ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

そういう分けで、アヌンナキは地球に来ました


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200823101907j:plain

そういう分けで、アヌンナキは地球に来ました

(図 スペース Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

多くの人が次の事実を支持しています。古代の神々に関するすべての物語は、古代アヌンナキ(Anunnaki)の共通の情報源に戻ります。しかし、古代アヌンナキスの背後にある真実はどうでしょうか。彼らは本当に人類の創造者でしょうか。私達の文明は遠く離れた過去に地球を訪れた超高度なエイリアン種族の産物な可能性は何でしょうか。あなた達の多くが既に知っているように、古代アナンナキが地球に来たと信じられています。そして彼らのDNAを地球の原始的な種と混合して、現代人類を創造しました。他の翻訳でも、多くがアヌンナキは「彼らは天から来た」と主張しています。このやや「論争の多い」説は誰もが受け入れるわけではなく、このような事が本当に起こったと考えるのは馬鹿げている考える人もいます。しかしながら、神秘的な理由から、人類の創造を語る古代のテキストのほとんどすべては、「神々」のイメージと同様の姿で私達をどのように創ったのかの話を伝えています。そして、ある時点では、これらの神々はいつか地球に戻ってくるでしょう。

 

これらの「神々」がいわゆるアヌンナキの可能性はあるでしょうか

多くの人々は「巨人(Giants)」が現れた時があったと確信しており、古代シュメール人(Sumerians)は彼らの神々のアヌンナキと共に生きていました。天から来たミステリアスな神々は、人類を創り出しました。何千年も前、彼らは人間の間を歩いているかもしれません。

 

(Fig.1) アヌンナキの上陸

 

彼らは地球上の最初の文明を支配しました。数百万人が、私達はバイオ-エンジニアリング(bioengineering)の結果かもしれないことを認識しています。興味深いことに、古代シュメールの文明は、もしもそれが地球上で最古の文明でないならば地球上で最古の文明の1つとして、研究者によってしばしば引用されています。歴史は私達に次のように伝えています。古代シュメールの文章によれば、アヌンナキは過去に最高の神とみなされていました。これらの存在について、普通の人間よりも優れた能力を持つ肉体的、精神的な存在のようなヒューマノイド(humanoids)として描写されています。

 

見なさい –アヌンナキは地球に戻って来ている

宇宙探検家アヌンナキの文明は、素晴らしい技術と知恵を持って遠く離れた銀河から来たもので、彼らは必死に必要としていた貴重な鉱物を私達の惑星で探していた、と信じられています。古代の楔形文字タブレット(cuneiform tablets)は、アヌンナキを前例のない高いディーテルで描写し、例えこれらの「存在」が人類を支配する何百年間どのように生きていたことさえも語っているのは、とても興味深いことです。古代のテキストは、それらがただの神話以上であることを示唆しています。30年以上にわたり古代シュメールの楔形文字タブレットを研究してきたシッチン(Sitchin)氏は、次のことを信じていました。いわゆる古代シュメールの神々は実際に外宇宙の知的生命体で、450,000年以上前に古代メソポタミア(Mesopotamia)の惑星地球に上陸しました。宇宙のコード(The Cosmic Code)書で、シッチン氏は書いています:「文明化された人間がまだ地球に生息していない時がありました。それは、動物が野生で農作物がまだ栽培されていなかった時です。その昔、50人のアヌンナキのグループが地球にやって来ました。彼らが彼らの惑星ニビル(Nibiru、「交差する惑星」)を去ったとき、エア(EA、「彼の家は水」という意味)という名のリーダーが指揮しました。そして、 地球に来て、ペルシャ湾の海に降りてくる...変遷(Weather):445,000年前」人類は最後に神々に奴隷化されました。しかし、神々はネフィリム(Nephilim)の子孫も創造しました。これらのミステリアスな存在は、地球に来て人間と交わった結果です。古代ギリシャ神話にも同様の話があります。古代ギリシャの主要な神の1人であるゼウス(Zeus)は、ヘラクレス(Hercules)とペルセウス(Perseus)の2人のハイブリッドの息子を育てたと言われています。奇妙なことに、エノク(Enoch)書は、「ウォッチャー(The Watchers)」と知られる存在について言及しており、天から降り人間と生まれた天使達のことです。

 

(Fig.2) アヌンナキによる創造

 

多くの人々は次の主張をしています。上記の物語はアヌンナキの決定的証拠で、これらの存在が過去のほとんど総ての古代の先祖代々の文明に、どのように影響を与えたのでしょうか。もしも、あなたが古代のヒンズー教(Hindu)、ギリシャ(Greek)、ローマ(Roman)、アステカ(Aztec)の文明、エジプト(Egyptian)とマヤ(Mayan)のテキストを見るならば、私達はそれらの間に魅力的な類似点を見つけるでしょう:過去に、存在は天から地に降りて人と生まれました。 そうして彼は、「神」(人間の媒体)の子孫に生まれました。

 

 

----- 出典 -----

infinityexplorers.com(関連記事)

www.ancient-code.com

 

----- この記事を読んで -----

アヌンナキのストーリーを軸に、バイブルも含めたさまざまな古代のストーリーを比較してゆくと、不可思議な共通性に気付きます。地理的には各々独立した場所で、何故に共通のストーリーが出て来るのでしょうか。

古文書やバイブルがどういった書なのかは、何回か取り上げていますが、これらの内容は学術的な研究対象に位置づけされていることを踏まえてください。

 

----- パズルのピース -----

NEXT アヌンナキ

zzak.hatenablog.jpPREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

RELATED

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp