨大な人間の遺骨

巨人のストーリーは世界各地にあり、もちろん日本にもあります。日本から地理的なエリアとして近いアリューシャン列島で。本当でしょうか ?

アヌンナキの証拠 - PART TWO

ゼカリア・シッチンさんを支持する立ち位置のアーカイブ誌が、専門家にシッチン氏の正当性についてインビューします !

エノク書の完全版

バイブルに記載されているエノク書には、より古いエチオピア語版やスラブ語版、死海文書などがあるという。それらには何が記載されているのでしょうか !?

アヌンナキの帰還 – 落ちたシュメールの神々

ニビルと太陽系のかかわり、そして水についての古文書の記述。これらは、アヌンナキの可能性を説明するのでしょうか !?

ユグドラシル(世界樹)と古代北欧神話の9つの世界

北欧神話の世界観も、バイブルやヒンドゥとクロスオーバーすることもあり、興味深い一面があります。どこかの文明がお手本になったのでしょうか、それとも独立したものなのでしょうか !?

カオ・ハナプ・ナム洞窟で発見された巨大な人間の骨格

東南アジアのタイ王国(Thai)にある観光洞窟のカオ・ハナプ・ナム洞窟に、巨人の骨格があるとのこと。発掘されたものなのでしょうか !?

なぜ巨人のスケルトンの現実について話さないのでしょうか

北米大陸には巨人の遺骨がかなりあるとのこと。自分の目で見たいものです。しかし、それらは一部の勢力により隠蔽されてきたようです。誰かにとって不都合な真実だったのでしょうか。

そういう分けで、アヌンナキは地球に来ました

アヌンナキはシュメール文明のストーリーですが、地理的に隔絶した地球のいたるところで不可思議な共通のストーリーがあるのは何故でしょうか !?

歴史の基盤を粉砕する可能性がある5つの「論争の的になる」古代の書

考古学を始めとしたさまざまな学術で見解が割れたり、教科書には取り上げられていない史実がたくさんあるのだろうと思います。こうした影になっているグレーゾーンの歴史は、ミステリアスで興味深いです。

あなたがハイパーボレア- 神の故郷、巨人の国について知っておくべき30の事柄

ハイパーボレアも巨人のストーリーで、巨人は、バイブルやアヌンナキに登場するだけでなく、世界各地にも神話などとして散在し残されています。何故でしょうか !?

新しく発見された沈んだ大陸は、レムリアの神話の大陸がかつて実在したことを示す

失われた大陸説、ムー大陸、アトランティス大陸、レムリア大陸と、各々の大洋にそれぞれ何かあったと言われています。プレートテクトニクスとは無関係なのでしょうか !?

堕天使とネフィリム - ノアの祖父が書いた本で説明されています

旧約聖書に登場するノアの祖先、エノクを記述したエノク書に堕天使とネフィリムが言及されています。バイブルは史実だとされており、エノク書に書かれたことは何を意味するのでしょうか !?

隠された歴史が明らかに:身長7mの巨大な骨格が展示されています

ネフィリムや、北欧神話などに登場する巨人のストーリー。それは伝説や神話なのでしょうか。散発的ですが、証拠となる遺物が出てきます。地球には、人類の他に、誰かが住んでいたのでしょうか !?

ネフィリムに会う:地球に生息するハイブリッド種

バイブルの記述されたことが史実なのかどうなのかは、多くの人々の関心事です。またバイブルには、奇妙な記述があることが知られています。それは史実なのでしょうか !?

アヌンナキの歴史:エンキの14タブレット

この14タブレットがアヌンナキのヒストリーの中核となるようです。バイブルにあるようなストーリーもあり、いろいろな要素の原典なのかもしれません。これが地球史なのでしょうか !?

謎のアヌンナキ - ラーの門

ゼカリヤ・シッチンさんが、シュメールのタブレットを全編に渡り訳されました。ここに登場するアヌンナキとは、神話なのか、伝説なのか、史実なのか、世界的な関心事です。

地球初の文明 = エリジウム(ELYSIUM)

かつて巨人のようなものが住んでいましたが、人間がアクセスできない他の次元に移動して、その種族は姿を消しています。と始まるSF、地球史を連想するところが多いのではないでしょうか。