ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

地球史

CIAのメモ1967年:CIAの創設と武器化されたラベル「陰謀論」

CIAの攻撃手段が公開されています。不利益となる陰謀論を唱える陰謀論者を、嘲笑の対象として陥れたり、脅しをかけたりして攻撃し、真実が暴かれることを防いだ。落とし込まれた人は多いのでしょう。

おそらくこれは、最も危険な米国の火山です

米国の西海岸は、日本と同じく環太平洋という区分になります。そのエリアには火山があり、日本ではあまり知られていないかもしれませんが、レーニア山の噴火は超弩級の激しい災害を引き起こすようです。

エノクは何者でしょうか。 バイブルによれば、365年間生きていた男です

バイブルの中で、ひときわミステリアスなエノク。バイブルとコーランとの比較解釈も興味をそそがれます。シュメリアン・キング・リストとの関係も気になるところです。そして、アセンションとは何か !?

新しい禁断の発見ドキュメンタリー2018 あり得ない遺跡、場違いの人工物と古代の技術

太古より地球上に存在する、学術的に説明ができない人工的な遺物、アーティファクトをいくつか紹介しています。古代の建築物には、現代の建築技術ではどうやっても建設が出来ないものがあります。誰が作ったのでしょうか !?

みなさん、私達の惑星は火の中にいます。世界各地で空前の猛暑 - 2018

2018年の熱波ですが、おおよそ一年置きとも言われており、猛暑/酷暑と闘わねばならなくなるかもしれません。2020年はと言えば、SARS-CoV-2 対策としてマスクが手放せない夏となり、熱中症/熱疲労/熱射病の対策も心掛けなくてはならなくなりました。

アフリカには2億年前の天然原子炉があります

アフリカに天然の核分裂炉があります。特定の条件下で偶然に、自然にそうなった極めて稀なものなのようです。自然なものだとすると、他の惑星(天体)にも天然の原子炉があるのかも知れません。

「小氷河期」が2030年までに地球を襲う可能性があると、科学者達は警告

ロンドンのテムズ川が凍結したことは、なんとなく記憶にある近代史です。ここ100年くらい安定していた気候から外れる気候変動があるとのこと。地球の長い歴史からすれば、こうした気候変動はさまざまな理由で起きていたようです。どうなるのでしょうか !?

バイブルの古代の原稿の草稿が発見され、衝撃的な詳細を明らかにします

現在のバイブルがいつ誰によって作られたのか、編集により、どんな内容が採用され不採用になった内容はどんなものかなど、いろいろ考えさせられます。人類の歴史の資料として見ることができるのだろうか !?

ウィキリークスがハイライト、「大手製薬会社」が世界保健機関に与える影響

存在する安価な既存薬を使う成功事例の多い治療方法が無視され、新型コロナウイルス治療に転用可能な高額な薬物や、恒久的に近い利益を約束するワクチンがWHOのお墨付きとなるかも知れません。

ヨーロッパの最高熱波の温度(地図)- 2018

2018年の夏、日本もヨーロッパも猛暑でした。こうなると地球の大気攪拌システムとも呼ぶべき台風の存在に頼るしかなさそうです。

40℃以上の熱波がギリシャを襲う

2018年、ギリシャはかなりな熱波に見舞われたました。平素は、日差しが強くて暑くなりますが、日が陰れば涼しくもなる気候です。2020年も早くも40℃の熱波の警告が出されています。

古代の原稿は、ジーザスは結婚し子供がいたと主張します

ジーザスがメアリー・マグダレンと結婚し、子供がいたことを提示する証拠があります。その上、古代の原稿ではヨセフと呼ばれています、とのことで海外だと様々な情報があるようです。真偽はどうでしょうか !?

なぜバチカンは1684年にバイブルから14の書を削除したのでしょうか

バチカンは1684年にバイブルから14の書を削除したとのこと。バイブルは最古の書物の1つで、記載されたことに関心が高まります。しかし、実は、何かの事情で都合よく編集されたものなのとのことです。なぜでしょう !?

新しく発見された沈んだ大陸は、レムリアの神話の大陸がかつて実在したことを示す

失われた大陸説、ムー大陸、アトランティス大陸、レムリア大陸と、各々の大洋にそれぞれ何かあったと言われています。プレートテクトニクスとは無関係なのでしょうか !?

月には250万人以上の市民がいます、元CIAパイロットの主張

月は怪しげな天体です。月が木星で作られた、どうなのでしょう。そして250万人以上の市民が暮らしている。果たしてその住民は人類なのでしょうか !?

もし私達がエイリアンで地球が刑務所だったら

地球が流刑星ではないかという考えの、エリス・シルバーさんを取上げた記事です。私達は光速に近づくテクノロジーも持ち合わせず、数光年離れた近隣の銀河に行く事もできません。地球で自由に暮らしていい !?

アフガニスタンの洞窟から5000年前の空飛ぶ機械を取り除く8人の米兵が消えた

マハーバーラタに登場するヴィマナが発見されれば、それは大発見です。アフガニスタンのバーミヤーンの仏像が、タリバンにより破壊されてしまったこともあり、こうした仏教的な背景もある土地柄にヴィマナの可能性を思い浮かべます。

ビル・ゲイツ:ワクチンが「全世界に届く」まで「元通り」に戻ることはありません

パンデミックの中で製薬を舞台とした隠れた動きがチラリと見えてきます。勘所の鋭い方は既に気付いているとは思います。ウイルスによる疾患から、人々を救うための行動には違いないのですが、新たな世界秩序への一歩でしょうか。

ミステリアス:彼らは、南極について私達に何を教えていないのですか

第二次世界大戦後期からと南極を舞台にしたストーリーは、ナチス/ヒトラーの逃亡と南極の関係、およびナチスが製造したのではないかとされる円盤型航空機(UFO?、フー・ファイター)と呼ばれるものの一部です。

ロシアは、南極大陸が私達に言われているようではないことを明らかにしています

未だに調査の手が行き届かず、ミステリアスな事が多くさまざまな話題を提供する南極。そんな南極に新たなUMAが暮らして居るようです。

アフリカで発見された20万年以上前の「アヌンナキ」メトロポリス

ナスカの地上絵(南米ペルー)ほど大きくはないけれど、空中から見て「これは!」となる構造物が発見されます。考古学が見過ごしてきたものを、航空機や衛星からの観察が明らかにしてくれます。20万年以前 !

南極の氷床の下に隠された巨大な構造物が目に見えるようになりました

GoogleEarthPro で、なにやら怪しげなものを発見されたようです。衛生画像から、南極で不可思議なものが幾つも発見されている1つになります。太古の人工物、それとも自然な地形でしょうか? この解釈はいかに.....

古代のヒンズー教の写本は惑星間旅行と航行が7,000年前に存在したことを表します

古代のヒンズー教の写本は惑星間旅行と航行が7,000年前に存在したことを表します ( 図 チャンディ プランバナン Pixabay) (Fig.) アーティクル・イメージ バラッドワジャ(Bharadwaja)は、何千年も前に地球上に存在する詳細な航空機やその他の技術について記…

1,200万のアメリカ人が、レプタリアンが世界を支配していると信じています

米国の方がレプタリアンを信じている、何故なのでしょうか。爬虫類にはトカゲ、ワニ、ヘビ、カメなどがあり、どれに近いのでしょうね。そして卵からかえる生き物なのでしょうか。ミステリアスです。

古代インドの6,000年前のフライングマシンであるヴィマナの動力は何でしょうか

6000年前のインドにも、伝説なのか史実なのかを考えさせられることがあるようです。なんとも、いかつい、仏塔のよう外観イメージから都市のようなサイズの飛行するものでもあったのでしょうか !?

プレイアディアンとアヌンナキ戦争の歴史 - 2000BC

おおよそご存知かと思われるシュメール文明からの地球史をまとめたところから始まり、現代に至ります。考古学で不明瞭になっている部分を補間するこうした考え方も面白いものです。これほど保留にしていることが沢山あるか !?

エイリアンの星は、私達の太陽系を70,000年前に小突き、私達はいまだその効果を見ています

アフリカ単一紀元説の頃に、太陽系とバイナリ星系のニアミスがあったようです。バイナリ星系、つまり連星系などと呼ばれているもので、目の当たりにしたらどれほど凄い光景だったのでしょう。人類の進歩に何か影響があったのでしょうか。

ごめんよ陰謀論者達。 研究は、COVID-19を「実験室の構築でない」と結論付けています

依然として、新型コロナウイルスが生物兵器だと主張する輩が絶えないようです。陰謀論としてのストーリーに仕上げられ、多くの誤情報が混ぜ込まれた悪質な隠蔽説となっています。残念ながら、陰謀論を信じ込んでしまう方も多いようです。

科学が説明できない5つの「エイリアン」の頭蓋骨

世界の各地で、説明のつかないいろいろなタイプの頭蓋骨(スカル)が発見されているようです。こうした頭蓋骨が発見されることは、不都合な真実なのかもしれません。

歴史が間違っていることを証明する3つの思いがけない発見

考古学的に作られた歴史ストーリーは、どこかにほころびがあるのかもしれません。それを未だに学校で教えていたり、社会の通年として定着していることがミステリーです。