ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

アヌンナキの帰還 – 落ちたシュメールの神々


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210211044439j:plain

アヌンナキの帰還 – 落ちたシュメールの神々

(図 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

アヌンナキ(Anunnaki)または堕天使(ネフィリム(Nephilim))は、人類の創造者であると考えられています。惑星ニビル(Nibiru)からの古代の訪問者です。多くの人は、彼らは堕天使、またはネフィリム以上のものではないと考えています。古代に、誰が、人間と互いに影響し合うために、天から落ちて地球に来ましたか。これらの、いわゆる強力な神々は遠い過去に地球を離れました。そして、ある日、彼らは地球に戻ると言っています。そして、また人類を支配します。

興味深いことに、もしも私達が世界中の古代文化を見るのならば、彼らのたいてい神々は、は地球を去り、ほぼ同じ方法で、いつか戻ってくると約束しました。これが創造の物語が変わるところです。アヌンナキは愛から人類を生み出しませんでした。彼らは、私達を奴隷にしたと言います。もしこのストーリーが部分的にも真実ならば、もしこれらのクリーチャー[生き物]が戻るのならば、私達は深刻に目を見開く場面に直面するのかもしれません。おそらく多くの内容として、アヌンナキは第七の封印のバイブル的なオープニングです。

特定の研究者と著者によれば、アヌンナキは、精神的な目覚めと人間の意識の進化を加速するために「彼らが間違ったことをしたことを直す」ために、地球に戻ることになっています。

スタン・デヨ(Stan Deyo)氏の最近のインタビューによれば、アヌンナキは地球に戻ってくる可能性があります: 「NASA国防総省(Pentagon)は、アヌンナキが惑星ニビルの出現とともに戻ると考えています。」

 


Who Were The Annunaki? Ancient Sumerian Gods? or Fallen Angels Called the Nephilim?

(15:17)  2019/03/02

 

ビデオ内容

地球、7番目の惑星、神聖な数、週の日数の7日セット、創世記の7日、創造の7つのタブレット、事例は歴史的な偶然の一致にできます、ゼカリア・シッチン(Zecharia Sitchin)氏はそうではありません。

この種の数値の繰り返しは、どのように見ても単なる凡例以上のものを示しています。

ニビルとして知られているこの10番目の惑星についての事実は、古代メソポタミア(Mesopotamia)で驚くべきものです。

天文学やその他の天文学の知識の秘密は、聖職者の天文学者の排他的な社会により、施錠されたドアの後ろで注意深く守られています。

これらのような円筒形印章(Cylinder seals)は、これらの注意深く守られた秘密の唯一残っている記録です。

この粘土のタブレットには、約4,500年前の円筒印章が印刷されています。

それは、人間のつぶやきに農業を与える神エンリル(Enlil)を描いています。

綿密な調査を行う現代農業の時代では、完璧に注目に値するものが見られます。

私達のより完全な太陽系の詳細な描写、現代科学で知られているものと同じように構成されており、中央に太陽が目立つように描かれています。

各惑星は、他の惑星体に対して正しい位置と相対的な比率で表示されますが、しかし外縁には、10番目の惑星の1つの追加の植物がありますが、現在私達の現代の天文学者によって配置されていません。

増え続ける物理的証拠が惑星X[ローマ数字の10、第10惑星]を示しているため、世界中の天文学者はこのとらえどころのない天球に目を光らせています。惑星Xは実際に存在します。

 

シュメール文明(Sumerian)が7つの創造のタブレットで語ったこの惑星のストーリーは、私達の太陽系が遥かに若く、私達の故郷の惑星地球がまだ存在していなかった40億年前に始まります。

シュメール文明の生残りの歴史的記録は、侵入者の惑星のストーリーを明らかにします。

第7惑星と反対の軌道上の海王星(Neptune)、天王星(Uranus)、土星(Saturn)、木星(Jupiter)の引力で、私達の太陽系の中心に引き込まれた深宇宙から現れた惑星ニビル(Nibiru)は、シュメールの記録ではディアマント(Diamant)と呼ばれています。

ニビル、太陽の周囲でのその新しい軌道は、衝突コースに2つの惑星を配置します。

シュメールの宇宙進化論の答えは、中心的な現代科学を依然として困惑させているパズルかもしれません。

2つの惑星が、ニビルの衛星または月の1つに近づいたとき、それは天体衝突のストーリーでした。

そしてディアマントに激突し、惑星を割り、その後の衝突でディアマントの半分が粉々に砕けます。

断片を完全に分解し、主に小惑星帯(asteroid belt)に発展します。

ディアマントの残りの半分は地球になります。

地球は、ディアマント相当の主要衛星の私達の月を運ぶ、新しい軌道位置に押し込まれます。

侵入者の惑星ニビルは、3,600年に1度、地球の近隣に戻る、恒久的に時計回りで、長円形のアキル軌道(achill orbit)に投げ込まれました。

永遠に私達の太陽系の12番目のメンバーになります。

 

この創造の物語は、総ての古代文化を通して同じです、そして現在、私達が創世記(Genesis)の創造のストーリーの旧約聖書(old testament)と比較もできる、科学的知識の一部になっています。

衝突の余波で、バイブル的な創造者エロヒム(Elohim)はこう宣言します、天の下の水を1つの場所に集めましょう。

そして乾燥した土地を出現させ、それで、エロヒムは乾燥した土地を地球と呼び、水の集まりを彼は海と呼びました。

2つの惑星が混ざり合いました。

創世記の聖書の一節は次のように述べています。始まりにとして、神は天と地を創造されました、そして地球には形も空虚も闇もなく、深い表面でした、そして、神のスピリット(Spirit of God)が水面に動きました。

そして神はこう言いました、光をそこで放してください、そして、もしも私達がメソポタミアのテキストの知識をバイブルのテキストに適用するのならば、光がありました。創世記の正しい読み方は特に水に関連して出現します。

聖書はこう読んでいます、水の真ん中に天空があるようにしてください、そしてそれが水と水を分けさせてください、天空の下で天空の上にある水から分けてください。

そしてエロヒムは、天空の天国を上層水と下層水と呼びました、これは聖書の意味することです。

シュメールの古代のテキストでは、シュメール人天王星海王星を水っぽい惑星として説明しました。

 

1979年、1980年、1981年の現代科学の結論は、NASAのパイオニア(Pioneer)号とボイジャー(Voyager)号がこれらのミッション中に、木星土星とその多くの衛星を訪れたとき、水は表面の氷として事実上どこでも発見されました。

シュメール人が、木星(の衛星イオ(IO)とエウロパ(Europa))に水を持っているという古代の主張も証明されていますが、彼らがずっと前にどうやって知ったのかという疑問が残ります。

私達は、これらの惑星で水を見つけるでしょう。

シュメール文明の記録はまた、エンケラドス(Enceladus)とテティス(Tethys)の水を示しました。

土星の2つの衛星とその惑星の壮観なリングで、NASAの調査結果が確認されました。

これらの古代シュメールの文明の主張は、バイブル的な引用が天空の上の水になることへの、さらなる信憑性と明快さを与えています。

 

宇宙を旅するハレー彗星(Halley’s Comet)、そしてそれ自体が、マンハッタン島(Manhattan Island)の半分の大きさのコアを持つ40億年近く前の、天空の上の水のバイブルの主張の壮観な確認です。

この神秘的な旅行者は、これから何千年もの間天に座る(perch)のに十分な質量で、毎秒30から70トンの割合で水を放ちます。

19世紀に天文学者のスキアパレッリ(Giovanni Virginio Schiaparelli)が、火星の運河のように見えるものを見たと発表したとき、彼は即座に嘲笑されました。1916年に同じ主張をしたことで尊敬されているアメリカ(American)の天文学者ローウェル(Percival Lowell)もそうでした。

NASA無人宇宙船が70年代と90年代に火星を訪れて初めて、その惑星に水の十分な証拠がありました。

金星と火星への遠征からの画像で、過去が明らかにされており、視覚的証拠の日中の海の湖と川底、そして天空の上の水のバイブル的な参照の証拠が示されています。

太陽にとても近い水星(Mercury)でさえも、過去に水があったようです。

NASAのレポートはこう書かれています、「私達は他の結論を強いられることはありませんが、しかし火星、金星、水星にも水の影響が見られます」

NASAはまた現在こう考えています、火星には、以前には乾燥した不毛の惑星だと考えられていた惑星の表面全体に、数メートルの深さの層を形成するために、かつて十分な水があったのかもしれません。

かつて水が豊富に存在していた惑星として意外にも出現した火星は、金星、水星に加わります。

天空の下のシュメールの水の概念を裏付ける地球と最近では地球の月。

 

総てのとらえどころのないミステリーの中で最大のものは、生命そのもののなぞなぞです。

それがどのように始まり、宇宙のどの隅から存在の最初の発出が生じたのかは、古代シュメール人が信じていたように、惑星ニビルから地球に運ばれた生命の台座でした。

現代の科学的思考は慎重にこう主張しています、私達の惑星の歴史の初期に、特定の化学物質がさすらう彗星に乗って表面に衝突すると、生命が地球に到着します。

誘導されたパンスペルミア(汎精子)説は、次の提示をするもう1つの科学理論です。地球上の生命は、おそらく私達の太陽系の外からの異世界の存在の種族によって種まきされました

そして偶然ではなく、しかし、この異世界社会の意図的な活動としてです。

 

シュメール人(語)はアヌンナキを指しています。人類の創造者として、私達自身の生命の恩人です、と彼らが主張する者です。

シュメール語のテキストによれば、445,000年前に着陸する前のアヌンナキは、

元来、150,000年後に地球を偵察するためにアンドロイド(android)を送りました。

アヌンナキ自身が到着し、人類を創造します。

シュメール人によれば、円筒印章のレンダリングに示されているように、最初の人間は遺伝子工学(genetic engineering)を使って創られ、そしてガラス試験管内で作られ創られた体外受精(fertilization in vitro)です。

最初の男性はアダム(Adam)と呼ばれていました。

シュメール語のテキストはこう主張します、アダムは最初の試験管の赤ちゃんでした。

第1章26節。バイブルの朗読は、私達自身のイメージと似姿で原子を作ることを可能にしますが、なぜでしょうか。

シュメールの文書はこう提示しています、アヌンナキは、彼らが故郷の惑星ニビルの減少する大気を救う人様があるというアヌンナキのために、アフリカの金の採掘を支援する奴隷種族として人類を創造します。

バイブルは、人類がアヌンナキの境界を越えた事件として関連しています。そしてバビロニア人(Babylonians)は、典型的なストーリーのバベルの塔(Tower of Babel)に、巨大な発射台を建てることで、神々に到達しようと企てます。

しかし、それらの参照の対象は正確には何でしょうか。

ゼカリア・シッチン(Zecharia Sitchin)氏によれば、それは、私達の隣の惑星火星で、地球に向かう途中のアヌンナキのスポット・ステーション(一時的な中継駅)の本拠地です。

シュメールのタブレットは、火星を、巣穴と地球の間をジャンプするために使用されるジャンプ惑星と呼んでいます。

これは3,600年ごとに発生すると言われていますが、しかし、彼らの創造人間を監視し続けるために、ドロイド船(droid ships)は偵察の1つの形式として、遥かに頻繁に送られています。

 

ダメオン(Dameon)アーカイブは、特定の記号で太陽系の12のメンバーを識別します。

火星の地球や金星のようなものは、この古代セラ(Sella)刻み込み言葉に数字で示されています。

たくさんの光線で、私達は太陽を理解します。

私達は、別の動物の背中に乗っている天体を理解します、これは黄道帯(zodiac)のシンボルで、月と地球が7つの点で象徴されているのを私達は理解します。これは、太陽系の外側の限界からの地球の位置を示しています。

宇宙から私達の太陽系に飛んでいる誰かにより、内側に数えられます。

地球を外から7番目の惑星にすると、三日月(crescent moon)のある地球と6番目に示された火星を私達は理解します。

この画像は、この4,500年前のシュメールの描写にさらに多くの手がかりを示しています。

クラフトの両側に2人の人物が立っています。

クラフトはシュメールのこの主張を再び確認しているようです、アヌンナキが最初に地球に到着したときに実際にクラフトで到着しました。

今日は何をUFOと呼ぶのでしょうか。

 

米国が60年代と70年代に火星を探索するためにマリナー(Mariner)号とバイキング号の宇宙船を打ち上げたとき、研究者達は現在火星はわずか1万年前に居住可能であったと考えていました。

地球上のものに似た構造は、両方の宇宙船によって撮影されています。

これは、NASAがインカ・シティ(Inca City)とニックネームを付けた火星の特徴です。

ここで、私達はペルー(Peru)のソックスと比較するものを理解します。

これらは火星表面の線です。

これらはペルーのナスカ(Nazca)の地上絵です。

火星で撮影されたザ・フェイス[人面岩]顔の発見は、研究者にとって特に興味深いものでした。

古代に惑星を植民地化した訪問者の明確な表現です。

彼はアヌンナキです、研究者達は、ザ・フェイスの向きとピラミッドの結合が、次のことを示しているとの報告を提示しています。それらは、約45万年前の火星の至点の日の出に合わせて建てられました。

宇宙旅行ができる文明が50万年近く前に起こったのは本当でしょうか。

太陽系のこの部分を訪問して、地球の貴重な資源を採掘するだけでなく、地球だけでなく月や火星にも記念碑を残し、自分たちのニーズに合わせて人間を遺伝子操作しました。

ゼカリア・シッチン氏と彼のシュメール語テキストの翻訳によれば、古代シュメールの人々は、それがまさにそうだと言っています。

 

人類が私達の文明を成長させるにつれて、今日何が起こったのでしょうか。

発見の科学的探求において、技術的に深宇宙に足を踏み入れることができるでしょうか。

私達は月に人を乗せ、2028年に火星に人を乗せる計画を立てています。

これを念頭に置いて、誰もが次のとても現実的な可能性を否定することができます。技術的に進んだ世界のメンバーは、何千年も前に私達の太陽系を訪れたかもしれません。

今日シュメール語のテキストとバイブル的なの経典を研究してくれたゼカリア・シッチン氏と、彼のような他の多くの人々の研究に感謝します。

私達は、古代の文化や私達の前にやってきた生命について、これまでにないほど多くのことを知っています。

研究者達はこう考えています、私達は現在、シュメールの人々が言及した3600年のマークに直面していますし、そしてNASAと惑星X(第10惑星)によれば、すでにここにあるかもしれません。それは、外惑星に影響を与えるだけでなく、今では太陽と地球にも影響を及ぼし始めています。

科学者達はこう考えています、世界中で起こっている気候変動は、惑星Xの磁気エネルギーの直接の結果で、私達の内部の太陽系に影響を与えています。

世界中で撮られている写真は次のこと示しています、惑星ニビルは、早朝に撮影され、時には日没時に捕獲された南赤道からすでに視界に入っています。そして日没時に撮影されることもあります。

もしもニビルが、既にここにいて写真を撮られているのならば、これはアヌンナキもこの惑星に戻る準備ができていることを意味するのでしょうか。

私たちを再び奴隷にするために。

あなたは、これについて何を言わなければならないでしょうか。

あなたは、アヌンナキの前にひざまずき、エイリアンの種族の奴隷になる準備はできていますか。

もしもシュメール人の言うことが半分でも真実ならば、私達は本当に目を見張るような瞬間が間もなくやってくるだけです。

 

 

----- 出典 -----

THE RETURN OF THE ANUNNAKI ~ THE FALLEN SUMERIAN GODS (VIDEO)」は、掲載終了しております。

(参考記事)

www.soulask.com(ビデオ・ソースのチャンネル)

www.youtube.com

 

----- この記事を読んで -----

ニビルとの関係について解説されているので、ビデオから邦訳文を起こしました。また、水に注目されているのも興味深い点です。

アヌンナキのストーリーが神話なのか現実を示したものかは定かではありませんが、よくできたストーリーとも言えます。また、私達のDNAが進化論では説明できないなど、科学的な論点について明快な答えが得られていないのも事実です。

こうしたことから、欧米にはアヌンナキが居たと考えている方もかなりいるようです。中には、アヌンナキが戻って来ると信じ込み過ぎ、恐怖におののいている方もいらっしゃるのかもしれません。

 

 

----- パズルのピース -----

NEXT アヌンナキ

zzak.hatenablog.jpPREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp