ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

アポロ15号の宇宙飛行士は、人類は古代エイリアンの子孫だと言います


f:id:Zzak:20200811234025j:plain

アポロ15号の宇宙飛行士は、人類は古代エイリアンの子孫だと言います

(図 アル・ワーデン ウィキメディアパブリックドメイン)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

アル・ワーデン(Al Worden)氏はアメリカの宇宙飛行士で、エンジニアで、彼は1971年のアポロ15号の月任務の司令船(Command Module)のパイロットでした。彼は、月に飛んだわずか24人のうちの1人です。元宇宙飛行士は、司令船エンデバー号での彼1人だけの時間で「最も孤立した人間」として、ギネスブックにも載っています。

月を75周回り月周回軌道上で6日間を過ごした宇宙飛行士アル・ワーデン氏は、おはよう英国(Good Morning Britain)と話している間に、エイリアンが本当であると信じるかどうか尋ねられました。

答えは、おそらくインタビューを見ている誰をも驚かせました。

元アポロ15号のメンバーは次のように言いました。エイリアンは本当なばかりでなく、彼らは遠く離れたところから地球に来て、私達の文明を作り出しました。そして、もし証拠を探したいのならば、私達がしなければならなかったこと総ては、古代シュメールの文学を見ることです。

 


Al Worden: The Man Who Flew Around the Moon 75 Times | Good Morning Britain

(5:32)  2017/09/29

 

「私達はエイリアンですが、しかし私達は、エイリアンはよそ者だと思っています。しかし、私達はどこかから来たものです。何故ならば、よそ者が生き残らなければならなかったので、彼らはここに来て着陸し、彼らはここで文明を始めました。」

「もしあなたが私を信じないならば、古代シュメール人の本を手に入れて、彼らが何を言わなければならないかを理解してください。」

「それらはあなたに正しいことを伝えます」と、ワーデン氏は付け加えました。

 

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

thepowerfulmindset.comnewsinstact.comwww.ufosfootage.ukwww.abovetopsecret.com

 

----- この記事を読んで -----

アポロ計画のクルーからの驚きの発言で、多くの報道で取り上げられました。あらためてビデオを見ると、ジョークように聞こえますが、実際はまじめな見解なのかもしれません。

守秘義務があり、多くは語れない立場なのでしょう。宇宙に出られたときに、きっと、いろいろと目の当たりにされたのでしょうね。

シュメールの本を読みなさい。この発言は、アヌンナキのストーリー(古代宇宙飛行士説)がかなり当てはまっている、そういうこと言うことなのでしょうか。

 

Alfred Worden - Wikipedia

古代宇宙飛行士説 - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp