ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

超能力

7つの兆候、あなたの第3の目が開眼 No.4 人々を怖がらせる

第三の目が開眼している兆候が挙げられています。開眼したらしたで 大変な苦労があるようですが、当てはまるものはいくつあったでしょうか。

第3の目が誤って開かれたときに、何が起こるか

心眼というエスパー能力、そんな能力を持ってみたいものですが、あったらあったで、いろいろな面倒も起こるようです。これに限らず、眠っている能力が私達にあるとしたら ? 興味深いトピックです。

ノストラダムスは2017/18年にエイリアン侵略を予測した

ノストラダムスの2017/18の予言として、2017年12月17日に出された記事になります。2020年となった今、この記事について、ハズレだと言えます。これからもさまざまな予言が現れるとおもいます。

ハーバード大学の科学者達はヒマラヤへ行き、「超人能力」を持つ僧侶を探す

僧侶が、修行により研ぎ澄まされる感覚は、超能力なのか、神通力や霊能力なのか、各々は区別される能力なのかまたは同じ類の能力なのか

瞑想が脳の灰白質を再構築することを確認

ハーバード大学をはじめとした研究により、瞑想による脳への影響が明らかなりつつあります。こうした科学研究を取り扱った論説がいくつもあります。ステップ バイ ステップで因果関係が調べられています。

2018年のノストラダムスの背筋も冷たくなる予言

専門家でも解釈をするのが、なかなか難しいノストラダムスの予言です。さて、預言とはいったい何なのでしょうか。それは可能でしょうか ?

新しい研究は科学者にショックです:人間の感情は物理的な現実を形作る

意思(意識)が時空間を支配する意味になるのでしょうか。意思がある種の未定義のエネルギーとなり、宇宙空間をジャンプできることにつながるのかもしれません。

「特殊能力」を持ち「不可能なこと」を行える人間の実在を確認するCIA文書

日本では気功として馴染みがあると思います。遠隔透視、念動力、、、このようなものに米軍や諜報機関が注目するのは普通の事なのかもしれません。意識と物質の関係をまじめに考えないといけないのかもしれません。

ロシア人は主要なUFOの開示声明を作成、エイリアンはリアルです

ソビエト連邦時代から、超能力や超常現象に国家として取り組んでいました。ロシアとなって、そうした情報が少しづつ伝わってきており、パズルのピースのようではないでしょうか。