ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ロシア人は南極のアヌンナキに会った - ビデオがあります


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200421201247j:plain

ロシア人は南極のアヌンナキに会った - ビデオがあります

( 図 南極 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

この惑星は、65年以上にわたり、多くの主要な出版物、映画、本などで述べられています。私達の時代の最も輝かしい科学者達の中で、最も人気のある一人は米国海軍天文台(US Naval Observatory)のロバート・S・ハリントン(Robert S. Harrington)博士の中で、彼は惑星探査に出発しました。彼と著者のゼカリヤ・シッチン(Zecharia Sitchin)氏は両者ともにその場所を理論化し、この物体の経路を探索しました。彼等は極めて異なる方法で結論に達しましたが、彼等はその存在に合意し、ハリントン博士は物体の位置を特定したと信じていました。悲しいことに、彼は彼の仮説を証明する前に、突然の喉の癌で亡くなりました。だがしかし、彼はそれを見つけるために建設されるべき特別な望遠鏡を手配しました。

物体の大きさ、場所、概観については多くの理論がありますが、しかしながら、多くのアマチュアとプロの天文学者は、冥王星(Pluto)と天王星(Uranus)の軌道の乱れがあることが証明されていることに同意しています。近年、この理論は主流のメディアで再び沸騰しています。それは、長年抑圧された後、太陽系内に大きな天体があり、それが内惑星の正常な動きに動揺を与えています。最近の大規模な地球の変化、地震、火山、動物の死滅などで、もしあなたがニビル理論(Nibiru theory)を割り引くなら何が起こっているのか、正確に説明するのが難しくなっています。ですが、あなたがそれを方程式に加えれば、完璧な意味があるようです。

私は何年もの間、このテーマを深く研究し、ハリントン・フェラダ(Harrington Ferrada)氏、マスターズ(Masters)氏、ブルサード(Broussard)氏、その他多数、多くの人たちの著作をこのプロセスで読みました。この記事は1955年にポピュラー・メカニクス(Popular Mechanics)誌に掲載されて以来、それは何百ものブログ、YouTubeチャンネルなどの話題になることは言うまでもありませんが、多くで主役となっていました。

今、私は長年の研究をYouTubeに紹介しています。そして、私は、それが存在することを証明するだけでなく、ときには地球に危険なほど近くに来て、それが近づくたびに大きな災害を引き起こす、こうした事実があると信じています。私達の生活の中で最も偉大で最も重要な発見を探求するにあたり、私と一緒にいてください。私達の銀河がバイナリー星の銀河である可能性や、私達の惑星の接近パターンにそれをもたらす細長い軌道を持っている悪党の惑星の存在、これらについて見てみましょう。個人的には、私と他の総ての信者が間違っていると願っているのは、それが正しいという結果になるためだからです。私は私達の惑星、もしくは私達の太陽系内の他のことで大惨事を望んではいません。私達は脆弱なゾーンに住んでおり、それが崩壊すると、地球と人類の顔を一変させる可能性があります。まだですが、宇宙の広大な宇宙に由来するトラブルを経験することはないと信じ、毎日を盲目的に過ごすより知って準備する方が良いです。私達の世界の存在に直面している最も重要な単一の問題であるかもしれないことについて、ディスカッションに参加し、研究を行いあなた自身の結論を出してください。

 


Russians met the Annunaki at the South Pole - Video is here

(30:06)  2016/12/02

 

YouTubeのコメントを見ると、いくつかの妥当な説があるようです。

 

「堕天使達(fallen angels)はアヌンナキ(Annunaki)種族です。彼等は、金のために地球を訪問していません。彼等は違法行為を宣告され、地上に投獄されました。地球を覆うドームまたは「大空」は、誰かを保護するために置かれたものではありません。当時、アンヌナキの存在だけがここにありました。ドームは、彼等の最終的な審判まで、彼等を生かすためにここに置かれました。それ以外だったなら、今、彼等は死んでいたでしょう。太陽の光は、極めて寒い環境に慣れていたのですぐに敵になりました。また、その判決の一部は、腹を永遠に這うことで、また彼等はその状態に移行しています。(文字通り)彼らは弱く、強い人間の血が必要です。生命は血の中にあるからです。彼等は物語で語られるように金を採掘しませんでした。彼らはドームを切って開けるためにダイヤモンドを探していました。これが、米国、ロシア、ドイツなどがすべて同時に空に核を撃った理由です。彼等は、ガラスを壊したり、傷をつけたり、切ったり、割ったりするように指示されていました。ダイヤモンドについて言えば、そのピラミッドは三角形ではなく、ダイヤモンドです。もう半分はいつも地下にあります。これはクリミア(Crimea)でピラミッドが発見された昨年、ロシアと米国の両国は、先に獲得するために競争しました。 世界がピラミッドと呼ぶこれらのダイヤモンドの地下の部分に、彼等は情報、知識、貴重な人工物を見つけました。」

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

www.soulask.com

steemit.com

 

 

----- この記事を読んで -----

天文学的に全く証拠がない太陽系の惑星ニビル。地球型の惑星であれば、極低温過ぎて有機物の生物が暮らせる環境ではないでしょう。太陽系の惑星だとされるニビルの存在は否定されています。

ただし、これは私達の科学技術水準での考察であって、科学的な予測としてのカルダシェフ・スケールの上位の文明であれば、この限りではありません。ニビルとは、サイエンス・フィクションの予想を借りれば、映画スターウオーズに登場するデス・スターのような巨大な都市型の宇宙船、または何がしかの移動方法を備えたか / もしくは移動している浮遊惑星、このような人工的な天体なのかもしれません。

なお、本文に貼られたビデオは、以前からよく出回っていたロシアのもので、弟2次世界大戦後、南極での弟三帝国の話でした。

本文最後のアヌンナキ部分は一歩踏み込んだ解釈で、想像力をかき立てられます。アヌンナキが、流刑星の地球に投獄された者達であった。なかなか興味深い仮説です。

 

NEXT アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

PREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

DNAミステリー

zzak.hatenablog.jp

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp