ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ウラジミール・プーチン大統領は、シベリアの山に墜落したUFOを調査するために軍隊を送ります


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20201219033007j:plain

ウラジミール・プーチン大統領は、シベリアの山に墜落したUFOを調査するために軍隊を送ります

(図 サイエンスフィクション Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

古代から、人々は空に奇妙な光とミステリアスな物体を見ていると報告しています。未確認飛行物体(UFO)のストーリーまたは地球外生命体との遭遇は、何千人もの人々を魅了し、そして、未確認飛行物体研究(ufology)として知られる偽科学的研究の中心にさえなりました。しかし、UFOの伝説の規範では、原因不明のままの事件がいくつかあります(シベリアの山の上のUFO)。

ほとんどの人がロズウェル事件(Roswell case)、ペンシルベニア州(Pennsylvania)のケックスバーグ(Kecksburg)のUFO、イギリスのレンドレシャム(Rendlesham)の森の目撃を知っています。しかしながら、私達の歴史の中には、多くの目撃者と星空のUFOを巻き込んだもっと多くの事件があります。さらに、世界中で未確認飛行物体の報告が出続けています。ロシアでは、どうやら奇妙な物が山に当たり、地滑りを引き起こし、川をふさぎ、近くの人々を洪水の危険にさらしています。そして、最も奇妙なことは、ロシアのプーチン大統領が事件を調査するために軍隊を派遣したことです。

 

ブレヤ(Bureya)川での奇妙な事件

長さ623 kmのブレヤ川は、極東シベリアの、ハバロフスク(Khabarovsk)からクライ(Krai)の南方に流れています。まあ、それは奇妙な事件の前でした。12月上旬に、ミステリアスな物体が山に衝突し、地滑りや岩石が川に流れ込むことを引き起こしました。それは遠隔地に位置しているので、何が起きたのかを目撃した者はいませんでした。ロシア政府はそれがロケット発射の失敗または軍事的な証拠であることを否定しているので、一部の人々はそれがUFOの事故であると信じています。そして不思議ではなくて、事件は12月上旬に起きましたが、しかし12月24日まで公表されませんでした。

しかしながら、陰謀説の伝播を避けるために、何が起きたのかを説明するために、さまざまな説明が広められています。ロシア連邦自然科学アカデミー(Academy of Natural Sciences of the Russian Federation)の宇宙パウダー(cosmic powder)の専門家、エフゲニー・ズブコ(Evgeny Zubko)氏は、山を襲った物体は隕石であり得ると述べました。

硫化水素(hydrogen sulfide)のような匂いがし、水蒸気はある場所で消える」と、ズブコ氏はシベリアタイムズ(Siberian Times)紙に語りました。「私達は、頂上に熱い石がある場所さえ見つけました。私達はそれらを使って手を温めます。とても暑かったようです。氷の縁は薄く、あたかも沸騰したお湯の中にいるかのようです。」

その他のバージョンは、その原因は、地震による「地震の地滑り(seismic earth slide)」の可能性があるということです。

「それは極東ロシアでしばしば起こります。」と、ロシア地理協会(Russian Geographical Society)会長のアレクセイ・マヒノフ(Aleksei Makhinov)氏は説明しました。オホーツク海(Okhotsk Sea)の全海岸は、半分の山が落ちるときに、これらの地すべりで覆われています。」

とはいえ、これらの「科学者達」は、12月の対応する期間に地震の記録がなかったことを考慮に入れていないと思われます。ロシア科学アカデミー天文学研究所(Institute of Astronomy of the Russian Academy of Sciences)によれば、隕石の存在も検出されませんでした。

 

プーチン大統領が軍隊を派遣

しかし、ここでロシアのウラジミール・プーチン(Vladimir Putin)大統領が、事件を調査するように軍隊を出動させたので、それはすべてを終わらせるわけではありません。イギリスのタブロイド紙デイリーミラー(Daily Mirror)紙によれば、アントノフ(Antonov) An-124と他の4機の輸送機が軍事装備を積んでその地域に動員されました。公式版では、山の崩壊で、川でほぼ50メートルの高さの津波をとなったとのことです。しかし、爆薬の使用が別の巨大な波を引き起こす可能性があるので、このバージョンを疑う人もいます。

「波の高さは少なくとも12メートル(12月の地すべり後)でした」と、ロシアの科学者アレクセイ・マヒノフ(Alexey Makhinov)氏は述べました。「もしも爆発がありそして残骸が崩壊すれば、津波もありますが、しかし少し小さいです。もし彼らがここで形成されたダムを爆破するのならば、それから爆発の結果として、山の残りの部分は川に落ちる可能性があります。これが起こる可能性が高いです。」

 

(Fig.1) 氷上の輸送機

 

UFOが墜落しましたか

真実は、大変に多くの矛盾とともに、その地域での軍事的存在と、そして情報の欠如で、UFOが山に衝突したのは避けられないことです。また、ロシアは、宇宙から来る事件と奇妙な関係があるようです。思い出していただけるかもしれませんが、南ウラル地方のチェリャビンスク(Chelyabinsk)市は、2012年の成層圏での爆発により揺れました。この爆発は建物の損傷を引き起こし、何千人もの人々が負傷しました。専門家達は、チェリャビンスクでの事故は流星によるものだと述べました。

チェリャビンスクでの事件は、次のことに奇妙に似ていました。1908年のロシアでのトゥングスカ(Tunguska)の事件は、シベリアでの極めて強力な(熱核兵器のそれに匹敵する)爆発が起きたときに、ポドカメンナヤ(Podkamennaya)川の近くを一掃しました。そして、ロシアのこの得体の知れない出来事のリストに、私達はブレヤ川で起きたものを追加します。

残念なことに、シベリア(Siberia)のこの遠隔地の住民は、軍が見つけたものを見ることができないでしょう。何故ならば、(もちろん)非常事態が宣言され、そして、その地域は「洪水の可能性」のために避難しているからです。そして、それが本当にUFOならば、ロシア政府は真実を世界に明らかにするのでしょうか。

 

 

----- 出典 -----

infinityexplorers.com

 

----- この記事を読んで -----

読んでみるとロシア情報は、ベールにつつまれたリアル感とも言え、視野に入れておきたいカテゴリーです。そう思って見かけるたびに取り上げてはいますが、結局これはと思うほどの内容ではないのが残念です。何か重大なことを発表していないだけなのかもしれません。情報が出て来そうで出てこない感のあるカテゴリーです。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp