ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

エイリアンの攻撃後、「ロシアの兵士は石に変わった」というCIAの文書


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200902135912j:plain
エイリアンの攻撃後、「ロシアの兵士は石に変わった」というCIAの文書

(図 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

機密扱いが解除されたCIAの報告によれば、ロシア兵の部隊 - UFOを撃墜した - は、生き残ったエイリアンによって石に変えられました。機密解除された報告書は、CIAの公式ウェブサイトで入手できます。

はい、これは、今後のジェームズ・キャメロン(James Cameron)監督の SF映画からの抜粋ではありません。ジェームズ氏はそれを考慮するかもしれませんが。

オーケー、それで、確かにフェイクを叫ぶ人がいることは、私は分かっています。そして、それらについての公式文書へのリンクは、ここにあります。

 

[PDF文章の内容]

 新聞のテノール(TERNOPIL)からのリプリント:「コスミック・リヴェンジ(COSMIC REVENGE)」 - 1991年に、ミカエル・ゴルバチェフ(MIKHAIL GORBACHEV)氏は1991年にKGBの最高秘密情報管理を廃止し、CIAのなかで、彼らの証しに由来する材料がたくさんあります。毎週発行されている公式のマガジン・カナダ(MAGAZINE CANADIAN)の報告によると、米国の情報機関は、シベリアの軍事ユニットのUFOによる攻撃に250ページのファイルを取得しました。

 このファイルには、数多くの写真や図が含まれているだけでなく、実際の参加者による鑑定も含まれています。

CIA代表者の1人はこのケースに言及しています。「地球外の生き物の一部の復讐の恐ろしい写真、1枚の血の凍結を生む絵(HORRIFIC PICTURE OF REVENGE ON THE PART OF EXTRATERRESTRIAL CREATURES, A PICTURE THAT MAKES ONE’S BLOOD FREEZE)」と呼ばれています。

 KGBマテリアルズ(KGB MATERIALS)によれば、皿の形をした低い高度の宇宙船が、ミリタリー部隊の上に姿を現し、誰かが予期せず地対空ミサイルを発射し、UFOを撃墜しました。遠く離れていない地に落ち、それから出てくる 「大きな頭と大きな黒い目」を持つ5つの小柄なヒューマノイド

 残骸(DEBRIS)から解放された後に生き残った2人の兵士による証言に記載されています、エイリアンは共に近づいてきて、そうして「球形となった単一のオブジェクトに統合されました。」そのオブジェクトは、鋭くブンブンと飛び(BUZZ)、鋭くシューッという音を立て(HISS)、そして輝かしい白色になりました。ほんの数秒で、球体は遥かに大きくなり、極めて明るい光で吹き飛ばされて爆発しました。その瞬間、現象を観察した23人の兵士が…石柱に変わりました。光の陰に居て、発光爆発に曝されなかった2人の兵士のみが生き残りました。

 KGBの報告はこう言いました、UFOの残りと「石化した(PERRIFIED)兵士」は、モスクワの科学研究機関の部門に移されました。専門家は緊急事態の発生源を想定しています、それは兵士の生きた有機物質を瞬時に変える、未だ地球人には知られていないものです。彼らの分子組成を石灰岩と違わない物質に変換したことです。

 CIAの代表的な表現: 「もしもKGBファイルが現実に対応しているのならば、これは極めて恐ろしい事件です。エイリアンは、私達の総ての想定を超えた武器と技術を所有しています。

https://www.cia.gov/library/readingroom/docs/DOC_0005517761.pdf

 

CIAから出された文書のセットによれば、ロシアの兵士は未確認飛行物体(UFO)を撃墜しました。船体が壊れたもの(クラフト・クラッシュ)が着陸した後、他の世界の起源の搭乗者達は、軍隊を撃退した結果人間の兵士達は石に変わりました。

機密解除された文書のセットには、次の記述がされています。兵士がET船を撃墜した後にエイリアン遭遇後に、どのように23人のロシア人兵士が5人の地球外生命体によって「殺されたか」のか。

CIA公式のウェブサイトで自由に入手できる、機密解除された文章は、実際に事件について書いたウクライナ(Ukrainian)の新聞の翻訳です。

疑惑のかかっているUFO攻撃に関する250ページのKGB文書から作られた新聞の報道には、画像と目撃者の証言が含まれています。デイリー・エクスプレス(Daily Express)紙からです。

UFOは、シベリアの軍事ユニット訓練中に現れたと言われています。エイリアン・クラフトは、地対空ミサイルを使用して撃墜されました。

機密解除された報告書は、次ぎの記述をしています:「大きな頭と大きな黒い目を持つ5人の小柄なヒューマノイドが出てきました。」

2人の兵士が攻撃から生き残ったと考えられています。

それが奇妙に聞こえるように、報告書にはUFOが撃墜された後の様子が書かれており、

墜落したUFOから5人の「異世界の存在」が出てきました。存在は、最終的に爆発し巨大な光の球として記述されたものに合併し、23人のロシア軍兵士を石に変えました。

機密解除された文書には:

KGBの報告書では、『石化した兵士』の遺骨は、モスクワ近くの秘密研究機関に移管されました。」

「専門家は以下の想定をしています。地球人に未知のエネルギー源は、すぐに兵士の生体の構造を変え、分子構造が石灰岩と違わない物質に変換しました。」

報告書の最後に、CIAの代理人が書きました:「KGBファイルが現実に対応しているならば、これは極めて脅威的なケースです」

「エイリアンは、私達の総ての想定を超えた、武器や技術を備えています。」

最大のミステリーは、なぜCIAがウクライナの新聞の報告書の翻訳をし、ファイルにしたのかです。

この文書は、CIAのウェブサイトで入手できるものの、機密解除されたKGBファイルに最初に現れたようです。

興味深いことに、米国政府と契約し爆発技術者として働いていたフィリップ・シュナイダー(Philip Schneider)という人物が、1979年に高いレベルのセキュリティー・クリアランス(機密に触れられる権限)を請求し、ニューメキシコ州の秘密の地下基地の建設に取り掛かっていたとき、彼は以下のことを目撃をしました。エイリアンと人間の間で激しく戦い、結果60人の兵士が死に、そして彼らの生命のために戦っている無数の地下のエイリアン。

www.huffingtonpost.com

 

----- 出典 -----

CIA document states “Russian soldiers were turned to stone” after Alien attack | Ancient Code・・・ 接続に時間がかかり、以下のプレビューが表示されないことがあります

www.ancient-code.com(出典のソース)

https://www.cia.gov/library/readingroom/docs/DOC_0005517761.pdf

(同様な記事)

www.thesun.co.uk

 

----- この記事を読んで -----

CIAの機密文書が機密解除されて興味深いものが見られることは、あちこちでクローズアップされています。冷戦時代を通してCIAは、国家の安全保障に関係するありとあらゆる資料を収集していました。機密解除され開示されたものだけでも、細かく見てゆけば驚くような情報が拾えるのでしょう。

本文の中で、石にされてしまうところは、メドューサの神話を思い出させます。もしかしたら、大昔にあったことが言い伝えになっているのかもしれません。

 

中央情報局 - Wikipedia

メドゥーサ - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp