ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

アヌ、総ての権限の最高の源でアヌンナキの祖先


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200817141520j:plain

アヌ、総ての権限の最高の源でアヌンナキの祖先

(図 O.1054 color ウィキメディア経由CC4.0 クレジット U0045269)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

アヌ(Anu)はシュメールの神々(Sumerian pantheon)の最も古い神の1人で、彼は神の父で最初の王とみなされ、彼は古代アナンナキの祖先と呼ばれています。

シュメールの神話では、アン(An) (シュメール語のAnは、「空」) またはアヌ(Anu)(アカディアン語(Akkadia))は、天の神、星座の主、神の王でした。彼は妻の女神(Ki)  (シュメールで「大地」、またはアカディアン語のアント(Antu)) と一緒に、空の最高の地域に住んでいました。

彼は、犯罪を犯した人々を裁く権限を持っており、そして、彼は邪悪な者を滅ぼすために星を兵士として創造したと信じられていました。

その属性は、王位のティアラ(tiara)[冠]でした。

彼の召使いと大臣はイラブラト(Ilabrat)神でした。

さらに重要なことに、彼はエンリル(Enlil)の父親で、風、空気、土、嵐の古代メソポタミア(Mesopotamian)の神で、そして総ての権威の最高の源であるアヌンナキの祖先でした。

 

(Fig.1) アヌンナキは、数千年前に地球に来た天の存在と考えられていました。

 

アン、アヌンナキの祖先、天から下った者達

それで、古代アヌンナキとは誰でしょうか。

アヌンナキ(ANUNNAKI)という言葉は、断片化して翻訳されます; アヌ(ANU):「天国」- ンナ(NNA):「降臨」- キ(KI):「地球」:「天から地に降臨した者...」

今日、多くの著者は、彼らが神や天使ではなく、地球に来た別の惑星からの存在であると確信しています。高度な物理学の技術開発と知識を持ち、「より下等な」種族の心を操作して、それを奴隷種に変える能力があります。

アヌンナキのような技術文明の以前に、天と地を支配する力を持つ天の神々を考慮し、人はひざまずきました。

言い換えれば、彼らは原始的な人間が理解できなかった技術を持っていたので、これらの「神」は、最高の神として誤解されていました。

アンは、シュメールの神々の中で最も強力で重要な神の1人で、アヌンナキの神々は、アンと彼の配偶者キ(Ki)の子孫だと信じられていました。彼らの本、神に登場するブラックとグリーンによれば、古代メソポタミアの悪魔と象徴:図解された辞書で、古代アヌンナキはまさに「アンの子孫」でした。

アヌンナキのグループには、「命令する7人の神」が列挙できます:アニル(Ani)l、エニル(Enil)、エンキ(Enki)、ニンフルサグ(Ninhursag)、ナンナ(Nanna)、ウツ(Utu)、イナンナ(Inanna)。

アヌンナキに言及するとき、古代シュメールのタブレット[粘土板]は、これらの神々を単なるエーテル的(etheric)な生き物として言及しておらず、彼らは人間のように肉と血の生物学的存在として描写しています。

私達が神について話すとき、私達は、それは現実の不確定な面の境界から現れる、漠然とした天の精神の画像を想像しています。

しかしながら、それはシュメール人がアヌンナキに与えた描写ではありません。

これらの神々は、古代シュメール人にとって総ての単一の方法で本当のものでした。神々は人間と共存し、これらの天の存在は生活を共有し、そして地球上の古代都市で人間と共存していました。彼らは物理的かつ触知できる存在であり、彼らは食べ、眠りました。

これらの神々は誰の目にも見えました;彼らは巨大な航空車で天国に移動するものとして記述されています。それらは雷鳴のように聞こえる騒音を発し、山を震わせ、火の息を吐きました。

 

(Fig.2) 古代シュメール神話によれば、アヌは最も古い神の1人でした。

 

アヌ - シュメールの神々の最古の神々の1人

アヌはシュメールの神々の最古の神々の1つと考えられ、彼は、空気と大気の神エンリルと、大地または創始の神エンキ(また、アッカディア語でエア(Ea)として知られています)と一緒に、偉大な神のトライアド(triad)[三尊]の1人でした。

彼は、神の父で最初の王として考慮されました。

アヌは、バビロン(Babylon)の南にあるウルク(Uruk) (バイブルのエレク(Erech))の都市のアンナ(E-anna)寺院に関連しており、この場所はアヌの崇拝の元の場所だと信じるべき十分な理由があります。

ウルクにあるアヌの寺院は、エアンナ(E-an-na)(「天の家」)と呼ばれていました。「天国では、彼の王座にあるアヌは、主権のすべての属性を身に着けて:すなわち笏(しやく)、王冠、頭飾り、スタッフ...

星は彼の軍隊を構成しました。

象徴的に、王は彼の力をアヌから直接受け取りました。

そうして、彼らは主権者だけを呼び寄せ、死に行く運命の残りは呼び出しませんでした。

アヌは:

「神の父」(abû ilâni)、

「天の父」(ab shamê)、

「天の王」(il shamê)。

西部のユダヤ人のAnuと等価なものは、アル(Ël)神になるでしょう。

そして、それはまたペリシテ(Philistines)人とフェニキア(Phoenicians)人のダゴン(Dagon)神と等価なようです。

天文学的にアヌは、赤道に一致する空の領域のアンの道(Way of AnまたはPath of An)と関連していました。

後にこの地域は、2つの熱帯地方の間の空間として定義されました。

彼は、シュメール人のための神聖な数字60と関連付けられていました。

 

 

----- 出典 -----

Anu, the supreme source of all authority and the ancestor of the Anunnaki | Ancient Code・・・接続に時間がかかり、以下のプレビューが表示されないことがあります

ancient-code.com(関連記事)

www.ancient.euoracc.museum.upenn.edu

 

----- この記事を読んで -----

エンキの14タブレットがストーリーの骨格になるのでしょうが、この隙間を埋めるようなストーリーがいろいろとあるようです。本編は、アヌンナキの始まりについての紹介になり、バイブルの創世記を連想するような印象です。

アヌンナキの系譜図を見つけられたら取り上げたいです。

アヌンナキにも始まりがあった。わずかな世代で彼らの故郷ニビルが汚染されて、地球に鉱物を求めた。何か違和感があります.....

 

アヌ (メソポタミア神話) - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

NEXT アヌンナキ

zzak.hatenablog.jpPREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

アヌンナキについての用語紹介

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp