ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

アフリカで発見された20万年以上前の「アヌンナキ」メトロポリス


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200424171433j:plain

アフリカで発見された20万年以上前の「アヌンナキ」メトロポリス

( 図 古代都市の例 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

アフリカ南部のある地域で驚くべきことが発見されました。1500平方キロメートルくらいの控えめな大都市の遺跡です。

 

(Fig.1) アフリカ大陸での位置

 

彼らがいつもそこに居たことに人々は以前には気づいていましたが、誰がそれらを作ったのか、なぜそれを作ったのかを誰も覚えていません。最近まで、彼らの数は誰も分かりませんでしたが、今はどこにいても、何千人、数十万人もいません。彼らが語る物語は人類にとって最も重要な物語ですが、それは喜んで聞くことができない1つです。

それは約10,000平方キロメートルのさらに大きなコミュニティの一部として、建設されたようです。準備はよろしいですか。 キリストの以前の16万〜20万年のことです。

下の画像は、Google Earthで撮影されたもので、数百メートルに接近した風景の図です。この地域は大変なへき地で、「サークル」はしばしば地元の農家に面しており、それは過去にいくつかの先住民族によって作られたことになっています。しかし不思議なことに、誰がそれを造りあげたのか、それが何年経つものなのか誰も問いかけませんでした。

 

(Fig.2) 地上の様子

 

これは、研究者と著者のマイケル・テイリンジャー(Michael Tellinger)氏がヨハン・ハイネ(Johan Heine)氏とチームを組んだときに一変しました。その地域を数年間飛び回っていた地元の消防士とパイロットが遺跡を観察しました。ハイネ氏は、これらの不思議な石の基礎の数と範囲を見るというユニークな利点を持っていました。そして、その重要性が評価されていないことを知っていました。

「ヨハンが私を南アフリカの古代石の遺跡に導いたとき、私は1年か2年で信じられないほどの発見がなされたことは知りませんでした。写真や人工物および証拠が蓄積され、間違いなく、以前には見られなかった失われた文明は、数百年、数千年間ではなく、他の総てに先行しています... しかし、何千年もの間、これらの発見はとても驚くべきことであり、それは現在の歴史的に簡単には消化されておらず、私たちが既に経験したものへの愛着があるように、私達が人類の歴史をどのように見るか、完全なパラダイムシフトが必要です。」とテイリンジャー氏は述べます。

 

(Fig.3) 石積みされた構造

 

エリアは重要で、驚くほどの金鉱脈があるためです。「過去500年間に発見された何百もの古代の金鉱は、失われた文明を示しています。  それは何千年もの間、世界のこの地域で金のために生きて掘ったものです。」と、テイリンジャー氏は述べます。「ここが本当に人類の発祥地ならば、私達は地球上で最古の文明の活動を見ているのかもしれません。」

この大都市の遺跡の数と範囲を確認するには、google-earthを使い、次の座標から始めてください:

E

– Machadodorp
– 25 38 ‘07.82“S / 30 21’ 18.79” E
Machadodorp – 25 39 ‘13.13 “E Badplaas – 25 47’ 33.45” S / 30 40 ‘38.76 “E Waterval – 22.42 “S / 30 17 ‘03.25” E

 

次に、この長方形で形成される領域内で低空での調査を実行します。 単純に信じられないほどです。このサイトは、海上貿易がこうした大きな人口を維持するのに役立つ可能性のある優れた港から約150km離れたところにありますが、しかし私達は約20万年前のメトロポリスについて話していることを思い出してください。

 

(Fig.4) 地表の模様

 

個々の遺跡は、主に、たいていの石の円は砂の中に埋もれており、衛星や飛行機でしか観測できません。一部のものは、砂を溶かす侵食で露出し、壁や基礎を明らかにしています。

探検家が最初にこれらの遺跡に遭遇したとき、それらはバンツー族(Bantu)の人々ような遊牧民によって作られた家畜のサンゴであるはずでしたが、彼らは南に移動し13世紀中に土地に定住しました。人口密度の高い地域社会として、より大きな建物を作ることができる文明の、過去の記録はありませんでした。この地域を調査するためのほとんどの努力はされませんでした。そもそも遺跡の範囲が完全には知られていなかったからです。

過去20年間に、キリル・ホロニック(Cyril Hromnik)、リチャード・ウェイド(Richard Wade)、ヨハン・ハイネ他の人々は、これらの石の構造は、それらが見えるものではないことを発見しました。実際これらを今や、次のように考えています。失われた古代文明の古代寺院と天文台の遺跡は、何千年も前のものです。

これらの円形の遺跡は巨大な領域に広がっており、これらは、空中からかまたは現代の衛星画像から、本当に高く評価されます。それらの多くはほとんど完全に侵食されているか、農業と気候の土の移動によって覆われています。一部のものは、それらの大きなサイズを表すオリジナルの壁で、十分長く残ってきました。その壁は、高さ約5フィート、幅1メートル以上で立っています。

 

(Fig.5) 地表の車輪状の模様

 

都市全体についてかメトロポリスについては、とても進化した文明によって開発され、うまく計画されたコミュニティだったことは明らかです。古代の金鉱山の数は、この場所のコミュニティの理由を示しています。私達は、コミュニティと遠くまで続く農業地域を結ぶ何百キロも伸びる道路を見つけました。その道路は、ペルーのインカ居住地にあるものにとてもよく似ています。しかし、質問は答えを求めます - 20万年前の人間によってどのように達成されたのでしょうか。

 

続く。

 

----- 出典 -----

infinityexplorers.com(同様な記事)

www.bizsiziz.comwww.ancient-code.comthespiritscience.net

 

 

----- この記事を読んで -----

ナスカの地上絵(南米ペルー)ほど大きくはないけれど、空中から見て「これは!」となる構造物が発見されます。考古学が見過ごしてきたものを、航空機や衛星からの観察が明らかにしてくれます。

こうした航空写真や衛星写真を基にしているのが GoogleEarthで、私達もこれを利用してさまざまな場所を調査することができます。とても面白くもあり、まだまだこうしたモノがありそうです。外国語になりますが、元記事のコメント欄の意見も、なかなかのものです。

20万年以前だとされるこうした遺跡により、そんなに前からコミュニティがあり人類が存在したのか、当時どのような暮らしをしていたのか。地球史/人類史は書き換えられるのか楽しみです。

蛇足になりますが、記事タイトルにアヌンナキと入っている(?)ことは、あまりにも大昔過ぎるものに対して、欧米でのインパクトが強いキャッチとして入れただけなのかもしれません。

 

NEXT アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

PREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

 アフリカ起源説に関連

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp