ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

宇宙

科学者達は、ちょうどパラレル宇宙を発見したと考えています

ユニバース(宇宙)が複数存在するマルチバース(多元宇宙)。私達はその1つのユニバースにいるようです。どうやって、実感していったらいいのでしょうか。

ビッグバンは、崩壊するより高次元の星からの奇跡でした

高次元の宇宙を想定すると、ビッグバンの辻褄があって来るようです。人間は、宇宙を理解することができるのでしょうか。

NASAは木星からこの画像をキャプチャしました。巨大なエイリアンの生命体でしょうか

NASAが公開している画像や映像には、NASAがノーコメントのままにしているものがあります。木星へ向かったジュノ探索機の画像に写り込んでいたものは.....

宇宙を生み出したブラックホール

4次元、あるいはより高次元の宇宙を想定し、そこでの恒星が崩壊した一部として3次元宇宙が生まれた。私達が知覚できない(実験や観測もできない)空間が広がっているようです。

リンダ・モールトン・ハウ: 25億光年先から何かが地球にやってくる

高速電波バーストは自然現象なのでしょうか、それとも高度な宇宙の文明が使うテクノロジーなのでしょうか !?

イーロン・マスク氏が、1950年代のSFのようなスターシップ試験ロケットを発表

スペースエックス社が、古いSFのようなスターシップを本採用するようです。シンプル・イズ・ベストなのかもしれません。

カール・セーガンのコスモス全部を見ることができます:パーソナル・ヴォヤージを無料のオンラインで

故カール・セーガンさんは、天文学者でしたが人々に夢を与えるのが上手でした。NASAの予算獲得に貢献したことは、広く知られています。セーガンさんのような方は、なかなか出てこないです。

あなたがインターステラーについて知らなかった5つのこと

映画インターステラー、ここに描写された時空、ブラックホール、ワームホール。キーとなっている高次元の存在は、実在するのでしょうか。

火星には想像以上の驚く秘密があります

火星から送られてきた写真などには、とても驚かされるものがあります。多くの方が考えているように、火星にはかつて文明があったのかもしれません。その痕跡とは。

火星のロッククライミング:シミュレーション

宇宙服、地球とは違った環境から人間を守るのが宇宙服です。新素材などは登場するものの、生命維持装置のコンパクト化など課題は山積です。ブレークスルーはあるのでしょうか !?

天体物理学者は「地球外起源」の「高エネルギー」シグナルを見つけます

質量があることが調査されたニュートリノ。それは、あらゆる物質を通過する特徴を持っています。宇宙を渡って来るニュートリノの発生源はどこなのでしょうか。

彼らがフォボスで発見したものは、存在してはいけません

火星の衛星フォボスに、モノリスのように思えるものがあることが報告されています。NASAは岩だと説明しているようですが、実際、どのようなものなのてしょうか !?

NASAはドリーム・チェイサー宇宙機の生産のための親指を立てます(ゴーサイン)

シエラ・ネバダ・コーポレーション社も、新規に宇宙開発に乗り出している会社の1つです。スペース・シャトルの小型版となる、ドリーム・チェイサーの就航が楽しみです。

エイリアンは純粋なエネルギーでできているのでしょうか

エネルギーとしての生命が存在し得るのか。これは、サイエンス・フィクションの世界ではよく登場しそうなストーリーです。実態を持たないエネルギーの生命、宇宙のどこかにいるのでしょうか !?

物理学者が、猫が液体か固体かに分類されるべきかどうかに関する研究でイグ・ノーベル賞を受賞

猫が液体なのか固体なのか、ジョークの部分はさておき、とても面白いテーマです。もちろん、シェイプ・シフターと言われている生き物の可能性を想像してのことになります。宇宙のどころかに居るでしょうか !?

天文学者は 「ブラックホール」の惑星を発見しました

光をほぼ反射しない性質の天体。侵入した光が出てこられない、ブラックホールのようなガス惑星が発見されています。主星との質量差にもよりますが、連星系になりそこねた天体なのかもしれません。

時間は本当に存在しますか。 物理学によれば、それは完全に間違った質問です

時間は時計で測れますが、その時計はあくまで私達の都合で決めた方法です。日が昇り暮れ再び日が昇るまでを1日とした。地球が太陽の周りを公転するのを1年とした。つまり地球の住人としての都合によるものが時間。それで、宇宙に時間はあるのでしょうか.... …

NASAのローバー近くの3枚の写真で、火星の天使的な存在が見られます

火星探査車、ローバー・オポチュニティが不可思議なものを捉えています。火星で撮影されたものはいったい何なのでしょうか。写真はNASAのURLでご確認ください。

科学者達は現在、宇宙そのものが意識だと考えています

意識(精神)とは何か? この質問には模範解答がありません。意識と宇宙は相等しいものだとする興味深い仮説です。意識と物質の境目(境界)は無いのかも知れません。

さようなら、ブラックホール:ホワイトホールは奇妙で、別の宇宙から物質を噴出しています

アインシュタインの相対性理論から、物質の吐き出し口としてホワイトホールの存在が予想されています。吐き出し口から吐き出される物質はどこから来るのでしょうか !?

標準モデル方程式は、生命、宇宙、そして何もかもを説明するかもしれません

素粒子物理学で分かっていることを1つの式で書くとこうなる例です。極小単位を理解することで自然を理解しようとする試みは、未解決ミステリーを解明するために今後も続きます。

ヴァージン・ギャラクティック社は、宇宙飛行を試みる

ヴァージン・ギャラクティク社の開発が着々と進んでいます。2020/7末には客室キャビンの映像が公開され、どのような機内なのかを知ることができます。

スターゲイトとポータルは本物で、今日も地球上に存在しています

不可解な遺跡が地球上にいくつもあり、それらは未知なる場所へのスターゲイトやポータルだったのではないか、と考えられています。かつて高度な文明が訪問していたのでしょうか !?

アカシック・レコード:総てが保存されている意識的な宇宙ネットワークでしょうか

アカシック・レコードについては、少し前の時代の発想として、中央コンピューターのメモリ(ライブラリ)のようなイメージだったのかもしれません。今だったら、ネットワークで接続されたクラウド・コンピュータのようなものとしてイメージされるのでしょうか。

科学者は、燃料なしで「イオン・スラスタ」を使用して飛行するスタートレックのような飛行機を作りました

イオン・スラスタを搭載した模型飛行機の試験に成功しています。これまでの推進方法に取って代わる、将来の標準になるのかもしれません。

カール・セーガン:コスモス、ペール・ブルー・ドット&有名な引用

カール・セーガンさんは、専門家同士での難解な会話を、専門外の方達へ優しく平素に伝えることに長けた先生でした。そうありたいものです。そして、宇宙への夢や希望を語り、多くの方を動かし、NASAへの予算にも一役買われていました。

ダークエネルギーを、明るさの中に持ち出す

時空の真空は生のエネルギーを持っている。どうやら宇宙の真の姿のようで、私達はいずれ、量子真空から潤沢なエネルギーを取り出せるようになるかもしれません。

最終的に混乱した方のための量子物理学

量子は、目で見て把握できるような直感的に理解できることが限られているために、イマジネーションが追い付かずに、量子力学は、結局よくわからないという事になるのが一般的なのかも知れません。

スティーブン・ホーキング、「超人」の種族を予測

超人とは遺伝子工学による改良? 改造? でしょうか。これは、人工的なミューティトによるミュータントに相当するものなのかもしれません。どこまで、進んでゆくのでしょうか !?

そういう分けで、アヌンナキは地球に来ました

アヌンナキはシュメール文明のストーリーですが、地理的に隔絶した地球のいたるところで不可思議な共通のストーリーがあるのは何故でしょうか !?