ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

生命

科学者らは、48時間で癌細胞の98%を殺す根を見つけました

臨床に当たられた医師の話が本当だとするのならば、タンポポの効能は、複合的な効果としてあったのかもしれません。医師は、患者を助けようと、なんとかして薬を効かせようと努力されるものだと思います。

第3の目が誤って開かれたときに、何が起こるか

心眼というエスパー能力、そんな能力を持ってみたいものですが、あったらあったで、いろいろな面倒も起こるようです。これに限らず、眠っている能力が私達にあるとしたら ? 興味深いトピックです。

科学者達は魂が死なないことを発見した - それは宇宙に戻る

脳が生物学的コンピュータと仮定すると、意識=プログラムとデータ(+ メモリ)が宿る... とてもシステマチックな組み立ての話です。意識と呼ぶものは、宇宙ができる前から存在していたのでしょうか !?

ギルガメシュについて20の事実 - 古代シュメリアの半神半人

神が人の世にまぎれ込み、半神半人の存在として統治したというストーリーです。こうして人の世の中に神の力を持つ子孫が存在するとしたストーリーを伝えるの原典的な存在になるのでしょうか !?

5つのエイリアン種はすでに米国内を歩いています

地球を訪問している具体的な地球外生命の種族名が挙げられ、地球とのかかわり方の概略が紹介されています。ここでは友好的な種族について紹介されています。どれだけ来ているのでしょうか !?

新しい研究の主張は、タコは宇宙から来ました

小惑星に乗ったDNAが、地球に隕石として落ち、何かとマージしなから今日の生物形態になったのかもしれません。タコは地球外由来の生き物なのでしょうか !? そして、地球外知的生命とはどのようなものなのでしょうか !?

ミステリアスな出生は、この女性がハイブリッドかもしれないと疑います

ハイブリッドかもしれないとされる女性が登場します。この中でアブダクションについて触れられています。多くの失踪事件が社会問題化している背景もあります。

血液型Rh陰性とエイリアンDNA:記憶喪失の種の他の世界的な系譜か

現代のDNA配列決定によれば、私達が知っている人類は、アフリカの同じ祖先から生まれた単一の「人種」だけではないことが実証されている。人類が同じアフリカの祖先から進化した場合、彼らの血は互換性があるはずだ。どうなっているのでしょうか !?

Rh- の血液型の人は、100%この世界からのものではありません

Rh-の血液型を持っている人工分布にはとても偏りがあり、ヨーロッパの一部に集中しています。なおかつ人類の中ではたいへんなマイノリティーであり、特殊だと言っても差し支えないでしょう。起源はどこなのでしょうか !?

エイリアン・ショック:生命は「宇宙共通」でなければならないと、天体物理学者は述べます

生命起源、生物起源の科学的な洞察で、自然発生と進化をモデル化しています。生命の発生と進化はセットなのでしょうか !?

もし私達がエイリアンで地球が刑務所だったら

地球が流刑星ではないかという考えの、エリス・シルバーさんを取上げた記事です。私達は光速に近づくテクノロジーも持ち合わせず、数光年離れた近隣の銀河に行く事もできません。地球で自由に暮らしていい !?

種の起源:グレイ・エイリアン

広大な宇宙で、人類の他に知的生命がいるだろうと誰もが考えます。そして、そんな知的生命の姿形を思い浮かべ、グレイ・エイリアンが人間の都合による姿形になっていったのでしょうか。

ケンブリッジシャーでUFOが発見されました

未確認飛行物体がメタル製の乗り物だけだと思い込んでいる既成概念を変える必要があります。このタイプは宇宙船なのでしょうか? これそのものが、まるで生き物のようです。

ロシアは、南極大陸が私達に言われているようではないことを明らかにしています

未だに調査の手が行き届かず、ミステリアスな事が多くさまざまな話題を提供する南極。そんな南極に新たなUMAが暮らして居るようです。

アフリカで発見された20万年以上前の「アヌンナキ」メトロポリス

ナスカの地上絵(南米ペルー)ほど大きくはないけれど、空中から見て「これは!」となる構造物が発見されます。考古学が見過ごしてきたものを、航空機や衛星からの観察が明らかにしてくれます。20万年以前 !

カルダシェフ・スケール - タイプ I、II、III、IV&Vの文明

宇宙の推定年齢が138億年、地球の推定年齢が45億年とされ、宇宙にはカルダシェフ・スケールの上位の文明が発展しているのかもしれません。会ってみたいものです。

プレイアディアンとアヌンナキ戦争の歴史 - 2000BC

おおよそご存知かと思われるシュメール文明からの地球史をまとめたところから始まり、現代に至ります。考古学で不明瞭になっている部分を補間するこうした考え方も面白いものです。これほど保留にしていることが沢山あるか !?

エイリアンの星は、私達の太陽系を70,000年前に小突き、私達はいまだその効果を見ています

アフリカ単一紀元説の頃に、太陽系とバイナリ星系のニアミスがあったようです。バイナリ星系、つまり連星系などと呼ばれているもので、目の当たりにしたらどれほど凄い光景だったのでしょう。人類の進歩に何か影響があったのでしょうか。

5,000歳でまだ生きている、インドのウッタル・プラデーシュの男

5,000年生きてるという噂があります。逆算すると、おおよそ紀元前3,000年から生き続けられていることになります。そうだとすれば、ジーザス・クライストの誕生からの生涯についてもご存じなのかもしれません。

ごめんよ陰謀論者達。 研究は、COVID-19を「実験室の構築でない」と結論付けています

依然として、新型コロナウイルスが生物兵器だと主張する輩が絶えないようです。陰謀論としてのストーリーに仕上げられ、多くの誤情報が混ぜ込まれた悪質な隠蔽説となっています。残念ながら、陰謀論を信じ込んでしまう方も多いようです。

科学が説明できない5つの「エイリアン」の頭蓋骨

世界の各地で、説明のつかないいろいろなタイプの頭蓋骨(スカル)が発見されているようです。こうした頭蓋骨が発見されることは、不都合な真実なのかもしれません。

科学者は主張します:エイリアンは「不滅のロボット」で、数十億歳です

エイリアンは高度なテクノロジーにより、サイボーグ化、もしくは記憶データを移植したアンドロイド化したとする発想は、十分予想できることですが、ある意味新鮮です。カルダシェフ・スケールで高位になれば、既にそうした存在なのかもしれません。

私達は宇宙の旅をするのでしょうか。ミチオ・カク氏には答えがあります

ミチオ・カク博士のトーク番組で、彼がいろいろ気になる話題を取り上げています。私達は、この宇宙でどのような位置づけなのか考えれば考えるほど興味深いことです。

地球に生命をもたらす6つのこと

太陽系は天の川銀河のオリオン腕と呼ばれる場所にあります。銀河の中心地からしてみれば、辺境になるのでしょうか。賑やかな中心に居ないことが幸いしているようです。私達の地球のような惑星が、この宇宙にきっとあるのだと思います。行ってみたいものです。

ビデオで記録されたトップ5の狼男目撃

オオカミ男の伝説はご存知かと思います。本当にいるなら見てみたいものです。バイブルにも摩訶不思議な生き物が登場することもあり、何かが居ると考えても誤りではないのかもしれません。

ハーバード大学の科学者達はヒマラヤへ行き、「超人能力」を持つ僧侶を探す

僧侶が、修行により研ぎ澄まされる感覚は、超能力なのか、神通力や霊能力なのか、各々は区別される能力なのかまたは同じ類の能力なのか

メキシコでエイリアン・スカルを発見

メキシコのオナヴァス近くで、奇妙な骨格の遺体が発見されたたとのこと。ペルーのパラカスで発見されているものとの類似性が多いようです。こうした証拠は何を意味するのでしょうか。

マジャイ(Magi)の神聖な木

世界中のほぼ総ての古代の伝説で、神聖な木の改作が見られます。これらの共通点、そしてオリジンはどこにあるのでしょうか。現代で忘れ去られた地球史の1つなのかもしれません。

科学者が説明できない7つの宇宙の謎

7つほどミステリーとして挙げられていますが、何が分かっていないのかを知ることができます。どれもこれも、よく分かっていないことで面白いです。

彼女は死んで、この重要なメッセージと共に「別の次元」から戻った

亡くなられ、意識が動き回り、遠隔地や過去を見てきた、そして蘇生したというストーリーです。ここで意味している別の次元とは何でしょうか !? それはどんな世界なのでしょうか !?