ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

NASAは、火星での最初の人類となるための17歳の女の子を準備しています


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200525204354j:plain

NASAは、火星での最初の人類となるための17歳の女の子を準備しています

( 図 火星 Pixabay)

(Fig.) アーティクル・イメージ

17歳の若者は、NASAの赤い惑星への最初の旅のための訓練をしています。そこでは2 - 3年を過ごします。 (写真:NASAブルーベリー)

 

アリサ・カールソン(Alyssa Carson)氏は3歳の時に宇宙に恋し、現在は火星に着陸する初の人類となるためにライフワークの仕事をしています。

17歳の若者は、NASAの赤い惑星への最初の旅のための訓練をしています。そこでは2 - 3年を過ごします。

それは「バックヤーディアンズ(The Backyardigans)」 - 「火星へのミッション(Mission to Mars)」というエピソードを特集したテレビ番組で始まりました。エピソードを見た後、彼女の残りの人生は総て宇宙に焦点を当てるでしょう。

カールソン氏は、アラバマ州(Alabama)ハンツビル(Huntsville)にあるNASAの米国宇宙キャンプで、彼女の旅を始めました。

 

(Fig.1) アリサ・カールソン、17歳

 

「私のお父さんは、私と一緒に総てを通らなければなりませんでした。 私の人生の最高の週末でした。 私は知りたいと思っていた宇宙について総てを学びました。 私は毎年続けていました」とカールソン氏は言いました。

今のところ、火星へのミッションは2033年に予定されています。彼らは宇宙打ち上げシステム(Space Launch System、SLS)ロケットで移動し、オリオン宇宙船(Orion spacecraft)を使います。

「現在のテクノロジーでは、火星に行くのに6ヶ月かかるでしょう。私達は1年以上そこにとどまります。何故ならば、私達は惑星が一列に並ぶのを待たなければならないからです。そして、9ヶ月の帰路になります。」とカールソン氏は言いました。「これは2年から3年のミッションになります。」

カールソン氏は新しい発見をし、火星についてもっと学びたいと言います。彼女は次のように言います。彼女は水のサンプルを見て、彼らが人生の兆しを見つけることができるかどうかを見て、そして歴史を明らかにします。

「何がそこで起きているのかを理解するために、私達はどのようなリソースを見つけることができるのか」と、カールソン氏は言いました。「私達が達成するために大変に重要だと思うものです。」

 

(Fig.2) アリサ・カールソン、17歳

 

火星へのミッションまで、彼女は準備を続けキャリアの構築を続けます。現在、彼女はパイロットの免許資格取得、水中生存訓練、スキューバダイビング認定資格などの取得に取り組んでいます。

「あなたの夢に従ってください。私が3歳の時に、私は火星に行きたいと思っていると言いました。それは絶対におかしな事です。しかし今、私はここで実際の訓練をしています」と彼女は言いました。

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

www.beautyofplanet.comwww.dailymail.co.ukwjla.com

thenextweb.com

 

----- 参考ビデオ -----


Mission To MARS! 15-Year-Old Alyssa Carson Could Be The First Human On Mars

(7:38) 2016/10/28

 

(NASAのオリオン宇宙船のコマーシャルビデオ、フェイスブックより)

www.facebook.com(火星の空撮ビデオ、フェイスブックより)

www.facebook.com

 

----- この記事を読んで -----

2033年がミッションの目標とのことで、33才頃のカールソンさんの火星実況を聞くことになるかもしれません。初期の有人火星探検は、おそらく片道切符になるのではないと言われています。このことを承知で行くとしたら、凄い決断だと思います。

地球と火星での往来航路が当たり前になるのは、いつのことでしょうか。

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp