ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

火星のロッククライミング:シミュレーション


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20201010134454j:plain

火星のロッククライミング:シミュレーション

(図 NASA Z-2 spacesuit prototype ウィキメディア経由 クレジットNASA火星 Pixabay)

 (Fig.) アーティクル・イメージ  Pacific Spaceflight Mark VII与圧服のトレント・トレッシュ氏のドライツーリング

 

オレゴン州(Oregon)ポートランド(Portland)に住んでいるならば、去年の8月にあなたが海岸に沿って歩いたときに、あなたは宇宙飛行士が崖をドライツーリング(dry-tooling)するのを見て驚いたかもしれません。「なぜあなたはそんなことをしているのですか」と、あなたは尋ねたかもしれません。彼はそれに答えて「テスト」と答えたでしょう。彼のスーツが火星のような地球外の物体にも有効かを確認するためのテストです。多くの既存の宇宙服は扱いにくく、他の惑星の表面探査を複雑にします。オープン-ソースのシンクタンクのパシフィック・スペースフライト(Pacific Spaceflight)社と協力している革新者、探検家、そして登山家であるトレント・トレッシュ(Trent Tresch)氏に参加してください。彼の目標は、安くて軽量で機動的な宇宙服を作ることです。(キャメロン・スミス(Cameron Smith)博士は2013年にパシフィック・スペースフライト社を設立しました。2016年にトレッシュ氏がチームに加わりました。)私達はそれが宇宙に登るのがどんなものであるべきかについてトリッシュ氏と話しました。私達はトレッシュ氏と、宇宙で登山するのを好むかについて話しました。

 

宇宙服で登るのはどのようでしたか

トレント・トラッシュ氏:それは激しいです。最初の数フィート以内に、心臓はあなたの胸から鼓動し、そして、外の空気に比べてスーツの中の冷却システムは効果が低いため、たっぷり汗をかいています。指にはほとんどグリップがありません、そして、手袋は素手と同じ動きと摩擦を許しません。テストのとき、私達はキャメロン[スミス]の古いアイス-アックス[アイス・クライミング用の登攀具]を取り出しました。あなたの手で登るよりも、道具とバランスを掴むのは簡単でした。

 


Trent Tresch prussiking in pressure suit

(1:14)  2017/11/05

ビデオ:トレッシュ氏は、テストの名目で、IVA宇宙服でロープを登ります。

 

火星の重力は地球の約62パーセント低い - それはどのようにクライミングを変えるのでしょうか

地球での体重が100ポンド(約45キログラム)ならば、火星での体重は38ポンド(約18キログラム)になります。私達が地球上でのクライミングで経験する緊張のいくつかは、体重を考慮すると否定される可能性がありますが、しかし、スーツの中に住むのに適した大気を維持する圧力があります。あなたの体はその抑制と戦わなければならないので、依然として動き回るのは難しいでしょう。

 

宇宙飛行士は、いつクライミングを必要とするかもしれませんか

エイリアン環境の探査中。私達は皆、アポロ時代の宇宙飛行士の月面上のビデオを見たことがあります。私達は火星で同じようにしており、大部分はサンプルを集めて研究を行っています。火星の初期のクライミングの多くは19世紀の登山のようなものになるでしょう - スクランブル/ 第3クラス/ 5.0難度。それは、ロボットが行けない、または、道具の一部のクレイジー・ラックでのエイド・クライミング[古典的登攀方法]の場所です。

 

あなたは、何をテストから学びましたか

表面レベルの難しさについて学びました。これは多くの将来のクライミングの最初のもので、そうして私達は基本レベルの理解を築き始めました。NASAや他の機関が長い間取り組んできたのは、ジョイント・モビリティ(joint mobility)です。私は個人的にハード・スーツを使ってこの問題に取り組むという考えが好きです。その理由は、それらに高い圧力をかけることができますが、それらを容易に動かすことができるからです。ソフトスーツでは、普通、圧力が高いと操作が難しくなります。ハード・スーツの欠点は、重くて高価なことで、そして、ぎこちないジョイントやベアリングに対応するために特定の方法で動かさなければなりません。 (YouTubeの「宇宙服バレエ」をチェックしてください。) 現時点では、ハードな部分、ソフトな部分の、ハイブリッドスーツのアイデアで取り組んでいます。

 


A Spacesuit Ballet

(2;34)  2011/03/31

 

ライミングは、あなたのスーツ・デザインの操作性をテストする新しいアプローチでしょうか

今のところ、私達の焦点はIVA宇宙服(宇宙船の中)ですが、しかし、私達はEVA(宇宙船の外)に移ります。それは私達のスーツを、熱気球でアームストロング・ライン(63,000フィート)へパイロット飛行をした後のことです。ほとんどのスーツはフライトのみ – 大気圏を出入りするため - または、スペース・ウォークのため - にしか使用されないため、クライミングはスーツをテストするための新しい方法です。探検の鍵となるスーツは、ハイキング、クライミング、ほこり、氷など、あらゆることに対処できます。

 

火星での岩は、どのようなものでしょうか

私の限られた地質学的なバックグラウンドから、砂岩(sandstone)、頁岩(shale)、玄武岩(basalt)、その他があることを私は理解しています。火星の多くはかなり埃っぽいので、最高のクライミングは円柱状の玄武岩になると思います;それかマウンテニアリング[登山]か。私たちがボルダリング[岩登り]をする可能性があるいくつかの致命的な隕石もおそらくあるでしょう。

 

 

----- 出典 -----

www.climbing.com

 

----- この記事を読んで -----

宇宙服の開発、地味な側面もありますがなかなか大変そうです。

大気圧や温度、放射線など地球とは違った環境から人間を守らなくてはならない。呼吸できる空気の供給や、温度維持、長時間の装着となった場合の飲食や排泄の部分などの生命維持装置も込み込みです。生命維持装置のコンパクト化やその運転時間などの課題も山積です。

そして、転んだ時の起き上がりやすさだけでなく、根本的な動きやすさの追求。手助けなしでの単独での着脱しやすさ。また、宇宙服を装着したら、顔がかゆくてもかけないなどの目立たない問題もあるのでしょう。

もしも革命的な優れたアイディアがあれば、採用されるかもしれません。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp