ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

新しい研究は科学者にショックです:人間の感情は物理的な現実を形作る


ADVERTISEMENT/広告

新しい研究は科学者にショックです:人間の感情は物理的な現実を形作る

(Fig.) イメージ図

 

科学者達の異なるチームによって行われた3つの異なる研究は、本当に特別なことを証明しました。しかし、これらの3つの発見を結びつける新しい研究が行われたとき、衝撃的なものが実現しました。

 

人間の感情は、文字通り私たちの周りの世界を形作ります。 私達の世界に対する認識だけでなく、現実そのものです。

 

第1の実験では、密封容器中で単離したヒトDNAを被験体の近くに置きました。 科学者達は、感情的刺激と魅力的で十分なものをドナーに与えたところ、感情は他の部屋のDNAに影響を与えました。

否定的な感情の存在下ではDNAは緊張しました。ポジティブな感情の存在下で、DNAのコイルは緩和されました。

科学者達は、「人間の感情は、従来の物理法則に反する効果を生む」と結論づけています。

 

第2の同様だが無関係な実験では、異なるグループの科学者が白血球(白血球細胞)をドナーから抽出し、電気的変化を測定できるようにチャンバーに入れました。

この実験では、ドナーは1つの部屋に配置され、ドナーで異なる感情を生成するビデオクリップから「感情刺激」を受けました。DNAは同じ建物内の別の部屋に置かれました。ドナーと彼のDNAの両方がモニターされ、ドナーが(電気的応答によって測定されました)感情的なピークまたは谷を示したので、DNAは実質的に同じ応答を示しました。

 

(Fig.1) イメージ図

 

タイムラグはなく、送信時間はありませんでした。DNAのピークと谷は、ドナーのピークと谷を時間的に正確に一致させました。

科学者達は、DNAからドナーをどの程度か離れても、この効果を得ることができるかどうかを知りたがっていました。彼らはDNAとドナーを50マイル離れたところでテストをやめましたが、変わらず同じ結果となりました。 タイムラグなし、送信時間なし。

DNAとドナーは時間的に同じ応答を示しました。結論は、ドナーとDNAが空間と時間を越えてコミュニケーションできることでした。

 

第3の実験はかなり衝撃的なものでした。

科学者達は、私達の物理的な世界でDNAの効果を観察しました。

私達の周りの世界を構成する光子が真空中で観測されました。それらの自然な位置は完全にランダムでした。

次いで、ヒトDNAを真空中に入れました。 衝撃的なことに、光子はもはやランダムに作用していませんでした。 光子は正確にDNAの幾何学に従っていました。

 

(Fig.2) 光子はDNAの幾何学的に従いました

これを研究していた科学者達は、光子が「驚くほど反作用的に」挙動すると説明しました。 彼らは、「我々は新しいエネルギー分野の可能性を受け入れなければならない」と続けました。

 

科学者達は、人間のDNAが文字通り私たちの周りの世界を構成する光子の挙動を形作っていると結論づけました。

 

(Fig.3) フィールド概念

 

故に、新しい研究が行われ、これらの3つの科学的な主張がすべて結ばれたとき、科学者はショックを受けました。

彼らは私達の感情が私達のDNAに影響を与え、私達のDNAが私たちの周りの世界を形作るならば、私達の感情は物理的に私達の周りの世界を変えるというすばらしい認識に達しました。

人間の感情は物理的な現実を形作ります。

それだけでなく、私達は空間と時間を超えてDNAにつながっています。

私達は、私達の気持ちで何かを選ぶことで、現実を創造します。

科学は、私達が住んでいる宇宙について非常に明白な事実をすでに証明しています。私達がしなければならないのは、点を結ぶだけです。

 

 

----- 出典 -----

元記事は掲載終了しております。

(以下は、同じ内容の記事になります)

www.lifecoachcode.comdailyoccupation.com (同様な記事)

i-uv.comevome.cosoultravelrules.comtruthwins.com 

----- 関連ビデオ -----


Human Emotion Physically Shapes Reality

(23;21) 2017/03/06

 

 

----- この記事を読んで -----

成り行きはDNA続きでですが、ここでの内容は意思(意識)が時空間を支配する意味になるのでしょうか。SFチックではありますが、意思がある種の未定義のエネルギーとなり、宇宙空間をジャンプできることにつながりそうな話です。この話は、、、テレパシーの類とは別だと思われます。
テレパシーについて詳しくはないのですが、テレパシーとは 情報伝達手段になるのでしょうか。あってますか? 情報伝達には電子や光などのパルスなどを媒介しないと成り立たないです。情報伝達速度は、宇宙の制限速度内です。

紹介されている実験では、送信と応答に時間差がないとのことで、空間的には全く同じ場所を意味します。ミステリアスです。

  

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp  

f:id:Zzak:20191218174430j:plain

( 図 キャンドル Pixabay )