ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

アヌンナキ

ギルガメシュについて20の事実 - 古代シュメリアの半神半人

神が人の世にまぎれ込み、半神半人の存在として統治したというストーリーです。こうして人の世の中に神の力を持つ子孫が存在するとしたストーリーを伝えるの原典的な存在になるのでしょうか !?

アフリカで発見された20万年以上前の「アヌンナキ」メトロポリス

ナスカの地上絵(南米ペルー)ほど大きくはないけれど、空中から見て「これは!」となる構造物が発見されます。考古学が見過ごしてきたものを、航空機や衛星からの観察が明らかにしてくれます。20万年以前 !

ロシア人は南極のアヌンナキに会った - ビデオがあります

天文学的に全く証拠がない太陽系の惑星ニビル。しかし科学的には、もう少し別のものとしての存在も予想可能です。宇宙のどこかにあるのかもしれません !?

プレイアディアンとアヌンナキ戦争の歴史 - 2000BC

おおよそご存知かと思われるシュメール文明からの地球史をまとめたところから始まり、現代に至ります。考古学で不明瞭になっている部分を補間するこうした考え方も面白いものです。これほど保留にしていることが沢山あるか !?

古代のテキストは明らかにします:地球は、天国から来た8人の王に241.000年間支配されました

シュメールの王達の史料について、基本的な紹介と疑問点について書かれた、ニュートラルな内容です。このストーリーが史実なのか神話なのか、想像力のスイッチをOn/Offしながら考察すると楽しいと思います。

イギギに会う - アヌンナキに反抗した古代宇宙飛行士

アヌンナキとは別の惑星からのエイリアンとしてイギギが登場します。アヌンナキの歴史の一角を構成する存在がイギギのようで、労働を荷っていたイギギの反乱があったとれています。

マジャイ(Magi)の神聖な木

世界中のほぼ総ての古代の伝説で、神聖な木の改作が見られます。これらの共通点、そしてオリジンはどこにあるのでしょうか。現代で忘れ去られた地球史の1つなのかもしれません。

アヌンナキの歴史:エンキの14タブレット

この14タブレットがアヌンナキのヒストリーの中核となるようです。バイブルにあるようなストーリーもあり、いろいろな要素の原典なのかもしれません。これが地球史なのでしょうか !?

2000歳のシュメリアン・タブレットの最終翻訳

アヌンナキのストーリーについて、ダイジェストに要旨が書かれています。太陽系を構成する第10惑星とは、それがニビルなのでしょうか !?

アヌンナキ - 決して映画化されたことのない映画、なぜだろうか

アヌンナキ)は3部作の映画で、2006年にリリースされる予定でした。しかし、残念なことに、このプロジェクトは突然にシャットダウンされてしまいました。なぜでしょうか

未知の生命種のメラネシア部族の遺伝子DNA

現代の医学的、科学的な研究調査の精度の向上により、標準ではないDNAが見つけられることはあるのでしょう。ダーウィンの進化論の自然淘汰的な変異で、説明のできない遺伝子のミッシングリンクもあげられています。これは、どういうことなのでしょうか。

人間文明の創造者である「エンキ」の秘密

地球と火星を舞台にした採掘のストーリーです。人間が生まれた経緯や、大洪水に至る経緯が記されています。バイブルと比較しながら考察すると、とても興味深い内容です。

アヌンナキは40万年以上前に人類を創造したのでしょうか

私達人類が、ダーウィンの進化仮説をはじめとした進化論の一環としての今日の存在だとすると、ミッシングリンクのミステリーが解決されないままです。果たしてエンジニアの関与があったのでしょうか !?

アヌンナキ - これらの神は本当に地球に戻ってきますか

定説では、アヌンナキは戻ってくると言われています。そして海外では、もしかしたらと、信じている方もかなり多いようです。アヌンナキはかなり一般的なのかもしれません。

謎のアヌンナキ - ラーの門

ゼカリヤ・シッチンさんが、シュメールのタブレットを全編に渡り訳されました。ここに登場するアヌンナキとは、神話なのか、伝説なのか、史実なのか、世界的な関心事です。

地球は、天から来た8人の王達によって24万1千年間支配された

シュメールの王名表に名を連ねる8人の王たち。大洪水の前は、何故これほど在位期間 / 存命期間がとても長いのでしょうか。これは神話なのか!? 史実なのか!?