ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

UFO

エイリアンハンターは、バミューダ・トライアングルでET宇宙船を発見したと主張

ミステリアスな噂の絶えないバミューダ海域で不可思議なものを発見した。それは、宇宙飛行士ゴードン・クーパー氏の作成した地図をベースにした海域だった。果たして事の顛末は !?

ロッキード・マーティン社SR-72、マッハ6の極超音速攻撃機

SR-72 は、ロッキード・マーティン社の SR-71 ブラックバードの後継とされる攻撃機として開発されるようです。これからどのようなテクノロジーが使われるのか、それは人類だけの知恵なのか、そして SR-91 オーロラとは何なのか目が離せません。

このビデオが削除される前に、これらを見たいでしょう (2018-2019)

リンダ・モールトンハウさんは、米国政府がエイリアンと協力していると憶測しているジャーナリストで、この界隈では骨太の発表や発言をされている方です。市民公聴会で公表されたことと合わせると実態が見えてきます。

UFOを信じてはいけないですか。軍事機密から解除された3つのビデオは、あなたの気持ちを変えるでしょう

肉眼で見えず、レーダーで検知されにくく、赤外線帯域だけが捕捉できるようです。金属の塊の宇宙船というイメージからは程遠く、小さな光の玉のような印象です。地味な映像ですが、本物ほど地味です。

ナイト・ビジョンを使用して、カリフォルニア州フリーモントで撮られたステルス・トライアングルUFO

グーグルの暗視カメラに写り込んだ光の点列は、1つのクラフトに備わった光源なのか、編隊飛行をしているのでしょうか。いづれにせよ、何かが効していることに変わりは有りません。何でしょうか !?

オーストラリア最悪のエイリアン遭遇の歴史

オーストラリアでのUFO事件のダイジェストです。既にご存知のことや、ないものあるかと思います。オーストラリア大陸なだけあって、かなり広範囲でさまざまな事件が挙げられています。

ロズウェル保安官代理:死亡したエイリアン4人と100フィートのフライング・ソーサーをUFOの墜落現場で見ました

ロズウェル事件では、新聞発表をしたものを翌日にバルーンだったとする当局の苦しい言い訳に誰もが疑問を持ちました。そして人々が受けた抑圧に、世間の疑惑と批判の目が向けられています。

ケンブリッジシャーでUFOが発見されました

未確認飛行物体がメタル製の乗り物だけだと思い込んでいる既成概念を変える必要があります。このタイプは宇宙船なのでしょうか? これそのものが、まるで生き物のようです。

地球の、エイリアン侵略に対する緊急行動計画

UFOだ !? エイリアンだ !? もしも現実的に大衆の前に姿を現したら、どうなるのでしょうか。その時の選択肢は何でしょうか。国家や軍にどのような準備があるのでしょうか !?

古代のヒンズー教の写本は惑星間旅行と航行が7,000年前に存在したことを表します

古代のヒンズー教の写本は惑星間旅行と航行が7,000年前に存在したことを表します ( 図 チャンディ プランバナン Pixabay) (Fig.) アーティクル・イメージ バラッドワジャ(Bharadwaja)は、何千年も前に地球上に存在する詳細な航空機やその他の技術について記…

TR-3B機密航空機、最高機密米空軍ブラック・トライアングル

TR-3Bは、地球を訪問したエイリアンから与えられた、または墜落したUFOを解析して得られた、こうしたテクノロジーを再構築したリバース・エンジニアリングにより人類が作ったUFOがあるとされているストーリーの1つです。

水中のUFO基地の発見は、私達の海に何かが住んでいることを証明します

カリフォルニア州のサンタ・カタリナ島との海峡での目撃情報になります。この地球で、人類が思うように調査ができていないのが海洋や湖です。地球外からの訪問者が身をひそめるには都合の良い場所なのかもしれません。

エイリアンの攻撃後、「ロシアの兵士は石に変わった」というCIAの文書

冷戦時代を通してCIAは、国家の安全保障に関係するありとあらゆる資料を収集していました。機密解除され開示されたものだけでも、細かく見てゆけば驚くような情報が拾えるのでしょう。

ブラック・ナイトUFO衛星のクリア画像

ブラックナイト衛生は、NASAのスペースシャトル計画の中で撮影された物議を呼ぶ写真に撮られています。現在でもNASAのホームページに掲載され、どなたでも閲覧することができます。

1,200万のアメリカ人が、レプタリアンが世界を支配していると信じています

米国の方がレプタリアンを信じている、何故なのでしょうか。爬虫類にはトカゲ、ワニ、ヘビ、カメなどがあり、どれに近いのでしょうね。そして卵からかえる生き物なのでしょうか。ミステリアスです。

古代インドの6,000年前のフライングマシンであるヴィマナの動力は何でしょうか

6000年前のインドにも、伝説なのか史実なのかを考えさせられることがあるようです。なんとも、いかつい、仏塔のよう外観イメージから都市のようなサイズの飛行するものでもあったのでしょうか !?

警告:天文学者が、宇宙のエイリアンは私達の惑星をすぐにハックする可能性があると主張

地球の文明が発達して、私達の生活に電波は欠かせないものになっています。地球外の宇宙から地球を観測している者にとって、地球は電波的にとても明るく輝く惑星となっていることでしょう。私達が宇宙を探査するよりも、おそらく見つけられる方が早いのかも…

エイリアンはジーザスの磔刑に現れました。そして、ここに「証拠」があります

バイブルという経典のビジュアル化とも言えるのが、関連施設に残された絵画です。あまりにも神格化するために誇張を繰り返した結果、今となって読み違えるようなものなのか、はたまた写実されたものなか !?

元海軍士官が、エイリアンとの最高機密の政府協定を公開

米国の調査組織による、極秘の調査や交渉が行われたとする証拠や仮説がいくつもあります。MJ-12 (エムジェイ・トウェルブ)またはMAJIC 12(マジック・トウェルブ)とは、いかなる存在なのでしょうか !?

エリア51センセーション:「内部告発者」

ニューメキシコ州ロズウェルで起きたUFO墜落事件は、軍によって事実関係が隠蔽されたとされています。ここに登場するロバート・ミラーさんも、巻き込まれた1人のようです。さまざまな証言から見えて来るものとは何でしょうか !?

予期せぬ「到着」:人類はエイリアンへの準備ができていない

映画 Arrival (邦題 メッセージ)のようなことが、起こる想定がされているようです。お堅い Space.com 誌がこうした話題を取り上げる意味はなんでしょうか。友好的な訪問がされるのか、友好的でない訪問となるのか...

モスクワ近くの村は、地球外生命体により「恐怖」となりました

モスクワ近郊のプロタソボ村で、ETと村人の交流があったとのこと。ロシアの情報はいつもベールに包まれています。どれだけ本当なのか !?

U.S.の反重力宇宙船は、地球外の技術で作られています

地球外の存在から先進テクノロジーを受け取り、リバース・エンジニアリングした地球製のUFOがある、こうしたストーリーを支持する方も多いようです。どうなのでしょうか !?

国際宇宙ステーションのビデオ、軌道上のブラックナイト・サテライト

ブラックナイト・サテライトだとされるものは、追加掲載しましたNASAのサイトのリンクで、どなたでもご覧いただけます。是非どうぞ。実際何なのでしょうか。勘違いや見間違いであればいいのですが。

タイムトラベラー、セルゲイ・パラマレンコ氏の不思議な事件

過去から現代に現れたタイムトラベラーのストーリーです。2017年ノーベル物理学賞のキップ・ソーン博士が示されている通りのことが起きています。カウントされていない事例が、まだまだ隠れているのかもしれません。

「UFO 球体」がスウェーデンの海岸でボートを追いかけた

ビデオでは、バスケット・ボールよりも大きい白い球体がボートに近づいてきます。不自然な印象のものですが、こうしたものが海にいるのでしょうか !?

ロシアは発表をしました:UFOは現実です!

アポロ計画当時はアマチュア無線と同じ通信手段で、世界中で多くの方が傍受していたらしい。未確認飛行物体については、実際そうした会話まで聞き取れたのか、今となってははっきりしませんが、何かがあっても不思議では無さそうです。

火星に実在する痕跡はなんだ

画像でクラッシュ(墜落)しているように見えるものは、隕石なのでしょうか。いったい、いつ頃クラッシュしたものでしょうか。最終的な確認ができないので、まさに未確認飛行物体なのでしょうか !?

NASAの太陽周回衛星で見られる大規模なエイリアン艦隊

2019年に米国海軍が未確認飛行物体の存在を認めたこともあり、太陽画像についても、ノイズで片付けられない部分もあるのではないでしょうか。ノイズで片付けられればいいのですが。。。

NASAは、これらアポロ月探査の画像を投稿する前、2倍の大きさで見えたはずです

紹介された写真には、とても不可解な物体が、写り込んでいるのが分かります。メタル系等の素材で作られ何者かが乗り込み操っている、こうしたタイプの未確認飛行物体とは考えにくい印象です。何なのでしょうか !?