ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ロシアは、南極大陸が私達に言われているようではないことを明らかにしています


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200430103047j:plain

ロシアは、南極大陸が私達に言われているようではないことを明らかにしています

( 図 ヴォストーク湖 クレジットNASAウィキメディア経由)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

ロシアによれば、南極は人々の考えているものではありません。どうやら、アメリカとロシアの政府は南極大陸が本当に何を維持しているのか、両国が知っているように最高機密で、本当に何が起こっているのかについては、彼らは今までに一度も話したことがありません。

ロシアは最近、南極で、氷の下に隠された別の大陸があることを明らかにしました。そして、これは嘘の古代文明がどこにあるか多くの人が考えます。一部の偉大な指導者の関心を集めてきたものだと、言われていることです。現在、南極大陸には禁止があり、政府が重要な発見を秘密にすることを選択したのか、人々は不思議に思っています。

ロシアの科学者達は、南極大陸の氷の下にある数百の湖を発見しました。これらはあなたが思ったように凍結されていませんが、1000万年以上に渡って孤立してきた淡水でできています。科学者達は掘り進んで氷を貫通し、最大の湖に達しました。これには10年かかったと言われています。エレベータが、現在は穴に設置されており、南極大陸の氷の下に8人のチームが達し、隠された湖を明らかにしました。

 

ロシアの科学者は、生体46Bと呼ばれる殺人的な生物を発見した

 


Is Russia Weaponizing The Giant Squid?

(6:43)  2017/02/07

 

ロシアの科学者達は南極大陸で、彼らは生体46bと呼ばれるクリーチャーに出合ったときに困惑していました。このクリーチャーは、毒で捕らえた獲物を麻痺させ、その後それをゆっくりとむしり裂く事実により、極めて危険だと言われています。このクリーチャーは、海と氷の下に潜んでいる怪物がいる理論が立証されています。ロシアの科学者達がこの地域を研究していたとき、彼らは生体46bと呼ばれる恐ろしい生物を見つけました。そのクリーチャーは大きなタコのようなもので、14本の腕を持っていると科学者達は言いました。そのクリーチャーは強い毒で人々を麻痺させることができ、それは150フィート(45.7メートル)以上離れたところから行うことができます。ロシアのクルーの1人が生き物によって殺されたと報告されています。

科学者達は、そのクリーチャーを研究するために獲りました。そして、彼らはそれがインド洋で発見されたミミック・オクトパス(Mimic Octopus)と生体46bの間の交わりのようだと言います。クリーチャーはタコのカモフラージュ力を持っていると言われていますが、さらに擬態をすることができます。あるクルーは、その生き物が人間のダイバーの姿に姿を変えるのを見ました。そしてこの能力ゆえに、それが秘密にされていることは不思議ではありません、と言いました。この目撃者は、それが乗組員の一人であると思うように彼を騙し、クリーチャーに殺されたと言いました。これは乗組員がクリーチャーを捕らえてタンクに入れる、きっかけになりました。彼らは自分自身を守るための信じられないほどの能力と技能を持った毒液を使いました。ロシアの科学者達は、彼らは毒物と一緒にその能力を調べることができるように、そのクリーチャーを獲ったと言いました。現時点では、南極の氷の下に何が隠れていのかはまだ秘密です。

 


Russia Reveals Antarctica is Not what we're being told

(2:59)  2018/02/06

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

Russia Reveals Antarctica Is Not What We’re Being Told – Disclose.tv

 

www.nationalgeographic.commedium.com

 

 

----- この記事を読んで -----

未だに調査の手が行き届かず、ミステリアスな事が多くさまざまな話題を提供する南極。近くなのに遠いい存在。そんな南極に、UMA(Unidentified Mysterious Animal、和製英語 )のストーリーがあってもおかしくはないのかもしれません。

ただし、数々のUMAのストーリーがありますが、その存在は未だ発見されていませんし、噂や逸話の範囲だけなのかもしれません。

地底湖、つまり水があって氷りになっていないのならば、0 ℃ (正しくは塩水の、モル凝固点降下の分がありますが)以下ではなくて、こうした温度で生きられる生き物なのでしょう。-30 ℃ や、-100 ℃ になることはない環境です。なるほど、生き物が暮らして居そうです。

ところで、地底湖のような太陽光が届かない場所。そうした漆黒の世界で暮らす生き物は、視覚が退化する特殊化が進みます。ダイバーを見て、ダイバーの姿に化けるとなると、視覚は退化していないようです。

視覚があるとなると、地底湖と太陽光がさす世界を行き来している生き物なのでしょうか。海洋で、十分な太陽光が届くとなると、深度 -100 m よりは遙かに浅い世界に居ることになりそうです。

それとも、視覚の退化を逃れた漆黒の世界だけに暮らす生き物なのでしょうか。ミステリアスな生き物です。

 

未確認動物 - Wikipedia

Lake Vostok - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp