ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

インターネットで、トップ5の宇宙Webサイト


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200303213315j:plain

インターネットで、トップ5の宇宙Webサイト

( 図 天の川銀河 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

宇宙は美しく魅力的です。 それほど多くの人々がその美しさを経験することはありません。 しかしながら、技術とウェブはあなたを最も遠くに送ることができます。

そこで、私達はそこで最高の宇宙のウェブサイトを5つ選びました。

宇宙のリストは次のとおりです:

 

NASA

NASAのウェブサイト(http://www.nasa.gov/) は確かにそれらのすべての父親です。このウェブサイトでは、文字通り、人間が宇宙について知っている総てを見つけることができます。最新の公式ニュース、ミッションの情報、マルチメディアなど、他にもたくさんあります。

www.nasa.gov(Fig.1) NASAのウェブサイト

 

宇宙機関の最新の出来事をニュースセクション(http://www.nasa.gov/news/index.html) で見つけることができます。また、私達の太陽系の惑星とエキゾチックな月の素晴らしい画像を探索できます。私達が今までに見た中で最も遠い銀河の画像を見つけることもできます。

 

Google and Space

ええ、Googleはまた、宇宙と天文学のリストを作っています。

www.google.com(Fig.2) グーグル・スカイ

 

宇宙は大きく、夜空の星を見るのは魅力的です。しかし、あなたは、あなたが見ているものに今までに驚いたことがありますか。 スカイモード(http://www.google.com/sky/) の機能は、Google Earthとオンラインで利用でき、あなたは星や他の天体を見ることができます。軌道上の惑星、星座、銀河のアニメーションが含まれています。

Googleは月(http://www.google.com/moon/) と火星(http://www.google.com/mars/) も持っており、両方ともGoogle Earth 上で別々の天球儀として機能しています。ここで (https://www.google.com/earth/download/gep/agree.html) ダウンロードできます。

 

Space.com

Space.com (https://www.space.com/) はまた、インターネット上の最高の天文学のウェブサイトの一つです。現座のヘッドライン以上のものを提供しています。 ここでは、充分に記述された、深みのある優れた記事と特集記事を見つけることができます。

Space.com: NASA, Space Exploration and Astronomy News

(Fig.3) スペース・ドット・コムのロゴ

 

最新の宇宙の出来事はニュースセクション(https://www.space.com/news)で見つけることができます。 また、他の惑星で生命体を探し(https://www.space.com/search-for-life)、そこに居住性の可能性があるのか見てみましょう。

あなたの頭上に何があるかを知ることができるNight Skyセクション(https://www.space.com/skywatching)もチェックすることを忘れないでください。

 

Universe Today

Universe Today(UT)(https://www.universetoday.com/) は、適度に人気のある非営利の宇宙、宇宙、天文ニュースのウェブサイトです。 宇宙と天文学に関する北アメリカのウェブサイトです。

www.universetoday.com(Fig.4) ユニバース・トゥデイ表紙

 

このブログは、総ての最新の天文ニュースとイベントで盛りだくさんで、訪問者からのコメントを奨励しています。

また、他のブログやウェブサイトが宇宙のカーニバル(Carnival of Space)機能に参加する素晴らしい方法を誇っています。毎週別のウェブマスターやブロガーが、カーニバルを主催します。ここで彼らは宇宙の話題について書かれた記事を紹介する機会を得ます。

 

HubbleSite

ハッブルサイト(http://hubblesite.org/) は、ハッブル宇宙望遠鏡の本拠地です。 ベテランの望遠鏡は、天空への彼らの毎月のガイドで、星座、惑星、深宇宙の天体などを識別します。

hubblesite.org(Fig.5) ハッブルサイト

 

ハッブル宇宙望遠鏡(HST)(http://www.amazon.com/Celestron-21035-70mm-Travel-Scope/dp/B001TI9Y2M/ref=as_at?tag=viglinkmuo-20&linkCode=as2)から拡大された画像を地球に送っています。ハッブルサイトはハッブルの総てが見られる場所です。

写真アルバムの望遠鏡の性能をチェックしたり、壁紙をダウンロードしたり、映画館でビデオを観たり、画像ツアーをしたりできます。 それはすべてギャラリーセクション(http://hubblesite.org/gallery/) で利用可能です。

 

 

----- 出典 -----

cosmoknowledge.com

 

----- この記事を読んで -----

物事を判断してゆく上で、ある事柄を事実として把握できれば、それが基準となり、分かっている事と分かっていない事の分別が付くようになります。分からないことが、何でもかんでもミステリーではありませんので。

事実としての基準をどこに求めるのか、情報の信頼性という観点から、ここで紹介されているサイトはお勧めです。

不都合な真実を隠しているとも言われていますが、公表されているNASAのデータは信頼できるものです。

Space.comは、姉妹サイトの Live Science: The Most Interesting Articles, Mysteries & Discoveries と合わせて話題が豊富です。

ハッブル望遠鏡のサイトは、想像や予想ではない深宇宙の姿を見せてくれ、私達の宇宙観の見直しをさせてくれます。百聞は一見に如かず、とはよく言ったものです。

 

Google Earthについてはいくつかバージョンがあり、パソコン用としては、Google Earth - Chrome ブラウザ版 ( https://www.google.co.jp/intl/ja/earth/ ) で初期メニューをスクロールした下の方にある 「Earthのバージョン」に入り、Google Earth Pro をダウンロードするのがお勧めです。ウエブから探そうとすると、おおかた有料版になると思います。

Google Earth Proにて、月や火星を選択するとNASAの衛星画像が直接レイヤーされた表示をさせることもでき、かなりの高解像度で見ることもできます。Google Earthは、NASAが作った画像を、Googleが天球地図に立体表示したものです。

 

パソコン用のウエブ版の Google Mapでも、起動時に引いて天体を表示させた画像にすると、太陽系で探索された惑星やその衛生を選択して、そのマップを表示する機能が追加されており、楽しむことができます。知る人ぞ知る機能かも知れません。

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp