ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

古代ギリシャ神話でのアヌンナキ - シュメール=アカディア文化との対比


f:id:Zzak:20210820033644j:plain

古代ギリシャ神話でのアヌンナキ - シュメール=アカディア文化との対比

(図 Sunset Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

  インデックス

 

パンテオン(Pantheon)[神殿]が、どのようにしてギリシャ神話へと発展し、世界中の異なる文化で採用され、異なる名前を与えられたのでしょうか。

 

Anunnaki Gods of Ancient Greece

(16:30) 2020/12/24 ・・・ 元々は同タイトルの(21:59)のビデオでした

 

【ビデオ内容】

イントロダクション

(0:00)

ギリシャメソポタミアは、歴史が記録されている限り、西と東の出会いの場でした。

お互いの絶え間ない相互作用を考えると、彼らが多くの文化的側面を互いに共有したことは驚くべきことではありません。

古代ギリシャに対するシュメール(Sumerian)の影響は、主流の学界ではめったに言及または分析されていません。

古代ギリシャへの近東の影響を含む現在の学術研究のほとんどは、ヒッタイト(Hittite)のフルリ語(Hurrian)とアカディアン(Acadian)/バビロニア(Babylonian)の基礎を示しています。

これらの文明は確かに彼らの文化的アイデンティティの大部分をシュメールと彼らの神々の神殿(pantheon)に負っています。

私達がギリシャの思想と生活を実際に垣間見る最初期の姿は、詩人のヘーシオドス(Hesiod)とホメロス(Homer.)に起因する作品です。

(1:02)

ギリシャの詩人ヘーシオドスは西暦前700年頃に住んでいたと考えられており、彼に起因する2つの主要な作品は、仕事と日(Works and Days)と神統記(Theogony)です。

これらの作品やヘーシオドスに起因する他の初期のギリシャの詩は、ギリシャの宗教、神話、農業、時間管理に関する主要な情報源です。

見たり聞いたりする多くの人は、プロメテウス(Prometheus)とパンドラ(Pandora)の話を知っています。

もしもここにない場合は、非常に要約された要約です。

プロメテウスは、仲間のタイタン(Titans)[ティーターンは、ギリシア神話ローマ神話に登場する神々]をタルタロス(Tartarus)[ (地獄の)懲罰所]の奥深くまで追放したオリンピアの人達(Olympians)をほとんど愛していませんでした。彼の主な愛情は人間に対するものでした。

報復として、ゼウス(Zeus)は人から火を奪ったが、プロメテウスは止められず、それを盗んで再び地球に戻しました。

火の代償として、そして一般的に人類への罰として。

ゼウスは女性パンドラを作成し、エピメーテウス(Epimetheus)に送りました。エピメーテウスはプロメテウスから警告を受けましたが、彼女と結婚しました。

(2:04)

パンドラは彼女が持っていた瓶から大きなふたを外し、悪の努力と病気が人類を苦しめるために飛び出しました、希望だけが中に残っていました。

どうやら、ゼウスは火のためにプロメテウスにとても腹を立てていたようです。

彼は幹部会(caucus)のために、彼をはるか東に連れて行ってもらうことによってタイタンを罰しました。

さらに悪いことに、肝臓は毎晩再成長し、ワシは毎日戻ってきて、人間の恩人のために幸運にもプロメテウスを絶え間なく苦しめましたが、それは多くの年齢の後でのみでした。

英雄のヘラクレス(Hercules)は、彼の有名な労働の間にある日を過ぎたとき、彼の矢の1つでワシを殺しました。

 

f:id:Zzak:20210820033729j:plain

(図 Greek God Pixabay)

 

お知らせ

この比較分析を掘り下げる前に、アーカイブは、神々の間に「潜在的な」つながりがあり、決定的な結論として解釈されるべきではないことを指摘することを急いでいます。

多くの場合、私たちの分析には、ギリシャまたはシュメールの神に対応する可能性のあるものが複数含まれます。

(3:05)

間違いなく、一部の視聴者は、この扱いに含まれていない比較を調査した可能性があります。

アーカイブは、比較のための最強のケースであると信じているものを単に提示しています。

それで… そうは言っても、もっと深く掘り下げましょう。

 

クロノス

クロノス(Cronus)は、ウラノス(Uranus)[天の人格化で世界を支配する神]、そして最終的にはオリンポスの神々と戦う兄弟の王でありリーダーであったため、おそらくタイタンの中で最も有名です。

ウラノスとガイア(Gaia/Gaea)[地球の女神]から生まれた彼は、彼らの子孫の末っ子であり、おそらく最も強力でした。

クロノスは最終的に彼の父を倒すことによって力を得ます。

彼と彼の妹のレア(Rhea)は王と女王として王位に就き、黄金時代を支配しました。

クロノスは後に、息子のゼウスへ王位を失うことになりました。

ギリシャの神クロノスは、メソポタミアの神アン(An/シュメール語)またはアヌ(Anu/アッカド語)とよく似ているようです。アンまたはアヌは、最も古い世代の神に属し、元々はバビロニアの神殿の最高神でした。

(4:11)

その結果、彼の主な役割は、天国の権威者の意思決定者および先祖としての役割です。

彼は他の神々に機能を割り当て、自由に彼らのステータスを上げることができます。

シュメールの詩の中でイナンナ(Inanna)と誰もが、イナンナは、地球上の天国全体で私を恐ろしくさせたと主張しています。

彼は王権を授け、彼の決定は不変と見なされます。

その後、アヌはこれらの機能をエンリル(Enlil)として共有またはシードするようになりました。

その後、マルドゥク(Marduk)は目立つようになりましたが、彼はメソポタミアの歴史を通して彼の本質的な性格と高い地位を維持しました。

アンまたはアヌの特定の擬人化された表現はありません。

彼のシンボルは、玉座に休んでいることが時々示される角のある王冠であり、彼の動物は雄牛です。

 

ゼウス

ジュピター(Jupiter)[神々の王で天の支配者;]としても知られるゼウス(Zeus)は天空の神であり、オリンポスの神々の支配者でした

先に述べたように、彼は父親のクロノスを倒しました。

そして、彼の兄弟であるポセイドン(Poseidon)とハデス(Hades)と一緒に、誰が王位で父親を引き継ぐかを決めるためにたくさんのことを描きました。

ゼウスは引き分けに勝ち、神々の最高の支配者となり、空の主人になり統治しました。

彼の武器は落雷であり、彼を不快にさせたり反抗したりした人々、特に嘘つきや宣誓を破る者に投げつけました。

アヌは、最高の天空神であり公平な支配者であるゼウスの相手であると主張されることもありますが、アヌはシュメール=アカディア文化の前身の神でした。

マルドゥクはゼウスとも関係があることがあります。

バビロニア占星術(astrology)では、マルドゥクは後期バビロニアの神殿の支配者として、ジュピター[木星]として私達に知られている惑星に関係していました。

(6:00)

彼は後にギリシャの神ゼウスと同一視されました。

したがって、ギリシャ語で木星に相当するものは、最終的に、マルドゥクの地位を占めていたローマの神(Roman deity)の名前が付けられました。

しかし、結局のところ、エンリル神は、懲罰的な嵐の神としてのゼウスの対応物としてよりよく適合しているようです。

ゼウスからクロノスのように、ニビル(Nibiru)でアヌの王位を継承します。

エンリルは大気の神であり、アヌとエンキ(Enki)によって完成された神々の三つ組のメンバーでした。

アヌはシュメールのパンテオンで最高の神でしたが、エンリルはアヌに続くエネルギーと力と権威の具現化としてより重要な役割を果たしました。

エンリルはメソポタミアの神々の中で最も強力でした。

彼は神々と人類の運命を含む運命の粘土板の番人であり、ゼウスのように決定を疑うことのできない止められない力と見なされていました。

 

f:id:Zzak:20210820033858j:plain

(図 Poseidon Pixabay)

 

ポセイドン

(7:00)

ネプチューン(Neptune)[海神/ギリシャ神話のPoseidon]としても知られるポセイドンは海の神であり、すべての水生生物の保護者です。

クロノスの転覆後、彼は宇宙を共有するために彼の兄弟とたくさんを描きました。

彼は結局海の主人になってしまった。

彼の武器はトライデントであり、地球を揺さぶって地震を引き起こし、あらゆる物体を粉砕することができました。

彼は神々の間で権力においてゼウスに次ぐものでした。

エンキは、ポセイドンの最も可能性の高いシュメールの対応する者のようです。

シュメールの文化では、エンキは出産と創造の概念に深く関わっています。

これはしばしば水によって表されます。

しかし、エンキは、地表の深部から来る塩と甘いものの両方のすべての水がたくさんあります。

エンキの古代の画像は、彼の男性的な肩から流れる川を示しています。

描かれている川は、メソポタミアを流れるユーフラテス川(Euphrates)とチグリス川(Tigris)であると考えられています。

そして、ポセイドンのような土地への彼の豊饒の贈り物を意味します。

エンキは非常に強力な神であり、彼の奉仕で神秘的な存在の助けを借りました。

伝説では、人魚、巨人、さらには悪魔など、エンキの地上での取り組みを支援したさまざまな生き物について説明しています。

 

アフロディーテ

ヴィーナス(Venus)[美と愛の女神/ギリシャ神話のAphrodite]としても知られているアフロディーテ(Aphrodite)は、ゼウスとイリアス(Iliad)のディオーネ(Dione)の娘であり、他の場所で神の継承神話を呼び起こさないことを好みます。

アフロディーテは、クロノスが父親を虐殺した後に海に落ちた天王星の切断された生殖器から生まれ、彼の代わりになります。

彼女はすべての生き物の美しさの性的魅力と世代の女神です。

イナンナとしても知られるイシュタル(Ishtar)[バビロニアアッシリアの、愛、多産、および戦争の女神]は、アフロディーテのおそらくバビロニアの対応するものです。

人間の動物と植物と戦争の両方の豊饒の女神として。

彼女は最高位のバビロニアの女神です。

 

アポロ

アポロはゼウスと女神レト(Lito)の息子です。

(9:01)

彼は息子の神であり、光、真実、予言、詩、嘘つきに関連する文明芸術の守護神です。

それが今日私たちがクラシック音楽と呼ぶことができるものです。

彼は癒しの神であり、古典ギリシャとローマで病気に腹を立てた場合、彼はヒエラルキーと貴族に関連付けられるようになります。

太陽の正義、道徳、真実の神として、

ウトゥ(Utu)としても知られるシャマシュ(Shamash)は、シュメール=アカディア文化におけるアポロの最も明白な対応するものです。

女神イシュタルの兄弟であったシャマシュは、後のアポロのように太陽を象徴するディスクで描かれることがよくあります。

彼は馬車に乗って馬に乗って、またはシンとイシュタルと一緒にボートに乗って、毎日天国を旅しました。

シャマシュは、それぞれ天の地球と水を表すアヌ、エンリル、エンキのさらに古い三位一体を完成させた神々の試みを形成しました。

そして、アポロに双子の姉妹がいるように、そうです。

シャマシュにはイナンナという双子の姉妹がいます。

 

エルメス

マーキュリー(Mercury)[メルクリウス、神々の使者で,雄弁家・職人・商人・盗賊の守護神; ギリシャ神話のHermes]としても知られるエルメス(Hermes)は、ゼウスとマイナーな女神マヤ(Maia)の息子です。

彼は、人間と神の世界の間を自由に移動していると説明されています。

彼は、神々から人間にメッセージをもたらし、死者の魂を冥界(Hades)[冥界の王ハデス]に護衛する境界を越える人です。

彼は先駆者の旅人の守護神であり、埋蔵金の幸運な発見者です。

ニンギシュジダ(Ningiszida)は、エジプトのトート(Thoth)が長い間エルメスと関係してきたことでも知られています。

ゼカリヤ・シッチン(Zecharia Sitchin)氏によれば、ニンギシュジダはエンキと、冥界のシュメールの女王であるエレシュキガル(Ereshkigal)の息子です。

したがって、エンキの相手がゼウスではなくポセイドンである場合、わずかな矛盾があるように見えますが、この比較分析は、エンキとエンリルのライバルにもかかわらず、血統ではなく神の属性に焦点を当てています。

(11:11)

しかしながら、ヘルム(Herm)は、トートとしての彼のエジプトの役割において、兄弟の箱舟の競争のすべての派閥によって高く評価されました。

ヘルムは神々の間のファルコン[ハヤブサ]でした。

地球を測る紐の神です。

ギザ(Giza)のグレート・ピラミッド(Great Pyramids)の秘密の守護者に任命されたアヌンナキ、ホルス(Horus)に取って代わる神です。

ホルスは、大変な古代のエジプトの王位に就いたイシス(Isis)とオシリス(Osiris)の息子です。

可能性はありますが、ニンギシュジダは初期のメソポタミアの神ケツァクウァトル(Quetzalcoatl)[羽蛇として表されるアステカ族の神]でもありました。

 

ハデス

プルト(Pluto)[ブルトン、冥界の王ハデスの呼称]としても知られるハデス(Hades)は冥界の神であり、レア(Rhea)のクロノスであるタイタンの息子でした。

イリアス(Iliad)の有名な一節によると、ハデスと彼の2人の兄弟、ポセイドンとゼウスは、先に述べたように、支配する領域のためにたくさんのことを描きました。

(12:02)

ゼウスは空を受け取り、ポセイドンは海を受け取り、ハデスは冥界を受け取りました。

死者の魂が世界を去るときに行く目に見えない領域、そして地球の下のありとあらゆるものです。

 

ハイチ(Haiti)で最も可能性の高いシナリオの、アカディアの対応のものはネルガル(Nergal)です。

ネルガルは冥界を主宰し、死者の政府に割り当てられた特別な神殿の最高位に立った神でした。

この立場で、彼は女神エレシュキガル(Ereshkigal)[死の女神でネルガルの配偶神]と関係があります。

しかしながら、後期バビロニアの星の神学システム(astral theological system)には重大な矛盾があり、ネルガルは戦争での破壊の激しい神としてマーズ(Mars)[マルス/ギリシャ神話のAres]と関係があります。

ネルガルは赤い惑星[火星]にとって適切な選択のようでした。

そして彼はギリシャ人によって戦争の神アレス(Ares)と同一視されたので、現在の惑星の名前です。

ハイチの妻はペルセフォネ(Persephone)[ZeusとDemeter の間に生まれた娘; 下界の神Hadesにかどわかされて妻となり,下界の女王となる]でした。エレシュキガルは、死者の女王で、冥界の支配者のペルセポネの最も可能性の高いシュメールの対応するものです。

(13:10)

 

締めくくる前に、もう少し簡単な比較について説明します。

ヘラ(Hera)は、神々のユノ(Juno)[Jupiterの妻で女性(特に結婚生活)の保護神; ギリシャ神話のHera]女王としても知られる結婚の女神であり、正当な支配者です。

皮肉なことに、彼女自身の結婚は完璧にはほど遠いものであり、ゼウスの不貞にしばしば腹を立てていました。

彼女は、パリス(Paris)[Troy王プリアモスの子; Spartaの王妃Helenを奪いTroy戦争の原因を作った]の審判に腹を立てたことと、パリスがギリシャの王の結婚を偽装したこともあり、トロイの木馬(Trojans)との戦いでギリシャ人を助けました。

ヘラで最も可能性の高いシュメール=アカディア文化の対応の1つは、ニンフルサグ(Ninhursag)です。

 

デメテル

デメテル(Demeter)は、ケレス(Ceres)[豊年の女神; ギリシャ神話のDemeter]としても知られる農業の女神です。

彼女はギリシャとローマの文化において極めて重要な女神ですが、ホメロス(Homer)やウェルギリウス(Virgil)の叙事詩では大きな役割を果たしていません、デメテルのシュメール=アカディアの対応と思われるのはニンガル(Ningal)[ヨシの女神]です。

 

アテナ

(14:02)

アテナ(Athena)は、ゼウスのミネルバ(Minerva)娘としても知られ、通常、ゼウスの遺言執行者でした。

彼女は知恵の勝利の戦争戦略と織りの技術の女神でした。

ゼウスはメティス(Metis)を飲み込みました。その名前は巧妙さや助言を意味します。

彼女がアテナを妊娠している間、数ヶ月後、ゼウスはひどい頭痛を抱え、アテナは完全に情け容赦なく飛び出しました。

彼女はゼウスの時代に、ヘラ(Hera)のようにゼウスが怒っている人間を怖がらせることを目的としたゴルゴン(Gorgon)の頭を持つ山羊の皮の盾を持っています。

アテナのシュメール=アカディア文化の対応は、ニンフルサグの可能性があります。

 

アレス

アレス(Ares)は、ゼウスとヘラの息子で、マーズとしても知られている戦争の神です。

彼は、戦車で踏みつけ、情熱に燃えている槍で入って剣で切りつける、戦いを楽しみます。

彼は勝利や戦略とは関係がなく、ローマでの戦争そのものと関係があります。

(15:06)

彼はジュピター(Jupiter)に次ぐはるかに重要な神であり、彼は農業と軍事の協会を持っています。

アレスには、シュメール=アカディア文化の潜在的な対応するものがいくつかあります。

イシャカー・ナイネルダ(Ishker Nynerda)と先に述べたニンガル(Ningal)は、すべてアレスと類似しています。

 

そうなので、ギリシャとシュメールの神々の神殿の間で、より多くの比較があります。

もちろん、提示されたものとは異なる潜在的な相関関係があります。

そのため、コメントセクションに追加の比較分析を投稿してください。

 

 

----- 出典 -----

The Anunnaki In Ancient Greek Mythology」は掲載終了しております。

 

 

----- 2019/07/07公開の記事を読んで ----

ビデオ紹介記事になります。シュメール神話という視点で見たとき、アヌンナキのストーリーとの関連性がギリシャ神話、ローマの神話、北欧神話、エジプトの歴史にあります。今回は、ギリシャ神話とアヌンナキの比較で、登場人物に焦点を当てています。

どれかが原作で、他は焼き直し版なのでしょうか。それとも、それぞれが独立して書き起こされた原作なのでしょうか。

前者だとすると、地球の文明発祥は唯一の場所に集約されることになりそうです。後者だとすると、世界各地にあるピラミッドと同じように、文化交流なしに同様な結果が残されるミステリーに繋がるのかも知れません。

 

ギリシア神話の神々の系譜 - Wikipedia

メソポタミア神話の神々の系図 - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

PREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp