ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

超能力

元国防情報局の局長が「サイキック」ドリーミングについて学んだことを共有する

そもそも夢とは何なのでしょうか。脳神経的な記憶物質の振る舞いにすぎないのでしょうか... それとも

陸軍の遠隔透視者は人類の起源を調べ、人間が創られたかどうかを確認

遠隔透視は軍事/諜報利用されたためでしょうか、ほとんど機密化されました。どれだけ正確なのでしょう

2020年の背骨も凍るノストラダムスの予言 - 地球がエイリアンに侵略される

ノストラダムスには、どのような未来が見えたのでしょうか。知らない世界を言葉で表すのは、とても難しかったでしょう

スタンフォードで最も成功した遠隔透視者の1人が、人類の起源について彼が「見た」ことを共有

遠隔透視、どのくらい遠くを見れるのでしょうか... どうやら、時間を超えても透視できるようです

政府が蓋をしていたフリーエネルギーのテクノロジー

うまく知覚できず検出もできない、宇宙的な生命エネルギーはあるのでしょうか ?

人類へのメッセージ - ジャン・エダーマンについて

それが何かははっきりわからないが、その存在と交信している。どうなっているのでしょうか...

地球外からのメッセージ - 映画 (2014)、ジャン・エダーマン

ETコンタクティーが受け取ったメッセージ、その取扱いは...

エイリアンの人類へのメッセージ:「私達が現れることを望みますか」

チャネリングでエイリアンと交信し、さまざまなメッセージをもらっているとのこと。 さて、その内容とは ?

宇宙飛行士が、宇宙で「電子機器をバックアップするために」テレパシーを使用したとCIA文書が主張

テレパシーについては、米国やソ連(ロシア)の当局により研究され、応用までされていたとのことです。どれだけのものになったのでしょうか

フォボス2はどうなったのでしょうか。ロシアの宇宙飛行士と米国陸軍の遠隔透視者は「エイリアン」がしたことを言う

ソビエトの火星探査機フォボスⅡの不可解な最後。そして、最後に送信してきた写真には謎を呼ぶものが写り込んでいました

神経科学者達は、死後の人生の証拠を発見したと信じ、国連に提示します

脳は意識の受信器なのか、それとも意識は脳の産物なのでしょうか。この問いかけに科学者が挑戦しています

画期的な研究で、瞑想者は量子システムを崩壊させます

思考が現実に作用する、そうした結果思考が現実をつくる。今後、統計的な解析が進んでゆけば、受け入れられるときが来るのでしょう

新しい研究は、「エネルギー・ヒーリング」にさらされたとき癌細胞の変化を見つけます

エネルギー・ヒーリングのことがよく分かると、医療が大きく変わるかもしれません。統計的データを積み上げ、そんな日がいつかは来るのかもしれません !

科学者達は、ある場所から他の場所への物理的な物体のテレポーテーションを報告します

テレポーテーションには、科学技術的なものと、超能力分野のものが考えられています。どちらでも自由に行うことができたら、世界に大革命をもたらすことでしょう。それはいつの日にか...

国防情報局は「アストラル・プロジェクション」の現実についてコメントします

アストラル・プロジェクション、おそらく幽体離脱を自由に操れる特殊能力です。これを諜報活動に役立てようと、かなりな予算で動いているよです。

こちらは2019年のババ・ヴァンガの「予言」です

ババ・ヴァンガさんは、現代で最も注目された予言者のようです。未来の情報を得られるのならば、それはどのような仕組みになっているのでしょうか !?

これが、ノストラダムスの2019年の予測です

2019年の第三次世界大戦が起こるとされた予想ですが、ハズレました。予言者とは、どのような特殊能力を持った人物なのでしょうか。

この絵はジーザスが時を経てきて衛星を持ち帰った証拠だとするクレイジーな主張

ジーザスはタイムトラベラーだとする疑惑なのでしょうか。1600年代に描かれた絵画にミステリアスなものが描かれている理由は何でしょうか !?

ナチスは古代のエイリアン文明を見つけたのでしょうか

第二次大戦の終わり頃からのナチスと南極を舞台にしたハイテク・ウェポンのストーリーについて、さまざまなことが盛り込まれたダイジェスト版です。ある筋によればこうしたストーリーは現実とのことですが... !?

7つの兆候、あなたの第3の目が開眼 No.4 人々を怖がらせる

第三の目が開眼している兆候が挙げられています。開眼したらしたで 大変な苦労があるようですが、当てはまるものはいくつあったでしょうか。

第3の目が誤って開かれたときに、何が起こるか

心眼というエスパー能力、そんな能力を持ってみたいものですが、あったらあったで、いろいろな面倒も起こるようです。これに限らず、眠っている能力が私達にあるとしたら ? 興味深いトピックです。

ノストラダムスは2017/18年にエイリアン侵略を予測した

ノストラダムスの2017/18の予言として、2017年12月17日に出された記事になります。2020年となった今、この記事について、ハズレだと言えます。これからもさまざまな予言が現れるとおもいます。

ハーバード大学の科学者達はヒマラヤへ行き、「超人能力」を持つ僧侶を探す

僧侶が、修行により研ぎ澄まされる感覚は、超能力なのか、神通力や霊能力なのか、各々は区別される能力なのかまたは同じ類の能力なのか

瞑想が脳の灰白質を再構築することを確認

ハーバード大学をはじめとした研究により、瞑想による脳への影響が明らかなりつつあります。こうした科学研究を取り扱った論説がいくつもあります。ステップ バイ ステップで因果関係が調べられています。

2018年のノストラダムスの背筋も冷たくなる予言

専門家でも解釈をするのが、なかなか難しいノストラダムスの予言です。さて、預言とはいったい何なのでしょうか。それは可能でしょうか ?

新しい研究は科学者にショックです:人間の感情は物理的な現実を形作る

意思(意識)が時空間を支配する意味になるのでしょうか。意思がある種の未定義のエネルギーとなり、宇宙空間をジャンプできることにつながるのかもしれません。

「特殊能力」を持ち「不可能なこと」を行える人間の実在を確認するCIA文書

日本では気功として馴染みがあると思います。遠隔透視、念動力、、、このようなものに米軍や諜報機関が注目するのは普通の事なのかもしれません。意識と物質の関係をまじめに考えないといけないのかもしれません。

ロシア人は主要なUFOの開示声明を作成、エイリアンはリアルです

ソビエト連邦時代から、超能力や超常現象に国家として取り組んでいました。ロシアとなって、そうした情報が少しづつ伝わってきており、パズルのピースのようではないでしょうか。