ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

宇宙

NASAのスピリット・マーズ・ローバーは、火星でミステリアスな成長を発見

火星にはかつて生物がいたのではないか、そうした環境だったのではないかと調査研究がされています。どのような生物だったのでしょうか ! そして、現在もいるのでしょうか ?

奇妙な超流動は、現代の宇宙の存在を説明できる

宇宙の始まりのときに何が起こったのでしょうか。何がきっかけでビッグバンとなったのでしょうか。そのとき、ビッグバンは何処にあったのでしょうか...

科学者達は、宇宙の2つの領域をつなぐ最初の磁気的な「ワームホール」を作ります

空間のショートカットとなるワームホール。磁気的なものだが作れたとのこと。そして、モノポールの解明につながるのかも知れません !

「15億光年離れた銀河からやってくる」反復した電波シグナル

高速電波バースト、その膨大なエネルギーの発信源はどこなのか。どのような方法で生まれるものなのかでしょうか。そして、自然なものなのか、人工的なものなのか謎のままです。

新発見の「ファーファーアウト」は、これまでに見た中で最も遠い太陽系の天体です

太陽系に、未発見の惑星があることが予想されています。プラネット・ナインの候補が見つかっているようです。今後の観測に期待したいトピックです !

異なる種類の万物の理論

アンプリチューヘドロンによって素粒子が説明されるのかもしれません。判明していないことがあり、それを説明するための、理論物理学での新たなアイデアです。

ニール・デグラス・タイソン氏は、ほとんどの人が把握できない宇宙についての2つのことを説明します

宇宙がとんでもなく広いことが、観測技術の向上と共に分かってきています。私達の肌感覚で、どこまで想像が追い付くのでしょうか。

NASAの小惑星警告:エッフェル塔よりも高い宇宙の岩は、4月に地球に急降下する可能性があります

小惑星の地球接近は、毎年のように報告されています。年が変わりましたが、2020年にも何個かが接近しています。火球として扱われる程度のサイズならいいのですが。

2021年 ミステリーとなっていること、カテゴリ―のリスト

謹賀新年。私達の周りはミステリーでいっぱいです。さまざまなことが複雑に絡み合っているのかもしれません。リストにしましたのでキーワードをお楽しみください。

地球サイズの立方体の形をしたオブジェクトが、太陽の近くで撮影されました

NASAのSOHOからの画像には、理解に苦しむものが多々あります。太陽の周囲に、地球の何億倍、何千億倍もあろう巨大な物体や、何者かが移動した航跡のようなものが写り込んでいたりします。いったい何なのでしょうか !?

これは、世界で最も純粋な光のビームです

レーザー光線が改良され、その干渉により重力波が検出できたテクノロジーの進歩です。この重力については、未だ現代物理学は答えを出せていないミステリーです。いずれ解明されるのでしょうか !?

ユグドラシル(世界樹)と古代北欧神話の9つの世界

北欧神話の世界観も、バイブルやヒンドゥとクロスオーバーすることもあり、興味深い一面があります。どこかの文明がお手本になったのでしょうか、それとも独立したものなのでしょうか !?

新しいハッブルの眺めは、「宇宙空間からの、最も深遠な宇宙の画像」です

ハッブル宇宙望遠鏡が運用されるようになってから、それまで知り得なかった宇宙の姿が明らかになってきています。いつか、ビッグバンで広がった宇宙の境界と、境界の外側を知る日が来るのでしょうか。

4次元が、カール・セーガンにより華麗に説明されました

4次元はあるのでしょうか、あるとすればどう認識できるのでしょうか。カール・セーガンさんがビデオで説明されています。何がどうなっているのか...

新しい科学の研究は、私達の宇宙に「異なる次元」が存在することを提示しています

宇宙、私達が知覚できない次元が存在している。そう考えると、今まで説明できなかった物理現象にも答えが見えて来るのでしょう。

科学者達は結論します - 惑星地球はハイブリッドな世界です

生命の居る惑星が、どの程度の生物圏なのかクラス分けをしています。カルダシェフ・スケールとともにおさえておきたいことです。

科学者達は、ちょうどパラレル宇宙を発見したと考えています

ユニバース(宇宙)が複数存在するマルチバース(多元宇宙)。私達はその1つのユニバースにいるようです。どうやって、実感していったらいいのでしょうか。

ビッグバンは、崩壊するより高次元の星からの奇跡でした

高次元の宇宙を想定すると、ビッグバンの辻褄があって来るようです。人間は、宇宙を理解することができるのでしょうか。

NASAは木星からこの画像をキャプチャしました。巨大なエイリアンの生命体でしょうか

NASAが公開している画像や映像には、NASAがノーコメントのままにしているものがあります。木星へ向かったジュノ探索機の画像に写り込んでいたものは.....

宇宙を生み出したブラックホール

4次元、あるいはより高次元の宇宙を想定し、そこでの恒星が崩壊した一部として3次元宇宙が生まれた。私達が知覚できない(実験や観測もできない)空間が広がっているようです。

リンダ・モールトン・ハウ: 25億光年先から何かが地球にやってくる

高速電波バーストは自然現象なのでしょうか、それとも高度な宇宙の文明が使うテクノロジーなのでしょうか !?

イーロン・マスク氏が、1950年代のSFのようなスターシップ試験ロケットを発表

スペースエックス社が、古いSFのようなスターシップを本採用するようです。シンプル・イズ・ベストなのかもしれません。

カール・セーガンのコスモス全部を見ることができます:パーソナル・ヴォヤージを無料のオンラインで

故カール・セーガンさんは、天文学者でしたが人々に夢を与えるのが上手でした。NASAの予算獲得に貢献したことは、広く知られています。セーガンさんのような方は、なかなか出てこないです。

あなたがインターステラーについて知らなかった5つのこと

映画インターステラー、ここに描写された時空、ブラックホール、ワームホール。キーとなっている高次元の存在は、実在するのでしょうか。

火星には想像以上の驚く秘密があります

火星から送られてきた写真などには、とても驚かされるものがあります。多くの方が考えているように、火星にはかつて文明があったのかもしれません。その痕跡とは。

火星のロッククライミング:シミュレーション

宇宙服、地球とは違った環境から人間を守るのが宇宙服です。新素材などは登場するものの、生命維持装置のコンパクト化など課題は山積です。ブレークスルーはあるのでしょうか !?

天体物理学者は「地球外起源」の「高エネルギー」シグナルを見つけます

質量があることが調査されたニュートリノ。それは、あらゆる物質を通過する特徴を持っています。宇宙を渡って来るニュートリノの発生源はどこなのでしょうか。

彼らがフォボスで発見したものは、存在してはいけません

火星の衛星フォボスに、モノリスのように思えるものがあることが報告されています。NASAは岩だと説明しているようですが、実際、どのようなものなのてしょうか !?

NASAはドリーム・チェイサー宇宙機の生産のための親指を立てます(ゴーサイン)

シエラ・ネバダ・コーポレーション社も、新規に宇宙開発に乗り出している会社の1つです。スペース・シャトルの小型版となる、ドリーム・チェイサーの就航が楽しみです。

エイリアンは純粋なエネルギーでできているのでしょうか

エネルギーとしての生命が存在し得るのか。これは、サイエンス・フィクションの世界ではよく登場しそうなストーリーです。実態を持たないエネルギーの生命、宇宙のどこかにいるのでしょうか !?