ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

私達のお気に入りの火星探査機の1台は、本当に死んでいるように見え始めています


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200720042809j:plain

私達のお気に入りの火星探査機の1台は、本当に死んでいるように見え始めています

(図 ローバーオポチュニティ クレジットNASA)    (Fig.) アーティクル・イメージ

 

2ヶ月間の沈黙

火星に広がる塵の嵐は、NASAのローバー・オポチュニティ(Opportunity) (その惑星で最長のロボット)の未来を脅かしています。

ゴルフ・カート・サイズの車両は、2003年6月に火星に向けて打ち上げられ、2004年1月に着陸し、3ヶ月運用されるとされていました。今日、ローバーは15歳で、ソーラー発電を使って赤い惑星[火星]の表面を横断し、マラソンのマイル価値を上回っています。

しかし今、オポチュニティが問題になっているようです。

2カ月近くの猛威を振るった長期間の惑星規模の塵の嵐のおかげで、オポチュニティは6月10日に眠りに落ち、故郷と交信しませんでした。

惑星規模の塵の嵐は数年に1度現れ、惑星をくすんだ赤色のもやで覆います。NASAはこれが今まで記録された「最も強烈なものの1つ」だと言いました。

「これはオポチュニティが今までに見てきた最悪の嵐であり、私達はできることをしており、十字を切って、最善を願っています」と、コーネル(Cornell)大学の惑星科学者でありローバー・ミッションのリーダーであるスティーブ・スクイレス(Steve Squyres)氏は、最近の惑星協会(Planetary Society)のためにA.J.Sレイル(A.J.S. Rayl) に語りました。

なぜ塵の嵐はオポチュニティを危険にさらしているのでしょうか。

火星の気象イベントは、オポチュニティのソーラーパネルへ光を遮断するだけでなく、細かい塵で覆ってしまいます。このダブル・パンチは、電気エネルギーを貯蔵して使用するローバーの能力を劇的に低下させました。

寒さは火星にとって大きな問題で、赤道付近で冬の気温が-100°F(-73°C)に低下する可能性があります。このような低温は、電子回路内の金属の断片を縮め、断線させます。

プルトニウム238と呼ばれる核物質の小さなボタン電池は、オポチュニティの回路を温かく保つのに役立ちますが、物質は永遠に続くことはなく、充分に減衰します - ローバーのシステムを完全に保護するのに十分なほど暑いわけではないのです。

つまり、オポチュニティは、まだバッテリーの充電をし続けるために電気を必要としていることを意味し、回路のウォーミング・ヒーターを作動させ、そして地球上のNASAミッション・コントロールと交信してください。

電池の残量が少なすぎることも問題です。それらが活動していない時間が長くなればなるほど、電気の保存量は失われます。もしも嵐がすぐに終わらず、火星の粉塵の悪魔がオポチュニティの太陽電池パネルからホコリを吹き飛ばさないならば、NASAによれば電池が消耗したり、あるいは突然電圧が下がる可能性があると言います。

それが起こった場合、またはローバーがさまざまな「難点モード(fault modes)」を回復できない場合、オポチュニティはスピリット(Spirit)のランクに加わります。スピリットは、ほぼ同様な姉妹ローバーです。

「スピリット」は、2010年3月の火星の冬の間にNASAとの交信をやめました。エンジニアは、スピリットとの接触を1年以上前に取り戻そうとしましたが、交信は終了しました。(スピリットは、赤い惑星のもう1つの死んだロボットでしょう。)

 

今すぐ良いニュースのために

NASAは8月16日にプレスリリースで次の発表をしました。嵐が弱まっているように見えるので、「楽観的な理由があります」。これは、電池を充電し故郷と交信するために、すぐに十分な太陽光がオポチュニティの太陽電池パネルにあたるかもしれないことを意味する可能性があります。

電池は嵐の前に「比較的良好な」動作状態にあり、「あまりにも多くの劣化が起きる可能性は低い」と代理人は言いました。塵の嵐はまた、環境を暖める傾向があり、回路を破壊する寒さを緩衝するのに役立ちます。

オポチュニティは、まだ「森の外ではない」です。NASAのある代表は、ビジネス・インサイダー(Business Insider)誌に語りました。  ローバーの状態に「更新なし」があり、代理人はまだ聞いていないことを意味します。

これは太陽光発電ロボットが、エネルギーを節約するために火星で冬眠した最長期間の1つです。オポチュニティは、既に10年半ほど、設計された寿命を押し進めました。それはどうやっても若くなってはいません。

「エンジニアがオポチュニティから返信を聞いても、ローバーが同じではない可能性があります」とNASAは述べました。 「それが交信するまで、ローバーが何をしているかは、誰にも分からないでしょう。」

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

www.sciencealert.comwww.businessinsider.comwww.discovermagazine.comwww.scientificamerican.com

 

----- この記事を読んで -----

2018年8月28日に掲載されたものになります。

地球からは遥かな地となる火星で探索にあたっていたローバー・オポチュニティが、再起動できずに停止してしまったという残念なニュースです。火星での環境や、どんな障害があるのかが分かる内容でした。

なお、現存する可動式の探査車はローバー・キュリオシティだになりました。2020年7月30日には、後継のローバー・パーセヴェランスが打ち上げられたところです。この先の探査も楽しみです。

 

火星探査機 - Wikipedia

マーズ・エクスプロレーション・ローバー - Wikipedia

マーズ・ローバー - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp