ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ロシアは、政治的反体制派のトランプ支持者達「迫害」に対して対してバイデン政権に一撃する


f:id:Zzak:20210219055043j:plain

ロシアは、政治的反体制派のトランプ支持者達「迫害」に対してバイデン政権に一撃する

(図 Kremlin Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

ロシアは、政敵の人権を守るために米国に呼びかけます

ロシア外務省は次のような声明を発表しました。「最近の大統領選挙の結果に同意しない誰に対しても」行われている「進行中の迫害キャンペーン」に対して、ジョー・バイデン(Joe Biden)氏の下での米国政府を非難します。

 

声明で、ロシア外務省(Russian Foreign Ministry)のスポークスウーマン、マリア・ザハロワ(Maria Zakharova)氏は、ジョー・バイデン大統領の下での、米国での人権状況の痛烈な評価を行いました。

ザハロワ氏は、米国で進行中のトランプ支持者達に対する取り締まりについて次のように説明しています:

「FBIは伝えられるところによれば、400以上の刑事事件を開き、500以上の捜査令状と容疑者の召喚令状を申請しました;また、約200人が告訴され、拘留されました。 わずか数十人の被告が、保釈されたか、軟禁されました。 他の人達は、家族や社会的サークルのメンバーとともに、厳しい圧力の対象となっており、「都合が良い(convenient)」証言をするように強制されています。そのうえ、公式に起訴されていない人々は仕事を失っています;彼らはソーシャルメディアでバン[アカウント停止や削除による追放]され、公然と排斥されています。」

彼女はまた、この選挙運動に関与する「法執行機関の客観性」に疑問を呈しました。次の注意をしてください、彼らは命令の下で、「2021年1月6日の事件を暴動と宣言した現政権の説話に沿って」行動していました、「そして略奪者以外の全員、その日に米国議会の近くにいた誰もです。」

彼女は続けて、次のことを正しく指摘しました。1月6日の集会のほとんどの参加者は、暴力的な暴動ではなく、平和的な抗議者でした。

「実際、それらの人々の大多数は、自国の状況を懸念する一般市民でした」と、彼女は言いました。 「これらは大統領に投票し、彼らの意見を擁護した7400万人の有権者でした。」

彼女はこう警告しました、政権の取り締まりは、バイデン氏の統治に向けて、広範囲にわたる不満を解決しなかったでしょう:

「彼らの抗議は、ただ消え去るだけではありません。 あなたは、敷物の下で不満を一掃することはできません。 米国が、ロシア尊重して使用することを許しているレトリックでさえ、国自体の問題から世間の注意をそらすのに役立ちません。 それらは対処されなければならないでしょう。 米国市民は、法律に従って、ワシントン(Washington)の国際的な義務に沿って扱われるに値します。」

したがって、彼女はその後、トランプ・サポーター達の「基本的人権(basic human rights)」を尊重するために、米国に呼びかけました。

「この文脈で、私達は懸念を表明するあらゆる理由があり、そして基本的人権が遵守されることを要求します」と、彼女は付け加えました。 「他の国になると、米国当局は、これらの権利を絶えず偽善の態度で世話をしています;それでも、家で彼らを無視することで、彼らは良心の呵責がありません。」

米国での人権状況が悪化し続けているので、これが世界に明らかになりつつあります、トランプ・サポーター達は、バイデン氏のアメリカで抑圧されたグループです。

 

 

----- 出典 -----

nationalfile.com(同様な記事)

beforeitsnews.comncrenegade.com

 

 

----- 2021/02/17公開の記事を読んで -----

1月20日にバイデンさんの就任式があり、その後、連邦議会ではトランプさんへの弾劾が行われていました。バイデンさんの公約? で国を分断させないとありましたが、実態は危惧すべき状態のようです。共和党支持なだけで、勤め先を解雇されたことなどもあったようです。

本編で興味深いのは、ロシアが米国の人権について言及していることです。事実ですが、ロシアでも反政府デモがあり穏やかではないのかも知れません。この声明の意図に関心が行きます。

この異変は何なのでしょうか....

 

f:id:Zzak:20210219050732j:plain

(図 Graffiti Pixabay)

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp