ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

NASAは、火星でオポチュニティ探査車を呼び出す最後の試みをしました


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20201216205439j:plain

NASAは、火星でオポチュニティ探査車を呼び出す最後の試みをしました

(図 Mars Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

オポチュニティ(Opportunity)は、火星への世界的な塵埃嵐の後、何ヶ月も沈黙しています。

憂鬱な期限は、NASAの長く沈黙したオポチュニティ火星探査車に、ほぼ近づいています。

火星の砂ぼこりの嵐に耐えようとした去年6月から反応(peep)をしませんでした。NASA関係者によると、オポチュニティを喚起するための最後の計画された試みが、火曜日遅く(2019年2月12日)に行われました。

当局はまた次の発表をしました。2月13日午後2時EST(1900GMT)の記者会見で、今日のオポチュニティの状況を更新します。 ジム・ブリデンティン(Jim Bridenstine)NASA支配人、エージェンシー・サイエンスのトーマス・ズルブヘン(Thomas Zurbuchen)長官、オポチュニティのジョンカラス(John Callas)プロジェクト・マネージャ、ミッションのスティーブ・スクワイア(Steve Squyres)主任研究員、そしてその他の主要人物をフィーチャーした会見です。[2018年の火星の嵐:それはオポチュニティにとって、どんな意味でしょうか]

ゴルフ・カート・サイズのオポチュニティは、双子のスピリット(Spirit)が惑星の別の場所に着地した数週間後の2004年1月に火星に上陸しました。両方の太陽光発電ローバーは、過去の水の活動の兆候を探すために90日間の地上ミッションに着手しました - そして両方とも信じられないほど成功しました。

スピリットとオポチュニティは、火星が数十億年前に比較的暖かく湿った世界だった多くの証拠を見つけました。そして、科学者が惑星の進化と生命をホストする可能性についての理解を再構築しました。そしてデュオ(2人組み)はただ動き続けました。

 

 

NASAは2011年までスピリットの死を宣言しませんでした、そして去年の5月下旬に怪物級の砂塵嵐が発生するまで、オポチュニティは勢いを増していました。渦巻く塵が、日光がオポチュニティに到達するのを妨げ、6月10日に沈黙しました。

ミッション・チームのメンバーはそれ以来ずっとローバーを喚起しようとしてきました。同様にして彼らは、オポチュニティからの如何なる可能な信号でも聞いていました。

 


Watch NASA's Opportunity Rover Launch to Mars

(3:02)  2019/02/12

 

この「積極的な聴取」キャンペーンには、何ヶ月ものローバーの沈黙の後にでさえも(復旧する)結果を生むことができるという希望がありました。オポチュニティの位置  - 幅22 km(14マイル)のエンデバー・クレーター(Endeavour Crater)の縁 - での風の強い季節は、11月まで始まりませんでした。そしてミッション・チームのメンバーは、オポチュニティのソーラー・パネルから粉塵を吹き飛ばすのに良い突風が必要なだけかもしれないと考えました。

本日の説明会の他の参加者は、NASAの惑星科学課(Planetary Science Division)のディレクターを務めるロリ・グレーズ(Lori Glaze)氏、ミッション・プロジェクトの科学者マット・ゴロムベック(Matt Golombek)氏、副プロジェクト科学者のアビゲイル・フレーマン(Abigail Fraeman)氏、カリフォルニア州パサデナにあるNASAのジェット推進研究所(オポチュニティのミッションを管理)の責任者であるマイケル・ワトキンス(Michael Watkins)氏、NASAの次の火星ローバー・ミッションであるMars 2020のプロジェクトのシステム・エンジニアであるジェニファー・トロスパー(Jennifer Trosper)氏です。

 

午後2時にSpace.comをご覧ください。 ESA(1900 GMT)はNASAのオポチュニティ探査車の発表を完全に網羅しています。

 

 

----- 出典 -----

www.space.com

 

----- この記事を読んで -----

何回か、ローバー・オポチュニティのその後に注目していましたが、残念ながら復活はしませんでした。多数のお宝映像を残してくれました。各探査車の映像を精査すると、NASAが発表を控えている火星の一面を知ることができます。

現在、火星で稼働している探査機は、ローバー・キュリオシティ(2012/8/6上陸)と、固定式のインサイト(2018/11/26上陸)があります。また、ローバー・パーサヴィアランスは、このまま順調に行けば、来年2021年2月に上陸予定です。期待したいところです。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp