ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

火星

火星には想像以上の驚く秘密があります

火星から送られてきた写真などには、とても驚かされるものがあります。多くの方が考えているように、火星にはかつて文明があったのかもしれません。その痕跡とは。

火星のロッククライミング:シミュレーション

宇宙服、地球とは違った環境から人間を守るのが宇宙服です。新素材などは登場するものの、生命維持装置のコンパクト化など課題は山積です。ブレークスルーはあるのでしょうか !?

彼らがフォボスで発見したものは、存在してはいけません

火星の衛星フォボスに、モノリスのように思えるものがあることが報告されています。NASAは岩だと説明しているようですが、実際、どのようなものなのてしょうか !?

NASAのローバー近くの3枚の写真で、火星の天使的な存在が見られます

火星探査車、ローバー・オポチュニティが不可思議なものを捉えています。火星で撮影されたものはいったい何なのでしょうか。写真はNASAのURLでご確認ください。

オポチュニティ・ローバーはまだ火星で沈黙しています、叙事詩の塵の嵐が始まって4ヶ月後

ローバー・オポチュニティの続報です。担当チームの最後になるかもしれない努力について紹介されています。探索をしていたエンデバー・クレータ付近で...

イーロン・マスクは、月と火星に飛ぶロケットで最も明からな外観を与えたばかりです

スペース・エックスの公開したテクノロジーです。軽くて丈夫、熱や宇宙線に強く、劣化がなく耐久性のある素材を取り入れてゆくと、将来は何で宇宙船が造られるのでしょうか !?

私達のお気に入りの火星探査機の1台は、本当に死んでいるように見え始めています

地球からは遥かな地となる火星で探索にあたっていたローバー・スピリットに続き、ローバー・オポチュニティが、再起動できずに停止してしまいました。火星の環境や、どんな障害があるのかが分かります。

NASAは、火星での最初の人類となるための17歳の女の子を準備しています

2033年がミッションの目標とのことで、33才頃のカールソンさんの火星実況を聞くことになるかもしれません。初期の有人火星探検は、おそらく片道切符になるのかもしれません。

インターネットで、トップ5の宇宙Webサイト

物事を判断してゆく上で、ある事柄を事実として把握できれば、それが基準となり、分かっている事と分かっていない事の分別が付くようになります。分からないことが、何でもかんでもミステリーではありませんので。そうした楽しい資料が紹介されています。

オポチュニティは、火星での14年目を祝います

地球外で、ある意味ノーメンテで14年の運用はすごいことです。しかも粉塵の多い、どちらかと言えば機械にとって劣悪な環境です。今後も、稼働しているローバーから送られてくる情報に期待です。

火星の人工構造物 - 三角ピラミッド - 科学誌で検証される

NASAのMROが撮影した、三角形のピラミッドではないかとされるものです。HiRISEのサイトでご確認ください。火星に超古代文明はあったのでしょうか !?

速報:火星で見つかった大量の水、そこに到達したことの魅力

火星は、乾燥したパウダー状の粉塵に覆われた、ほぼ真空の惑星と理解されていました。中緯度でも地下に氷として水が蓄えられていることが判明し、いろいろな可能性が高まったニュースです。

米軍の6000億ドルの予算があれば、NASAはこれを達成できるだろう

米軍の予算が、NASAの宇宙開発を始めとして私達の未来に使われたとしたのなら、地球も大きく変われるでしょう。他の惑星(例えば火星)での資源開発のためには、スペース・コロニーは欠かせないプランです。実現はいつでしょうか ?

キュリオシティが火星の神秘的な 「生物」の画像を撮ったのでしょうか

この画像はキュリオシティから送られてきた Sol 710 の Mast Camera (Mastcam)の映像です。記事で紹介されてるリンクがNASAの元画像になります。カニとも呼ばれているこの物体は、はたして生き物なのでしょうか。

ソ連の宇宙探査機ゾンド3号が発見した月の遠方のミステリアスなタワー

ゾンド3号のタワーの写り込みもそうですが、人間が入っていない場所に、こうしたものがあるとしたなら、これはどういう事なのでしょうか。

「火星」のロシアのアバターの啓示は、専門家を悩ませる

ボリスさんは、元火星で暮らしていた生まれ変わりで、地球の古代にあったことまでも記憶されているとのこと。地球史は明らかになるのでしょうか !?

火星に実在する痕跡はなんだ

画像でクラッシュ(墜落)しているように見えるものは、隕石なのでしょうか。いったい、いつ頃クラッシュしたものでしょうか。最終的な確認ができないので、まさに未確認飛行物体なのでしょうか !?

NASAの新しいイオン・スラスタは記録を破る

イオン・スラスタ、言い換えればイオン・ビーム、プラズマ・ビームを噴射するエンジンのことになるのでしょうか。燃費がとても良さそうなので、連続動作させるプランができそうです。

ノークルフト高原から見たゲイル・クレータの北部外縁

ローバー・キュリオシティが撮影した、冒頭のゲイル・クレーターの画像を取り上げたNASAの記事です。実はとんでもない天体らしきものが紛れ込んでいることが分かっています。

私達を火星に連れて行く、ロケット燃料のための月の採掘

月の水資源を電気分解して水素、酸素の燃料として使おうとする現実的なプラン。次世代はこうなるだろうと想像した、手の届く未来を描いています。

スペース・エックス社は、若い技術を準備します

スペース・エックス社、ブルー・オリジン社、ヴァージン・ギャラクティク社が足場を固めています。2020年代には大きく花開くことを期待したいです。

火星ミッションの続編

イーロン・マスク氏率いるスペース・エックス社が、火星にターゲットを絞って進めています。国家プロジェクトだった宇宙開発が民間主導になり、より柔軟にかつスピーディに動いていることが分かります。火星が近くなりました。