ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

NASAのスピリット・マーズ・ローバーは、火星でミステリアスな成長を発見


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210215105055j:plain

NASAのスピリット・マーズ・ローバーは、科学の最大の発見になるかもしれない火星でミステリアスな成長を発見しました

 

40億年前、火星は今日の地球とよく似ていました。科学者のチームが、次のことを信じるのは当然のことです。彼らは惑星上の古代のエイリアン生命体の最初の兆候を発見したかもしれません。

以下のビデオで、この詳細について学んでください。

 


Mars Rover Found Mysterious Growths On Planet

(1:36) 2016/03/03

 

【ビデオ内容】

NASAのスピリット探査車(Spirit rover)は、火星での不思議な成長物を発見しました

これは、科学で最大の発見かもしれません

火星のカリフラワーの形をした鉱物は、古代のエイリアンの生命を指し示す可能性があります

40億年前、火星は、今日の地球によく似ていました

それは、生命を生み出す可能性のある条件を備えた、暖かく湿った世界でした

もしも生命が存在したのならば、火星のどこかに化石化した証拠があるはずです

そして科学者達のチームは、彼らがそれを見つけたと考えています

グセフクレーター(Gusev crater)のシリカで作られた独特の形の鉱物が鍵になる可能性があります

鉱物は、2006年にNASAのスピリット探査車により発見されました

そして、それらはここ地球上に形成された特徴によく似ています

エルタティオ(El Tatio,)と呼ばれるアタカマ砂漠(Atacama Desert)の地域で、チームは火星のようなシリカ鉱床を発見しました

チームは、これらの特徴が微生物の生命によって形成されたと、うすうす感じています

アタカマ砂漠は、火星と同様の土壌と環境を持っています

もしもチームが、地球上の鉱物について正しいのならば、彼らは火星の成長を形成したものについての強力な事例を持つでしょう

しかし現在、彼らの仮説は写真の証拠に基づいています

最終的には、生命存在指標(biosignatures)を試験するための化学実験室が彼らに必要になります

これには何年もかかります

次のローバーは2020年まで打ち上げられる予定はなく、NASAはいまだ着陸地点について議論しています

 

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

www.businessinsider.in(関連記事)

www.businessinsider.com.au

 

----- この記事を読んで -----

今月(2021/02/18)に後続の探査車が火星に上陸予定で、楽しみです。

さて、姉妹探査車のオポチュニティとほぼ同時期に活動を開始したスピリット探査車は、比較的早く機能停止してしまいました。しかしなかなか凄い情報をもたらしました。スピリット探査車からは、数多くのお宝映像があります。火星のどの地点に上陸したかの影響が大きいのかもしれません。

NASAは発表していませんが、火星の下等生物に襲われて故障し機能停止したのではないか、そんな印象も受けます。NASAは公式発表していませんが、NASAスタッフがエビと呼んでいるものに加え、昆虫のようなもの、海綿体のようなもの、胞子のようなもの...  いそうです。

ギガパンで見つけた本編に関連しそうな画像をご紹介させていただきます。いずれ機会がありましたら、いろいろとご紹介したいと思います。

 

f:id:Zzak:20210215112127j:plain

脊椎動物を連想するもの ギガパン Curiosity Sol 938 より

 

火星探査機 - Wikipedia

スピリット (探査機) - Wikipedia

パーサヴィアランス (探査機) - Wikipedia 2/18,2021 上陸予定

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp