ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

火星は、何十億年もの間大きな川を持っていました


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210331234424j:plain

火星は、何十億年もの間大きな川を持っていました

(図 Finding Evidence of Water on Mars クレジットNASA)

(Fig.) アーティクル・イメージ NASAのマーズ・リコネッサンス・オービーター(Mars Reconnaissance Orbiter、MRO)が撮影した、火星の保存された河川水路の標高を示す色付きの写真(青は低く、黄色は高く)。このシーンの高度の範囲は約115フィート(35メートル)です。

 

水は断続的だが激しく流れました。

惑星がその大気の大部分を宇宙に失ったずっと後に、火星は大きな川を持っていた、と新しい研究は提示しています。

太陽の粒子がエア・ストリッピング運転して引き起こされた、そのたいへんな希薄な大気は、ほぼ37億年前までに完成し、火星は、地球よりも遥かにわずかな大気になっていました。しかし、火星の河川は10億年前まで完全に乾いていなかっただろうことと、新しい研究は発見しました。そしてこれらの水路は大きく、平均して地球上のものよりも広くなっていました。

「私達は、火星ではその歴史の早い時期にただ1つの雨期しかなく、それから乾燥したことを見始められます」と、シカゴ大学(University of Chicago)の地球物理学の助教授の、研究主執筆者エドウィン・カイト(Edwin Kite)氏は、Space.comに述べました。「それはそれ以上に複雑です; 複数の雨期がありました。」

カイト氏と彼の同僚は火星の古代の水路の全域調査を行い、軌道から捕捉された画像や他のデータを使用して200以上のそのようなシステムを特徴付けました。彼らは、周囲の地形のクレーターを数えることによって、これらの川の年齢推定値を導き出しました。

チームの仕事は、次のことを提示しています。火星の川は断続的に流れましたが、しかし、惑星の45億年の歴史の多くについて激しく、降水を伴う流出がありました。川の印象的な幅 - 多くの場合、同等な地球の集水域の2倍以上 - は、その強度の証です。

火星の河川がどれだけの量の水を運んでいるかは不明です。なぜなら、その深さを推定するのが難しいからです。深さを決定するには、一般的に河床の岩石や小石の詳細な分析が必要になると、カイト氏は述べました。そして、そのような研究は、NASAのキュリオシティ(Curiosity)ローバー[探査車]が2012年以来探検してきたゲール・クレーター(Gale Crater)のような、火星上のいくつかの場所でしか行われていません。

古代の火星の川は、ほんの数カ所にしか流れませんでした; むしろ、それらは惑星全体に広く分布していたことを、カイト氏と彼の同僚は発見しました。

 

NASA Finds Mars Could Have Supported Life - YouTube

(1:25) 2013/03/13

 

研究者達が、火星には複数の雨期があったことを、初めて提示したのではありません。しかし、今日(2019年3月27日)、サイエンス・アドバンス(Science Advances)誌にオンラインで掲載された彼らの研究は、惑星の気候の歴史と生命をホストする可能性についてより良い理解につながるかもしれない新しい詳細を提供します。

例えば、河川の大きさは、それらが連続的に流れていることを示しており、火星の日の最も暖かい期間の数分間だけではありません。(「連続的」とは、もちろん相対的な用語です; 流出に関連した流れは、より長い時間スケールで断続的でした。)

また、火星が枯渇したとき、川は最後まで明らかに強く流れていました。

「あなたは、それらが時間が経つにつれて徐々に衰退することを期待するでしょうが、しかしそれは私達が見るものではありません」と、カイト氏は声明文で述べました。「1年で最も雨の多い日は、依然としてとても濡れています。」

新しい研究はまた、科学者達はまだ火星の気候の進化について学ぶことがたくさんあることを示しています。例えば、惑星の薄い大気は、どのようにして豪雨を助長するのでしょうか。どのようなプロセスまたは複合プロセスが、長期にわたる明らかな乾湿サイクルを運転したのでしょうか。

「私達の仕事はいくつかの既存の質問に答えますが、新しいものを上がります」と、カイト氏は声明の中で述べました。「どちらが間違っているのでしょうか:気候モデル、大気進化モデルか、または私達の太陽系内年代の基本的な理解でしょうか。」

改良されたモデリング技術は、この質問に答えるのに役立つでしょう。と、カイト氏は述べました。そして、ゲール・クレーターの中心から上昇する高さ3.4マイル(5.5キロメートル)のシャープ山のスケール[縮尺]で、キュリオシティのデータが継続的に収集される可能性があります。

ました。来年の7月に発射予定の生命探索ロボットは、火星のジェゼロ・クレーター(Jezero Crater)中の古代の川の三角州を研究するでしょう。

もしも、火星の気候史のより明確な像が浮かび上がったのならば、それは赤い惑星(Red Planet)の研究を超えた応用を持つかもしれません、とカイト氏は述べました。

「私達のような研究は、私達に惑星の住みやすさについて理解を深めます。そして、火星から太陽系外の惑星まで一般化できます。」と、彼はSpace.comに伝えました。

 

 

----- 出典 -----

www.space.com(同様な記事)

www.universetoday.comwww.news.com.au

 

 

----- この記事を読んで -----

未だ人間が現地に行って腰を据えて調査できるわけではないので、MROの画像解析や、ローバーからの限定エリア情報から、いろいろと調べています。気の遠くなるような作業なのでしょう。
一般的な想像では川や海はあっただろう、そんなことも分からなのいの !? となるのですが、科学はデータの積み重ねた事実探求なので時間がかかります。少しずつでも興味深いことが分かってきます。

 

----- パズルのピース ------

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp