ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

オポチュニティ・ローバーはまだ火星で沈黙しています、叙事詩の塵の嵐が始まって4ヶ月後


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200726032701j:plain

オポチュニティ・ローバーはまだ火星で沈黙しています、叙事詩の塵の嵐が始まって4ヶ月後

(図 ローバーオポチュニティ クレジットNASA)

(Fig.) アーティクル・イメージ

NASAのオポチュニティ火星探査機によるこの2017年6月の写真は、プリサベーランス渓谷(Perseverance Valley)のすぐ上のエリアを示しており、14マイル幅(22キロメートル)のエンデバー・クレータ(Endeavour Crater)の縁に位置しています。オポチュニティは、2018年6月10日以来、塵の嵐がこの地域を暗闇に突き落とした後、沈黙しています。

クレジット:NASA / JPL-Caltech /コーネル大学/アリゾナ州立大学

 

オポチュニティ(Opportunity)ローバーの火星の沈黙の延長は、今では4ヶ月に達しています。

オポチュニティが6月10日以来の撮影をしていませんでした。その頃、塵の嵐が発生し、暗闇の中でその周辺が覆われました。太陽電池で動かされたローバーがバッテリーを充電するのに十分な日光を収穫するのを妨げました。

火星の塵の嵐は、10日後に惑星全体を覆うように成長しました。しかし、7月下旬に大嵐が鎮まって、空はその後の数週間にわたって澄み渡りました。9月11日までに、オポチュニティの場所に近い条件 - 14マイル幅(22キロメートル)のエンデバー・クレータ(Endeavour Crater)の縁にある谷 - は、ローバー・チームが雨あられのような努力を強化するのに十分なほど良好で、45日間の「アクティブ・リスニング[応答を試みる]」作戦を開始しました。[火星の塵の嵐2018:オポチュニティ・ローバーへの意味とは]

その作戦は現在3分の2を超えており、6輪のロボットからはまだ何もありません。もしも時間を使い果たすとオポチュニティは、NASAは、回復計画と努力を再評価する、と政府当局者は話しました。しかし、技術者と専門家はオポチュニティからの応答を少なくとも1月まで、よりパッシブなモードで引き続き聞いていきます、とミッション・マネージャーは言いました。

敬うべきローバーは、暗闇と激しい火星の寒さの組み合わせで死んでいるかもしれません。電力がなければ、オポチュニティは搭載のヒーターを使うことができません。しかし、この比較的遅い時期にあっても、まだ希望があります。

「最近の惑星規模の塵の嵐によってローバーの太陽電池パネルに堆積した塵の層は、電池を充電できる日光を遮断しています。 どのくらいの量の塵がそのパネルに堆積しているかは誰にも分かりません」と、NASAの関係者は、昨日(2018年10月11日)アップデートで書きました。

「火星の風の強い時期 – オポチュニティのチームに『ダスト・クリア・シーズン』として知られている - は、11月から1月の期間に発生し、過去にローバーのパネルを清掃するのに役立っています」と、彼らは付け加えました。「このチームは、一部の塵の除去がこの期間にローバーからの応答があるかもしれないことを期待しています。」

オポチュニティは2004年1月に火星に上陸し、3週間後に双子のスピリット(Spirit)は、赤い惑星の別の部分に着陸しました。どちらのロボットも、液体の水が古代火星の表面を流れた多くの証拠を見つけました。

スピリットとオポチュニティは3ヶ月間歩き回るように設計されていますが、どちらのローバーも、赤い塵の中での保証に基づきます。スピリットは2011年まで死んだと宣言されておらず、オポチュニティは粉塵の嵐が襲うまでうまくいっていました。

NASAの他の活発な火星探査機キュリオシティは、原子力に依存しており、故にこの嵐の影響を比較的受けませんでした。

 

----- 出典 -----

www.space.com

 

----- この記事を読んで -----

2018年10月12日の続報です。なんとか復活できるといいのですが。この後、担当チームの努力にもかかわらず、ローバー・オポチュニティが復活することはありませんでした。ローバー・オポチュニティが探査していたのはエンデバー・クレータ付近になります。

これまで、火星には間違いなく生物が暮らしている、NASAが公式見解を出さない/出せない、かなりなお宝映像を提供してくれている意味で注目していたローバーです。生物は、地球の常識では考えられない環境に合わせて生存し繁殖できる、こんな印象です。ローバー・オポチュニティが見せてくれたことです。地球外の生物、つまりエイリアンのことです。

近い将来、人類が火星に上陸したときに、これらのエイリアン達に遭遇することでしょう。彼らも食物を求めて移動してくるのでしょうから、不幸な出会いにならないことを願っています。こうしたことが近い将来、公式に発表されることを期待しています。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp