ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

画期的な研究で、瞑想者は量子システムを崩壊させます


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210611061112j:plain

画期的な研究で、瞑想者は量子システムを崩壊させます

(図 Meditation Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

それが量子物理学になると、研究者が戸惑うような情報や結果に出会うか、または単に既知の物理法則に従わないことは、とても一般的です。その結果、回答よりも質問が多くなります - それで大丈夫です。

「私達は、古典的な方法で説明するのは不可能で、絶対に不可能な現象を調べることにしました。それは、その中に量子力学の核心を持っています。実際には、それには唯一のミステリーが含まれています。」

- 20世紀のノーベル賞受賞者、リチャード・ファインマン(Richard Feynman) (ディーン・ラディン(Dean Radin)の、もつれた心から:量子現実における超感覚的な経験(Entangled Minds: Extrasensory Experiences In A Quantum Reality))

多くの場合、一部の結果は、現代の学界内で著名な地位を持つ多くの人の、長年にわたる根深い信念体系に反することがあります。例えば、私達が「スピリチュアルな(spiritual)」宇宙に住んでいるという考えは、主流の学者により強く批判されてきました。

ジョン・ホプキンス大学(John Hopkins University)の、ヘンリー・A・ローランド(Henry A. Rowland Department of Physics and Astronomy)物理学と天文学学部の、リチャード・コン・ヘンリー(Richard Conn Henry)教授は、この問題をよく説明しています:

物理学者が真実から恥ずかしがり屋なのは、真実は日常の物理学にとってたいへん相容れないものだからです。メンタル(mental)な宇宙を回避するための一般的な方法は、「デコヒーレンス(decoherence)」- 「物理的環境」は人間の心とは無関係に、現実を創造するのに十分である概念  - を呼び出すことです。それでも、波動関数(wave function)を崩壊させるに、不可逆的な増幅作用が必要だとするアイディアは、間違っていることが知られています: 「レニンガー型(Renninger-type)」の実験では、何も見ないあなた方人間の心によって、波動関数は崩壊するだけです。宇宙は完全にメンタルです…. 世界は量子力学です: 私達は、それをその様に知覚するために学ばなければなりません…. 宇宙は重要でありません  - メンタルとスピリチュアルです。

 

おそらくこれが、量子物理学の創始者のほぼ全員が同じ考えを共有した理由です。意識は基本で、それは物質的な現実に先行し、その反対ではありません。おそらくこれが、20人以上のノーベル賞受賞者と多数の著名人が、量子物理学の次のステップと思われるものを指示してきた理由でもあり、私の考えでは、これは超心理学(parapsychology)です。

ここに、徹底的にこれを探る「開かれた呼びかけ、意識のあらゆる側面についての情報に基づく研究(A call for an open, informed study of all aspects of consciousness)」と題された、ニューロサイエンスのフロンティア(Frontiers of Neuroscience)誌に発表された素晴らしい研究です。

 

「科学が非物理的現象を研究し始める日は、それは、その存在していた総ての前の世紀に比べて、10年間でもっと進歩するでしょう。」

ニコラ・テスラ(Nikola Tesla)

関連CE記事:空間は空ではない:量子真空について全世界が知っておくべきこと

 

量子2重スリットと、そして意識はそれに何をしたのでしょうか

量子2重スリット実験は、量子の測定問題として知られていることに光を投げかけます。量子2重スリット実験は、測定装置と同様に、システムの観察をする物理的システムを含みます。

この実験では、わずかな量の物質(光子、電子、または原子サイズの物体)が、2つのスリットがあるスクリーンに向かって発射されます。スクリーンの反対側では、ハイテク・ビデオカメラが各光子が着地する場所を記録します。科学者が1つのスリットを閉じるとき、下のビデオで見られるように、カメラは、私達に予想されるパターンを表示します。しかし、両方のスリットを開くと、「干渉パターン(interference pattern)」が現れ - それらは波のように振る舞い始めます。これは、原子の物体が波として観察されるという意味ではありません(それでも最近、波として観測されています); それらは、そのように振る舞います。それは、各々の光子が、同時に両方のスリットを同時に通過し、それ自体と干渉することを意味します。しかし、それはまた一方のスリットを通り、かつ他方のスリットを通ります。さらに、それはどちらも通過しません。単一の物質が潜在的な「波」になり、複数の可能性の形で己を表現します。これが、干渉パターンを得る理由です。

「測定」または「観察」されるまで、どのようにして単一の物質が存在し、物理的性質を持たずに複数の状態でそれ自身を表現できるのでしょうか。さらに、複数の可能性から、如何にしてどのパスを選択し、取るのでしょうか。

この量子の不確実性は能力として定義され、「素粒子問題を支配する量子力学の法則によれば、実験室の探知機または眼球によって実質にクリックされるまで、- どこにでも、至るところ、あるいは全く存在しないために - 電子のような粒子は、漠然とした可能性のある状態で存在します。」

おそらくこれが、量子物理学の創始者のほとんど皆が、システムに影響を与える私達の物理的な領域以外の何か、測定、観察、意思などの、意識に関連する要因について話した理由です。

 

実験で、何が起こったのか

査読誌のフィジクス・エッセイ(Physics Essays)に掲載された論文は、次のことを説明しています。物理的現実の性質を形作ることにおいて、意識の役割を探求するために、どのようにしてこの実験が複数回使用されてきたのか。

それはディーン・ラディン(Dean Radin)博士により出版されました。彼について、あなたが以下の講義で見るでしょう。彼はノエテックサイエンス研究所(Institute of Noetic Sciences)の主任研究員です。

彼は驚くべき結果を出しました: 瞑想を経由して人間の意思は、実際に量子波動関数(quantum wave function.)を崩壊させることができました。この場合では、瞑想者は「観察者」でした。

実際、ラディン氏が彼の講義で指摘しているように、「5シグマ(5 sigma)[統計学で5σは 99.99994%信頼区間の外のこと]」の結果は、ヒッグス粒子(Higgs particle) (結局、ヒッグス粒子でないことがわかった)を発見したことで2013年にCERNノーベル賞を与えることができました。この研究では、量子波動関数の崩壊で、非瞑想者(non-meditators)に対して瞑想者をテストしたとき、彼らもまた5シグマの結果を受け取りました。これは、メンタルな活動、人間の心、注意、意思など、意識の傘下にあるいつくかのラベルが、ある意味で、肉体的な事柄を行動に駆り立てたことを意味します。

「観測は、測定されるべきものを妨げるだけでなく、それを生み出します…. 私達は、[電子に]明確な立場をとることを強制します…. 私達自身が測定結果を出します。」

 

New Experiments Show Consciousness Affects Matter ~ Dean Radin Ph.D

(41:04) 2016/06/07

 

それが人間の意識の研究になると、このような結果は、10年以上前に、カリフォルニア大学アーバイン校(UC Irvine)の統計教授によって発表された研究を思い出させます。それは、アスピリン(aspirin)を毎日服用している人よりも心臓発作の予防に役立つことを、超心理学的実験が遥かに強い結果を生み出したことを示しました。例えば、抗血小板薬(antiplatelets)のような様々な薬の背後にある研究より遥かに強いことも、これらの結果は示しました。これらの発見にもかかわらず、プシー(psi、psychic ability)[超能力]実験はほんのわずかしか認められておらず、そして一般的な「科学」コミュニティでさえ知られていません。プシーは、一般的な医薬品の有効性よりも強力なことにかかわらず。

おそらくそれが、米国政府が20年以上プシーを調べるプログラムを実行した理由であり、そして、おそらくまだそうしています。

関連するCE記事:キャンセルされたTEDトーク:CIAと契約した物理学者は、彼がESPについて知っていることすべてを共有しています

 

 

----- 出典 -----

www.collective-evolution.com

 

----- 2017/06/07公開の記事を読んで -----

瞑想により何がどう変わるのか、興味の尽きない所です。メンタルとスピリチュアルだと言い切っている割には、2重スリット実験~素粒子物理学を引き合いに出そうとします。それほど大きな関係性を感じてはいないのですが、どうでしょうか。いずれにしても、科学が手をこまねいているとても興味深い分野です。

 

5シグマ:68–95–99.7則 - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp