ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

第3の目が誤って開かれたときに、何が起こるか


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200624053910j:plain

第3の目が誤って開かれたときに、何が起こるか

( 図 チャクラ Pxabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

学者らによれば、眉の1インチ上の額の真ん中に位置する「第3の目」は、強力なエネルギー中枢部に関連付けられた、目に見えない神秘主義的な目です。ほとんどの人にとって、この目は閉じたままで、それに関連する重要なエネルギーは利用できませんが、第3の目が開くとどうなるのでしょうか。

 

3の目は検査されました

オカルトの一部のメンバーにとって、第3の目は実際には頭蓋骨の内側に位置して、卵の形をしています。宇宙論の分野では、これは宇宙の卵と呼ばれることもあり、総ての創造の源として描写されています。第3の目に含まれる偉大な力が活性化されるとき、私達を完全に新しい世界に運んだり、あるいは創り出すことができると言われています。

ヒンズー教(Hindu)の伝統によれば、第3の目は、身体の第6番目の主要なチャクラ(chakra)またはエネルギー中枢部で、しばしば「魂の門(the soul’s gate)」と呼ばれます。活性化されるとき、他の天地への認識が大幅に強化され、物質世界からの援助や依存することなく、莫大な知識と知恵が与えられると言われています。さらに、かつて開かれたと言われています;第3の目は、目覚めた他の人とテレパシー(telepathically)でコミュニケーション取ったり、死者の精神を理解したり、より高い存在から直接メッセージを受け取るなどの能力を与えます。開かれた第3の目を持つ人々は「シアーズ(Seers)」としていくつかの文化に知られているのは不思議ではありません。そして魔女達(witches)さえも、魔法(magical)と精神(spiritual)のエネルギーを操るための巨大な力である開かれた第3の目の価値に対して、大きな敬意を表しています。

「秘密の教義(The Secret Doctrine)」の著者であり現代の神知学(Theosophy)の創設者のH.P.ブラヴツスキー(H.P. Blavatsky)氏は、第3の目を松果体(pineal gland)[松果腺]に関連するものとして表現します。

彼女の教えによれば、人間はかつて皆が第3の目を持っていましたが、私達の神の起源から私達は冒涜して逃げ出したので、それは時間の経過とともに萎縮し減少しました。元のサイズから縮小し、第3の目は、今は松果体として知られています。しかしながら、特定のルールや練習を徹底的に遵守して、目を復元することができます。

 


What you need to know about the PINEAL GLAND and the secret to PSYCHIC ABILITIES

(14:45)  2017/05/06

 

第3の目を開く、神秘は解かれました

時間の経過とともに、第3の目の開くことの真実は隠されてしまっています。それは、ますますこの話題について多く語られているからです。その結果として生じる誤解をナビゲートするのは難しいかもしれませんので、特定のことを明確にするために少し時間をかけましょう。

  • 第3の目の自発的な自動開封は避けるべきで、ある特定の症状を伴います。
  • 特定のテクニックの慎重かつ意図的な練習を通して、陰性の症状なしに健康的な方法で第3の目を開くことが可能です。
  •  気功(Qi-Gong)やラージャ・ヨーガ(Raja Yoga)などの全身用のエクササイズをする人は、すでに3番目の目を開いているかもしれません。

 

健康的な第3の目

身体の任意の部分と同じく、第3の目はある種の病に苦しむ可能性があります。この場合、第3の目の病気は、ほとんどの場合、目を通してのエネルギーの流れに関係しています。そのエネルギーの流れが制限されるかまたは完全に遮断されると、頭痛や視覚障害味覚障害、嗅覚障害などの症状がよくみられます。より形而上的(metaphysical)なレベルでは、遮断された第3の目は、過剰な空想(daydreaming)や、直感(intuition)の感覚の衰え、および情緒的な落ち着きのなさ(volatility)の原因となります。 自分の人生についての幻想や、自分の直感からの乖離も共通しています。

 

5つの自然発症の徴候と症状

1. ビジョンへの劇的な変化 - 第3の目は、その独特の特性にもかかわらず、依然として目がありません。それが開くと、それは第6感の追加を表し、これは他のすべての感覚に影響を与えます。色が明るくて強く感じられるかもしれません。奇妙な予期しない香りに気付いたり、おなじみの食べ物の風味は同じようですが顕著に違っていることに気づくかもれません。新しい音楽や演奏タッチの感覚も聴くことができ、様々な方法で直接的に影響を受ける可能性があります。この経験は、第3の目が自動的に開かれている人にとって、幻覚に思えるかもしれませんし、全く煩わしいものになることがあります。

 

2. 夢はより鮮やかで、激しく奇妙になる - 第3の目が開いたときの夢の状態は、より高い水準からの通信を受信する最も受容的な時間の1つになります。目が自動的に開いた人の夢の中で、これらのメッセージは彼らの自然な夢と絡み合い、混沌とした矛盾する経験になり、睡眠に深刻な影響を与える可能性があります。これを経験している人が、より安らかな睡眠を強制するために薬物療法を受けることは珍しいことではありませんが、これは第3の目の萎縮を促進し、おそらくそれを再び閉じることがあります。

 

3. 頭痛と憂うつ - 第3の目の感覚への影響について議論しましたが、体内の他のチャクラで目を開くことを検討することも重要です。目が自然に開いた人では、頭痛と、実際には体重が増えずに身体がより重くなっているという感覚を経験するのが一般的です。これは、チャクラを通るエネルギーの流れの変化が原因となる可能性があります。第3の目の開きに合わせて適切に再調整されないならば、身体を通しての健康的なエネルギーの流れが乱れることがあります。総てが相互に接続され、システムの一部が正常に機能しなければ、それは機能不全をシステムの他の部分に広げる可能性があります。他の潜在的な病気の原因を除外するためには、身体的症状の有無は常に医師の診察を受けるべきなことに注意することが重要です。

 

4. 現実からの分離 – 開いた第3の目の影響を受けない人間の心は、ある意味で世界を体験するのに慣れてきました。それは共通の現実の中で根ざした感覚を作り出し、第3の目が偶然開いたときは、その根ざした感覚は、現実の他の水準の意識が世俗的な意識に浸透するので、大きく影響を受けます。現実の先行する意味からしばしば分離感が起こり、何も本物ではなく、総ては欺瞞の形で提示されているという印象の感覚になります。第3の目の影響を注意深く理解していないと、世界とその人の愛着についての理解と明快さの感覚を回復することは極めて難しくなる可能性があります。

 

5. 関係の混乱 - 第3の目が開くとともに、真実を特定する顕著な能力がもたらされます。結果として、関係の真の性質が分かるようになるかもしれませんし、かつての強固な関係が、突然、表面的で無意味に見えるかもしれません。偽善はより明らかになり、軽微な日々の欺瞞に耐えられなくなるかもしれません。その結果として、対人関係は、第三者の目が偶発的に開くことで、大きな激変を経験するかもしれません。

 

の目の力を利用する

 


Girl demonstrates Cool SuperPower (Third Eye)

(12:37)  2015/07/30

 

以前にハンマーを使ったことのない人は、彼らが安全に釘を打つことができる前に、多くの傷ついた親指に遭遇することがあります。激しいエクササイズをする人は、通常、翌日には痛みを感じます。第3の目の影響をバランスさせることを学ぶにも違いは有りませんが、しかし目が警告なしにそれ自身で開くときは、難しいかもしれません。慎重なエクササイズと瞑想を通して健康的なバランスを維持する方法を学ぶ方法があります。理想的には、誰かが彼の第3の目を故意に開くでしょうし、それが少しでも開かれるのであれば注意をしてください。偶発的に開かれるケースで、関連する症状の緩和は、世界中の熟練した開業医により教えられた全体的なプロセスを通じて見つけることができます。中国からの気功やインドからのラージャー・ヨーガのような活動は、彼らの新しく発見された第6の感覚を、人が管理するために役立つかもしれない例です。

 

あなたには開かれた第3の目の症状がありますか。

 

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(出典のソース)

This Is What Happens When Your Third Eye Opens Accidentally – Disclose.tv

(同様な記事)

This Is What Happens When Your Third Eye Opens Accidentally – SIMPLE CAPACITY

mysticalraven.comwww.magicalrecipesonline.com

 

----- この記事を読んで -----

心眼というエスパー能力になるのでしょうか。そんな能力を持ってみたいものですが、あったらあったで、いろいろな雑音も入って来てしまいそうです。己の心をコントロールも大変なのかもしれませんね。

医学的には脳内の内分泌器の松果体ですが、松果体は第3の目に関連付けられた別のミステリーがあるのではないとも言われています。

この第3の目があるとされる額の辺りは実際に敏感なようで、両目を閉じて、指先を近づけるとじんわり何かを感じるようです。

もしも実際に、額に物理的/肉体的/医学的な目玉があったら驚きです。奇形(ミュータント)として片付けられてしまうかもしれませんが、そんな生まれ方をしてしまうことはあるのでしょうか !?

 

ヘレナ・P・ブラヴァツキー - Wikipedia

松果体 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp