ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

アヌンナキのタイムライン


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210308182818j:plain

アヌンナキのタイムライン

(図 Australia Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

ゼカリヤ・シッチン(Zecharia Sitchin)氏は、バイブルの最初の本が書かれる前に、何千年にもわたる古代メソポタミア(Mesopotamian) (シュメール語(Sumerian)、アッカド語(Akkadian)、バビロニア語(Babylonian) )のテキストやタブレットの調査、翻訳、解釈に数十年を費やしました。アヌンナキは約30万年から25万年前に現代人の創造に尽力し、その後キリスト教以前の時代に人類の歴史に深く関わってきましたと、彼は断言しました。彼の情報源を幾つか挙げると、ギルガメッシュ叙事詩(Epic of Gilgamesh)、アトラハッシー叙事詩(Atra-hasis Epic)、エラ叙事詩(Erra Epic)、そしてエヌマ・エリシュ(EnûmaEliš)[バビロニア神話の創世記叙事詩]などがあります。ほんの一例として、創世記(Book of Genesis)の一部は、アヌンナキの古代シュメール語の記述を取り入れることで、一貫した方法で最もよく解釈できます。

 


Timeline of the Anunnaki on Earth

(16:23) 2020/11/08 ・・・ 元ビデオと同じ内容のカバー版

 

ビデオ内容

 

Events before the Great Deluge

(0:19) 450,000 私達の太陽系の遠方のメンバーであるニビル(Nibiru)では、惑星の大気が侵食されるにつれて、生命の顔は絶滅を示します。 アヌ(Anu)に追放された支配者アラル(Alalu)は宇宙船に逃げ込み、地球上に避難所を見つけます。 彼は、地球がニビルの大気を保護するために使用できる金を持っていることを発見しました。

(0:44) 445,000 地球上のアヌンナキ(Anunnaki)の土地、アヌの息子であるエンキ(Enki)が率いるエリドゥ(Erido)を設立、ここはペルシャ湾の水から金を抽出するための地球ステーション1です。

(1:00) 430,000 地球の気候はまろやかです。 さらに多くのアヌンナキが地球に到着します。その中には、エンキの異母姉妹であるニンフルサグ(Ninhursag)、最高医療責任者が含まれます。

(1:11) 416,000 金の生産が停滞すると、アヌは跡継ぎのエンリル(Enlil)と一緒に地球に到着します。 アフリカ南部で採掘することにより、重要な金を入手することが決定されました。 くじ引きで、エンリルは地球ミッションの指揮を勝ち取ります。 エンキはアフリカに追いやられます。 地球を離れるとき、アヌはアラルの孫に挑戦されます。

 

(1:39) 400,000 メソポタミア南部の7つの機能的な場所には、宇宙港(シッパル(Sippar))が含まれます。 ミッション・コントロール・センター(ニップル(Nippur))、冶金センター(シュルッパク(Shuruppak))。 鉱石はアフリカから船で到着します。 精製された金属は、イギギ(Igigi)が配属された軌道船(orbiters)にセットされ、その後、ニビルから定期的に到着する宇宙船に移されます。

(2:05) 380,000 イギギの支持を得て、アラルの孫は地球を支配しようとします。 エンリライト(Enlilites)は古い神々の戦争に勝ちます。

(2:17) 300,000 金鉱の反乱で苦しんでいるアヌンナキ。 エンキとニンフルサグは、類人猿の女性の一般的な操作を通じて原始労働者を作成します。 彼らはアヌンナキの手作業を引き継ぎます。 エンリルは鉱山を襲撃し、原始労働者をメソポタミアのエデンに連れて行きます。 与えられた生殖能力で、ホモサピエンス(Homo Sapiens)は増殖し始めます。

(2:43) 200,000 地球上の生命は、新しい氷期の間に後退します。

 

(2:52) 100,000 気候は再び温暖化します。 アヌンナキ(バイブル的にネフィリム(Nefilim))は、エンリルの苛立ちの高まりに対して、人間の娘達と結婚します。

(3:04) 75,000 新しい氷河期である「地球の告発(accusation of Earth)」が始まります。 逆進的な人間が地球を歩き回っています。 クロマニョン(Cro-Magnon)人は生き残ります。

(3:16) 49,000 エンキとニンフルサグは、アヌンナキの血統の人間をシュルッパクで支配するように昇格させます。 エンリルは激怒しました。 人類の終焉を計画します。

(3:28) 13,000 地球の近くをニビルが通過すると、巨大な津波が引き起こされることをはっきり理解し、エンリルは、差し迫った災害を人類から秘密にしておくために、アヌンナキに誓わせます。

 

Events after the Great Deluge

(3:49) 11,000 エンキは誓いを破り、ジウスドラ(Ziusudra)/ノア(Noah)に潜水艦船を建造するように指示します。 大洪水は地球を一掃します。 アヌンナキは、軌道を回る宇宙船からの破壊を目撃します。 エンリルは、人類の道具と種の残骸を与えることに同意します。 農業は高地で始まります。 エンキは動物を飼いならします。

(4:14) 10,500 ノアの子孫には3つの地域が割り当てられています。 エンリルの長男のニヌルタ(Ninurta)は、メソポタミアを居住可能にするために山を堰き止め、川を排水します。 エンキはナイル渓谷(Nile valley)を開拓します。 シナイ半島(Sinai peninsula)は、洪積後(post-Diluvial)の宇宙港のためにアヌンナキによって保持されています。 モリヤ山(Mount Moriah、将来のエルサレム(Jerusalem))に管理センターが設立されました。

(4:41) 9,780 エンキの長男のラー(Ra)/マルドゥク(Marduk)は、エジプトの支配権をオシリス(Osiris)とセス(Seth)に分けています。

(4:50) 9,330 セスは、ナイル渓谷を唯一支配するオシリスを捕まえて解体します。

 

(5:02) 8,970 ホルス(Horus)は最初のピラミッド戦争(First Pyramid War)を開始することによって彼の父オシリスに復讐します。 セスはアジア(Asia)に逃げ込み、シナイ半島とカナン(Canaan)を占領します。

(5:16) 8.670 エンキの子孫によるすべての宇宙施設の結果としての制御に反対して、エンリライトは第二次ピラミッド戦争(Second Pyramid War)を開始します。 勝利したニヌルタ(Ninurta)は、その機器のグレート・ピラミッド(Great Pyramid)を空っぽにします。 エンキとエンリルの異母姉妹のニンフルサグが平和会議(peace conference)を招集します。 地球の分裂が再確認されました。 エジプトの支配は、ラー/マルドゥク王朝(dynasty)からトート(Thoth)王朝に移されました。 代替のビーコン・シティ(Beacon City)として、ヘリオポリス(Heliopolis)が建てられました。

(5:47) 8,500 アヌンナキは宇宙施設への玄関口に拠点を設立しました。 エリコ(Jericho)もその1つです。

 

(6:00) 7,400 平和の時代が続くにつれ、アヌンナキは人類に新たな進歩をもたらします。 新石器時代(Neolithic period)が始まります。 半神達(Demi-gods)はエジプトを支配します。

(6:15) 3,800 都市文明は、アヌンナキがエリドゥ(Eridu)とニップル(Nippur)から始まる古い都市(Olden Cities)を再建するとして、シュメールで始まります。 アヌは、ページェント(pageantful)な訪問のために地球にやって来ます。 新しい都市、ウルク(Uruk、エレク(Erech))は彼に敬意を表して建てられました。 彼はその寺院を彼の最愛の孫娘イナンナ(Inanna)/イシュタル(Ishtar)の住居にします。

 

Kingship of Earth

(6:40) 3,760 人類は王権を与えました。 キッシュ(Kish)はニヌルタの庇護の下で最初の首都です。 カレンダーはニップルから始まりました。 文明はシュメール(最初の地域)で開花します。

(6:55) 3,450 シュメールの優位性(Primacy In Sumer)がナナール(Nannar) /シン(Sin)に移管されました。 マルドゥクはバビロン(Babylon)を「神々の玄関口(Gateway of the Gods)」と宣言しています。 「バベルの塔(Tower of Babel)」事件です。 アヌンナキは人類の言語を混乱させます。 彼のクーデターは失敗(し、マルドゥク/ラーはエジプトに戻り、トートを追放し、イナンナと婚約した弟のドゥムジ(Dumuzi)を捕らえます。 ドゥムジは誤って殺されました。 マルドゥクはグレート・ピラミッドに生きて投獄されました。 緊急の竪坑から解放され、彼は亡命します。

(7:31) 3,100 350年の混乱は、メンフィス(Memphis)に最初のエジプトのファラオ(Egyptian Pharaoh)が設置され、終わります。 文明は第二の地域にやって来ます。

(7:44) 2,900 シュメールの王権はエレク(Erech)に移されました。 イナンナはこの地域を支配しました。 インダス文明(Indus Valley Civilization)が始まります。

 

(7:59) 2,650 シュメールの王室の首都は動き回っています。 王権が悪化します。 エンリルは手に負えない人間の群衆に対して忍耐を失います。

(8:11) 2,371 イナンナはシャルキン(Sharru-Kin、サルゴン(Sargon))に恋をします。 彼は新しい首都アガイデ(Agaide、アカイド(Akkaid))を設立しました。 アッカド帝国(Akkadian empire)が発足しました。

(8:24) 2,316 4つの地域を統治することを目指して、サルゴンは、バビロンから神聖な土を取り除きます。 マルドゥクとイナンナの紛争が再燃します。 マルドゥクの兄弟であるネルガル(Nergal)が南アフリカ(south Africa)からバビロンに旅し、マルドゥクメソポタミアを去るように説得したとき、それは終わります。

(8:44) 2,291 ナラム・シン(Naram-Sin)がアッカド(Akkad)の王位に昇りました。 好戦的なイナンナにより監督され、彼はシナイ半島に入り込み、エジプトに侵入します。

 

(9:00) 2,255 イナンナはメソポタミアの権力を奪います。 ナラム・シンはニップルに逆らいます。 偉大なアヌンナキはアガデ(Agade)を抹殺します。 イナンナは逃げます。 シュメールとアッカドは、エンリルとニヌルタに忠誠を誓う外国軍によって占領されました。

(9:20) 2,220 シュメール文明は、ラガシュ(Lagash)の啓発された規則の下で新たな高みへと上昇します。 トートは、そのグデア(Gudea)王が、ニヌルタのためにジグラット寺院(ziggurat-temple)を建てるのを助けます。

(9:36) 2,193 アブラハム(Abraham)の父のテラ(Terah)は、ニップルの司祭王室(priestly-royal family)に生まれました。

 

(9:47) 2,180 エジプトは分裂しました。 ラー/マルドゥクの信者は南を維持します。 ファラオは彼に反対し、下エジプト(北)の王位を獲得しました。

(10:00) 2,130 エンリルとニヌルタがますます遠ざかるにつれて、メソポタミアの中央当局も堕落します。 イナンナがエレクの王権を取り戻そうとする試みは、続きません。

 

The Fateful Century

(10:18) 2,123 ニップルアブラハムは生まれました。

(10:24) 2,113 エンリルはセム(Shem)の土地をナンナー(Nannar)に委託します。 ウル(Ur)は新帝国の首都を宣言しました。 ウル・ナンム(Ur-Nammu)が王位に就き、ニップルの守護者(Protector of Nippur)と名付けられました。 アブラハムの父であるニプリア人(Nippurian)の司祭テラが、朝廷(royal court)と連絡を取るためにウルにやって来ます。

(10:49) 2,096 ウル・ナンムは戦いで死にます。 人々は彼の早すぎる死をアヌとエンリルによる裏切りだと考えています。 テラは家族と一緒にハラン(Harran)へ出発します。

(11:03) 2,095 シュルギ(Shulgi)はウルの王位に昇り、帝国(imperial)の絆を強めます。 帝国が繁栄するにつれて、シュルギはイナンナの魅力に陥り、彼女の恋人になります。 彼の外人部隊(Foreign Legion)としての蓄えることと引き換えに、エラム人(Elamites)にラルサ(Larsa)を下付します。

 

(11:25) 2,080 ラー/マルドゥクに忠実なテーベ(Theban)の王子達は、メンチュヘテプ1世(Mentuhotep I)の下で北に向かって押します。 マルドゥクの息子、ナブー(Nabu)は、西アジア(Western Asia)で父親のための支持者を獲得します。

(11:41) 2,055 ナナー(Nannar)の命令で、シュルギはカナン人(Canaanite)の都市での不安を抑えるためにエラム人の軍隊を送ります。 エラム人は、シナイ半島とその宇宙港への玄関口に到着します。

(11:55) 2,048 シュルギが死にます。 マルドゥクヒッタイト(Hittites)の地に移動します。 アブラハムは、騎兵(cavaltymen)のエリート軍団(corps)がいるカンナン南部に命令しました。

(12:09) 2,047 アマル・シン(Amar-Sin、バイブル的にはアムラペル(Amraphel))がウルの王になります。 アブラハムはエジプトに行き、5年間滞在し、その後、より多くの軍隊を連れて帰国します。

 

(12:21) 2,041 イナンナに導かれて、アマル・シンは東の王の連合を形成し、カナンとシナイへの軍事遠征を開始します。 そのリーダーはエラム人の:ケルドラ・オメル(Khedorla’omer)です。 アブラハムは、宇宙港への玄関口で前進を阻止します。

(12:42) 2,038 帝国が崩壊するにつれて、シュ・シン(Shu-Sin)はウルの王位にあるアマル・シンに取って代わります。

(12:52) 2,029 イビ・シン(Ibbi-Sin)が、シュ・シンに取って代わります。 西部の州は、ますますマルドゥクへ向かっています。

 

(13;03) 2,024 彼の信奉者を率いて、マルドゥクはシュメールで行進し、バビロンに身を投じます。 戦いは中央メソポタミアに広がります。 ニップルの至聖所(Holy of Holies)は汚されています。 エンリルはマルドゥクとナブーに罰を要求します。エンキは反対するが、息子のネルガル(Nergal)はエンリルの味方です。 ナブーがカナン人支持者を組織して宇宙港を占領すると、偉大なアヌンナキは核兵器の使用を承認します。 ネルガルとニヌルタは、宇宙港と常軌を逸したカナン人の都市を破壊します。

(13:41) 2,023 風が放射性雲をシュメールに運びます。 人々は恐ろしい死を遂げ、動物達は滅び、水は毒され、土壌は不毛になります。 シュメールとその偉大な文明は力を失いました。 その遺産はアブラハムが、彼が100歳で正当な相続人の、イサック(Issac)を生むときに、アブラハムの種に受け継がれます。

  

 

 

----- 出典 -----

Timeline of the Anunnaki on Earth」は、掲載終了しております。

 

 

----- この記事を読んで -----

ビデオ紹介記事です。大洪水くらいまでのストーリーとして描かれることが多い中、さらに今から4,000年ほど前の核兵器の使用までのストーリーを推察しているところが興味深いです。

アヌンナキというエイリアンが地球を採掘したとしたのならば、今の地球は採掘されつくされた残りものなのでしょうか。

 

古代核戦争説 - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

NEXT アヌンナキ

zzak.hatenablog.jpPREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp