ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

プーチン大統領は、エイリアンが地球上に存在することを世界に知らせるつもりか


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200306162319j:plain

「公開 (開示)」ウラジミール・プーチン大統領は、エイリアンが地球上に存在することを世界に知らせるつもりでしょうか

(図 プーチン大統領 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

ロシアのウラジミール・プーチン(Vladimir Putin)大統領は、知的なエイリアンが存在し、地球を訪れたことを発表することによって世界史を作る人になるかもしれません。モスクワで1週間を過ごした後、クレムリン(Kremlin)に地球外生命体を認めるように呼びかけたと、陰謀論者が主張しています。

 

ミステリアスな物体は光を発します。UFOの信念

米国に拠点を置くパラダイム研究グループ(Paradigm Research Group、PRG)は、知的生命体エイリアンが定期的に地球を訪れ、極秘のプロジェクトの下で政府と協力する大規模な秘密を隠している、こうした証明されていない陰謀説を信じています。

PRG創設者のスティーブ・バセット(Steve Bassett)氏は、いわゆる宇宙人の公開(開示)の問題に関して、米国内で登録された唯一のロビイストです。

しかしながら、彼はドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が真実を世界に伝える人だとは信じていおらず、プーチン大統領が主導権を握るようにプッシュしようとロシアに向かいました。

米国市民のバセット氏は、プーチン大統領に「真実禁制(truth embargo)」を解除することの重要性を説得しようと、ロシアで1週間過ごしました。彼はこう主張しています、世界の指導者はエイリアンについての真実を一般に伝えるのを止めています。

バセット氏は、ニューメキシコ州(New Mexico)のロズウェル(Roswell)に飛行していると思われるフライング・ソーサー(空飛ぶ円盤)が墜落したとされる少なくとも1947年以来、禁制が実施されていると考えています。

彼は訪問中にロシアのドキュメンタリーのインタビューを受け、インタビューの中から未編集のクリップをリリースしました。

バセット氏はRENテレビに次のように語りました:「冷戦終結から26年、プーチン大統領がこの遺産をなぜ採用していないのか、私の陰謀を具体的に提起しました。その発表をするば、公開[開示]した大統領となります。

「私は理解していますが、ETの存在を初めて公式に確認した国家元首と、その国はただちにステージの中心的存在になります。

 

「人々の見解では、これまでにない最も深いものをもたらし、信じられないほどの高さに上昇するでしょう。それは素晴らしい機会です。

「もしプーチン大統領と2分があれば。私の唯一の疑問は、なぜETの存在について人々に言わないのでしょうか。ウラジミール・プーチン大統領がETの存在をよく認識していると私は思います。」

モスクワ滞在中に、バセット氏はまた、ロシアの地球外生命体現象に関するする多数の団体との会合も開催しました。これらのグループには、数多くの旧ソ連(Soviet)とロシアの軍事・官僚が含まれていました。

バセット氏は、次のように述べています:「常にかなりなことがあり、ロシアとソ連の間の地球外生命体の関連現象について一般市民と政府のオープンな関与がありました。」

 

エイリアン公開[開示]運動家スティーブ・バセット氏、ロシア放送にて

PRGの声明によれば:「REN TVのスタジオで行われたフル・インタビューで、バセット氏はさまざまな考慮事項を含む幅広いトピックをカバーしていました。ウラジミール・プーチン大統領に、人類に関わる地球外生命体の存在に関して国家元首による、最初の正式な承認を促すかもしれません。

「これに関して、インタビューは前例のないものでした。誰かがロシア内外のロシアのメディアにこの議論をしたのは初めてだからです。

「PRGはアメリカのメディアで繰り返し述べています。  ウラジミール・プーチン大統領は、この時点で地球外生命体の存在を公式に認めている最も有力な首脳です。この発表を裏付けるために、ロシアの軍事筋から新たな証拠を提供しています。

「それが米国の地政学的な結果になり、かなりのものになるでしょう。

 


DISCLOSURE' Is Vladimir Putin set to announce to the world that aliens are here on Earth

(1:39)  2018/03/19

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(元記事の出典)

www.express.co.uk

(同様な記事)

paradigmresearchgroup.orgnewsinstact.com

 

----- この記事を読んで -----

ロシアでは、旧ソ連時代から国家プロジェクトの1つとしてUFO/エイリアン研究がされているらしいことと、プーチン大統領のカリスマ性もあってか、こうした噂やストーリーが登場します。

今回は、パラダイム研究グループ(PRG)の創設者、スティーブ・バセット氏が迫ります。彼の行動を伝えるものとしての切り口です。実際はどうなのかは分かりませんが、気になるストーリーでもあります。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp