ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

エイリアン

ギルガメシュについて20の事実 - 古代シュメリアの半神半人

神が人の世にまぎれ込み、半神半人の存在として統治したというストーリーです。こうして人の世の中に神の力を持つ子孫が存在するとしたストーリーを伝えるの原典的な存在になるのでしょうか !?

5つのエイリアン種はすでに米国内を歩いています

地球を訪問している具体的な地球外生命の種族名が挙げられ、地球とのかかわり方の概略が紹介されています。ここでは友好的な種族について紹介されています。どれだけ来ているのでしょうか !?

このビデオが削除される前に、これらを見たいでしょう (2018-2019)

リンダ・モールトンハウさんは、米国政府がエイリアンと協力していると憶測しているジャーナリストで、この界隈では骨太の発表や発言をされている方です。市民公聴会で公表されたことと合わせると実態が見えてきます。

ロシアの将軍は世界に真実を話した:人類はエイリアンに売却され、ロシアはそれを知っています

人類がエイリアンに売却され、ロシアはそれを知っています。エイリアンとの取引があるストーリーは時の超大国を舞台にして噂されています。本当の話なのでしょうか !?

新しい研究の主張は、タコは宇宙から来ました

小惑星に乗ったDNAが、地球に隕石として落ち、何かとマージしなから今日の生物形態になったのかもしれません。タコは地球外由来の生き物なのでしょうか !? そして、地球外知的生命とはどのようなものなのでしょうか !?

ミステリアスな出生は、この女性がハイブリッドかもしれないと疑います

ハイブリッドかもしれないとされる女性が登場します。この中でアブダクションについて触れられています。多くの失踪事件が社会問題化している背景もあります。

血液型Rh陰性とエイリアンDNA:記憶喪失の種の他の世界的な系譜か

現代のDNA配列決定によれば、私達が知っている人類は、アフリカの同じ祖先から生まれた単一の「人種」だけではないことが実証されている。人類が同じアフリカの祖先から進化した場合、彼らの血は互換性があるはずだ。どうなっているのでしょうか !?

Rh- の血液型の人は、100%この世界からのものではありません

Rh-の血液型を持っている人工分布にはとても偏りがあり、ヨーロッパの一部に集中しています。なおかつ人類の中ではたいへんなマイノリティーであり、特殊だと言っても差し支えないでしょう。起源はどこなのでしょうか !?

もし私達がエイリアンで地球が刑務所だったら

地球が流刑星ではないかという考えの、エリス・シルバーさんを取上げた記事です。私達は光速に近づくテクノロジーも持ち合わせず、数光年離れた近隣の銀河に行く事もできません。地球で自由に暮らしていい !?

ロズウェル保安官代理:死亡したエイリアン4人と100フィートのフライング・ソーサーをUFOの墜落現場で見ました

ロズウェル事件では、新聞発表をしたものを翌日にバルーンだったとする当局の苦しい言い訳に誰もが疑問を持ちました。そして人々が受けた抑圧に、世間の疑惑と批判の目が向けられています。

種の起源:グレイ・エイリアン

広大な宇宙で、人類の他に知的生命がいるだろうと誰もが考えます。そして、そんな知的生命の姿形を思い浮かべ、グレイ・エイリアンが人間の都合による姿形になっていったのでしょうか。

ケンブリッジシャーでUFOが発見されました

未確認飛行物体がメタル製の乗り物だけだと思い込んでいる既成概念を変える必要があります。このタイプは宇宙船なのでしょうか? これそのものが、まるで生き物のようです。

地球の、エイリアン侵略に対する緊急行動計画

UFOだ !? エイリアンだ !? もしも現実的に大衆の前に姿を現したら、どうなるのでしょうか。その時の選択肢は何でしょうか。国家や軍にどのような準備があるのでしょうか !?

ロシア人は南極のアヌンナキに会った - ビデオがあります

天文学的に全く証拠がない太陽系の惑星ニビル。しかし科学的には、もう少し別のものとしての存在も予想可能です。宇宙のどこかにあるのかもしれません !?

TR-3B機密航空機、最高機密米空軍ブラック・トライアングル

TR-3Bは、地球を訪問したエイリアンから与えられた、または墜落したUFOを解析して得られた、こうしたテクノロジーを再構築したリバース・エンジニアリングにより人類が作ったUFOがあるとされているストーリーの1つです。

水中のUFO基地の発見は、私達の海に何かが住んでいることを証明します

カリフォルニア州のサンタ・カタリナ島との海峡での目撃情報になります。この地球で、人類が思うように調査ができていないのが海洋や湖です。地球外からの訪問者が身をひそめるには都合の良い場所なのかもしれません。

エイリアンの攻撃後、「ロシアの兵士は石に変わった」というCIAの文書

冷戦時代を通してCIAは、国家の安全保障に関係するありとあらゆる資料を収集していました。機密解除され開示されたものだけでも、細かく見てゆけば驚くような情報が拾えるのでしょう。

1,200万のアメリカ人が、レプタリアンが世界を支配していると信じています

米国の方がレプタリアンを信じている、何故なのでしょうか。爬虫類にはトカゲ、ワニ、ヘビ、カメなどがあり、どれに近いのでしょうね。そして卵からかえる生き物なのでしょうか。ミステリアスです。

警告:天文学者が、宇宙のエイリアンは私達の惑星をすぐにハックする可能性があると主張

地球の文明が発達して、私達の生活に電波は欠かせないものになっています。地球外の宇宙から地球を観測している者にとって、地球は電波的にとても明るく輝く惑星となっていることでしょう。私達が宇宙を探査するよりも、おそらく見つけられる方が早いのかも…

プレイアディアンとアヌンナキ戦争の歴史 - 2000BC

おおよそご存知かと思われるシュメール文明からの地球史をまとめたところから始まり、現代に至ります。考古学で不明瞭になっている部分を補間するこうした考え方も面白いものです。これほど保留にしていることが沢山あるか !?

科学が説明できない5つの「エイリアン」の頭蓋骨

世界の各地で、説明のつかないいろいろなタイプの頭蓋骨(スカル)が発見されているようです。こうした頭蓋骨が発見されることは、不都合な真実なのかもしれません。

科学者は主張します:エイリアンは「不滅のロボット」で、数十億歳です

エイリアンは高度なテクノロジーにより、サイボーグ化、もしくは記憶データを移植したアンドロイド化したとする発想は、十分予想できることですが、ある意味新鮮です。カルダシェフ・スケールで高位になれば、既にそうした存在なのかもしれません。

私達は宇宙の旅をするのでしょうか。ミチオ・カク氏には答えがあります

ミチオ・カク博士のトーク番組で、彼がいろいろ気になる話題を取り上げています。私達は、この宇宙でどのような位置づけなのか考えれば考えるほど興味深いことです。

6491年からのタイムトラベラーは、別の銀河から来たと主張します

6491年から来たタイムトラベラーからは、2018年で分かっていることしか挙がってきておらず、私達にとって未知のエビデンスがないのが残念です。その後はいかがされているのでしょうか。

エイリアンはジーザスの磔刑に現れました。そして、ここに「証拠」があります

バイブルという経典のビジュアル化とも言えるのが、関連施設に残された絵画です。あまりにも神格化するために誇張を繰り返した結果、今となって読み違えるようなものなのか、はたまた写実されたものなか !?

プーチン大統領は、エイリアンが地球上に存在することを世界に知らせるつもりか

ロシアでは、旧ソ連時代から国家プロジェクトの1つとしてUFO/エイリアン研究がされているらしいことと、プーチン大統領のカリスマ性もあってか、さまざまな噂やストーリーが登場します。パラダイム研究グループのスティーブ・バセット氏が迫ります。

イギギに会う - アヌンナキに反抗した古代宇宙飛行士

アヌンナキとは別の惑星からのエイリアンとしてイギギが登場します。アヌンナキの歴史の一角を構成する存在がイギギのようで、労働を荷っていたイギギの反乱があったとれています。

科学者ブライアン・コックスは、どうしてエイリアンを見つけられなかったのか彼は知っていると言う

ある惑星に生命が生まれて発達するまでの時間は、宇宙的な時間のスケールでは瞬きをするような一瞬の出来事なのかもしれません。

エイリアンは神を創造した...そして今彼らは神を戻したい

これも古代宇宙飛行士説の類になるのでしょうか。現在、世界中の至る所に、宗教と呼ばれるものがあります。教義の違いこそあれ、よくよく考えると不思議な共通性を持っています。何故でしょうか !?

元海軍士官が、エイリアンとの最高機密の政府協定を公開

米国の調査組織による、極秘の調査や交渉が行われたとする証拠や仮説がいくつもあります。MJ-12 (エムジェイ・トウェルブ)またはMAJIC 12(マジック・トウェルブ)とは、いかなる存在なのでしょうか !?