ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

これが、ノストラダムスの2019年の予測です


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200930040842j:plain

これが、ノストラダムスの2019年の予測です

(図 Nostradamus ウィキメディア経由パブリックドメインNostradamus prophecies ウィキメディア経由パブリックドメイン)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

ミシェル・ノストラダム(Michel Nostradame)とも呼ばれるミシェル・ド・ノートルダム(Michel de Nôtre-Dame)は、通常はラテン語ノストラダムス表記され、ユダヤ人起源の医師、魔術師、フランス占星術師で、地球上に住む最も有名な予言者の一人と考えられていました。

彼の予言作品レ・プロフティエ(Les Prophéties)は1555年に初めて出版され、彼のワイアリング[配線]の中に未来の複雑な予測があると主張されています。

ノストラダムスは、353個のクォートレイン[4行連句]を含むレ・プロフティエで最もよく知られています。

 

f:id:Zzak:20200929165052j:plain

(図 Nostradamus by Cesar ウィキメディア経由パブリックドメイン)  息子のセザール・デ・ノートルダム(Césarde Nostredame、1553-1630?)により描かれたフランスのルネサンス医学&占星術師、ミッシェル・デ・ノートルダム(ノストラダムス)の肖像。

 

彼の予言

ノストラダムスの生涯を研究した多くの作家は、次の主張をします。彼は、異端審問官により異端者として迫害されることを恐れました。彼のような物議を醸すアイデアを発表した他の多くの人々が、その当時裁判にかけられていたからです。

この理由で、彼は自分の書いたものを、極めて不可解なクォートレインにすることにしたと考えられています。おそらく詩の測定基準を尊重するのに役立ちました。単語を明確にすることを省略し、暗示で、預言の他の部分への自己参照を伴い、謎のフレーズで、語尾音消失(apocopes)、メタセシス[音位転換]、そして短いアナグラム[つづり換え語]を使いました。

ノストラダムスにより大変に特別な方法で使用されたクォートレインには、ギリシャ語(Greek)とラテン語(Latin)の単語と同様に比喩も含まれています。

その中で、結局起きたいくつかの将来の出来事を、彼は描写しました。

 

彼は、正しい何を得たのでしょうか。

最も有名な予言の中で、ノストラダムスが正しいと信じられているのは以下の通りです:

月面着陸

彼はルナの一角に旅行するようになるでしょう、彼が捕らえられ、奇妙な土地に置かれるでしょう、青い果物は大きなスキャンダルと大きな非難の対象になり、1つは、大きな賞賛となる。

ノストラダムスが月、ルナに旅する宇宙飛行士に言及したと信じられています。

彼、宇宙飛行士はフィルム(映画)で魅了されました。

ノストラダムスは、「イーグル」という語句を米国の暗示として使用しました。

月面に着陸した宇宙船が「イーグル(Eagle)」と命名されたのは偶然の一致です。

原子爆弾

門の近くと2つの都市の中で、見たこともなかったような惨劇があるでしょう、疫病神の中の飢饉、人々は鋼鉄によって消され、救済のために偉大な不滅の神に泣いています。

多くの学者は、この記述がただ1つだけではなく、いくつかの戦時中の残虐行為に帰することができると確信していますが、特に、これは広島と長崎に投下された原子爆弾のとても良い描写だと多くの著者が長年にわたり主張してきました。

 

それで、ノストラダムスは2019年ついて何を言っているのでしょうか。

インクイジター(Inquisitr)ニュース・ウェブ・サイトによれば、2019年に第三次世界大戦が始まると予想されます。

「神の町では、大きな雷が鳴ります。 要塞が耐えている間に2人の兄弟がカオスによって引き裂かれました。 偉大な指導者は屈服するでしょう、大都市が燃えているとき第三次大戦が始まるでしょう。」

しかしそれに加えて、フランスの予言者は、米国で一連の壊滅的な自然事件を予測したようです。

地震は、特に米国の西部地域に関係するものとします。そのパワーは、世界中の土地で感じられるでしょう。」 ノストラダムスは、彼の本に書いたと信じられています。

その一方で、エクスプレス(Express)誌は私達に次の事を伝えます。ノストラダムスは、地球上で最も強力な二つの国、アメリカ(United States)とロシア(Russia)の間の戦争を予見しました。

「二度耐え忍び、二度倒したら、東側も西側を弱めるでしょう。 海を追いかけた幾つかの戦いの後の敵対者は、必要に応じて失敗するでしょう。」

 

----- 出典 -----

curiosmos.com

 

---- この記事を読んで -----

毎年のように予言があり、どうなることやらと思います。物騒な予言が多いのでハズレで結構です。予言された2019年の第三次世界大戦はありませんでした。

多くの予言は、パニック・メーカーなだけのようです。

神の啓示の類が「預言」だとして、超自然的な方法で未来を知覚するのが「予言」とのことで、この2つの「よげん」は区別されています。予言者は、遠隔透視で未来が見えたりする超能力者のことになるのでしょうか。

 

予言 - Wikipedia

預言者 - Wikipedia

予想 - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp