ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

エイリアン

イギギに会う - アヌンナキに反抗した古代宇宙飛行士

アヌンナキとは別の惑星からのエイリアンとしてイギギが登場します。アヌンナキの歴史の一角を構成する存在がイギギのようで、労働を荷っていたイギギの反乱があったとれています。

科学者ブライアン・コックスは、どうしてエイリアンを見つけられなかったのか彼は知っていると言う

ある惑星に生命が生まれて発達するまでの時間は、宇宙的な時間のスケールでは瞬きをするような一瞬の出来事なのかもしれません。

エイリアンは神を創造した...そして今彼らは神を戻したい

これも古代宇宙飛行士説の類になるのでしょうか。現在、世界中の至る所に、宗教と呼ばれるものがあります。教義の違いこそあれ、よくよく考えると不思議な共通性を持っています。何故でしょうか !?

元海軍士官が、エイリアンとの最高機密の政府協定を公開

米国の調査組織による、極秘の調査や交渉が行われたとする証拠や仮説がいくつもあります。MJ-12 (エムジェイ・トウェルブ)またはMAJIC 12(マジック・トウェルブ)とは、いかなる存在なのでしょうか !?

アブダクトされたイタリア人の男性は、惑星「クラリオン」からのエイリアンの写真を持っています

クラリオン星人だとされるストーリーはでっちあげのようです。既に、地球を訪問している存在があるとする中、残念なことです。

エリア51センセーション:「内部告発者」

ニューメキシコ州ロズウェルで起きたUFO墜落事件は、軍によって事実関係が隠蔽されたとされています。ここに登場するロバート・ミラーさんも、巻き込まれた1人のようです。さまざまな証言から見えて来るものとは何でしょうか !?

予期せぬ「到着」:人類はエイリアンへの準備ができていない

映画 Arrival (邦題 メッセージ)のようなことが、起こる想定がされているようです。お堅い Space.com 誌がこうした話題を取り上げる意味はなんでしょうか。友好的な訪問がされるのか、友好的でない訪問となるのか...

エイリアンの証拠になるかもしれない、「消失する」星を見つけた

昨日まで輝いていた恒星が突然に夜空から消えることはあるのでしょうか。それは、自然現象なのでしょうか、それとも地球外知的生命の兆候なのでしょうか !?

アヌンナキの歴史:エンキの14タブレット

この14タブレットがアヌンナキのヒストリーの中核となるようです。バイブルにあるようなストーリーもあり、いろいろな要素の原典なのかもしれません。これが地球史なのでしょうか !?

モスクワ近くの村は、地球外生命体により「恐怖」となりました

モスクワ近郊のプロタソボ村で、ETと村人の交流があったとのこと。ロシアの情報はいつもベールに包まれています。どれだけ本当なのか !?

U.S.の反重力宇宙船は、地球外の技術で作られています

地球外の存在から先進テクノロジーを受け取り、リバース・エンジニアリングした地球製のUFOがある、こうしたストーリーを支持する方も多いようです。どうなのでしょうか !?

レオナルド・ダ・ヴィンチはエイリアンの証拠を作品に忍ばせた

その偉業に人間離れしているとする見方もされるレオナルド・ダ・ヴィンチ。彼の絵画に隠されたものとは、意図的なのか偶然なのか !?

2000歳のシュメリアン・タブレットの最終翻訳

アヌンナキのストーリーについて、ダイジェストに要旨が書かれています。太陽系を構成する第10惑星とは、それがニビルなのでしょうか !?

アヌンナキ - 決して映画化されたことのない映画、なぜだろうか

アヌンナキ)は3部作の映画で、2006年にリリースされる予定でした。しかし、残念なことに、このプロジェクトは突然にシャットダウンされてしまいました。なぜでしょうか

NASA、4種族のエイリアンとのコミュニケーションを発表

ご存じの通りエイプリル・フールと呼ばれる日もあり、少しきつめのジョークも許容されています。しかし、NASAはエイリアン探しを公言しているわりには、UFOになると微妙に消極的なのは何故なのでしょうか。

人間のDNAは「エイリアンにより設計された」

生物の設計図としてDNAを研究されていると、進化論の意味する進化は簡単なことではない、こうした結論なのでしょうか。現在の地球上に暮らす、さまざまな種族、そして進化論。私達が理解していない何かが隠されているのかもしれません。

未知の生命種のメラネシア部族の遺伝子DNA

現代の医学的、科学的な研究調査の精度の向上により、標準ではないDNAが見つけられることはあるのでしょう。ダーウィンの進化論の自然淘汰的な変異で、説明のできない遺伝子のミッシングリンクもあげられています。これは、どういうことなのでしょうか。

エイリアン生命体は、物理法則と区別がつかないほど進んでいるかもしれません

文明の科学水準に開きがあり過ぎると、魔法とか、神のなせる業として片付けられて終了してしまうのかもしれません。果たして、私達を訪問している存在の科学水準とは、どの程度のものなのでしょうか。

ボイジャー2号は深宇宙に入ったときにハッキングされたのかもしれません

ボイジャー2号の故障は、ただの故障なのでしょうか。NASAは、エイリアンの発見やコンタクトに精を出しているとはいえ、NASAのスタッフから踏み込んだ発言があるのは興味深いです。

人間文明の創造者である「エンキ」の秘密

地球と火星を舞台にした採掘のストーリーです。人間が生まれた経緯や、大洪水に至る経緯が記されています。バイブルと比較しながら考察すると、とても興味深い内容です。

アヌンナキは40万年以上前に人類を創造したのでしょうか

私達人類が、ダーウィンの進化仮説をはじめとした進化論の一環としての今日の存在だとすると、ミッシングリンクのミステリーが解決されないままです。果たしてエンジニアの関与があったのでしょうか !?

アヌンナキ - これらの神は本当に地球に戻ってきますか

定説では、アヌンナキは戻ってくると言われています。そして海外では、もしかしたらと、信じている方もかなり多いようです。アヌンナキはかなり一般的なのかもしれません。

ペルーで発見された、極めて細長い頭蓋骨を持つ新生児のミイラ化した頭

人間とは異なるヒューマノイドの種族の遺骨が、考古学的に発見されています。こうした事実は、学校では教わることのない地球史で、パラダイム・シフトせざるを得ません。あなたは、受け入れることができますか ?

ケプラー宇宙望遠鏡は、地球の近くに地球のような数十億の惑星を見つけます

ケプラー宇宙望遠鏡が投入され、より多くの地球型惑星が観測がされています。NASAは、知的地球外生命(ET)を探し続けています。そして、公式な発表はいつでしょうか。そのとき私達は !?

前国防長官は、米国海軍は物理学を否定したUFOを撮影したと主張

2017年10月下旬の記事です。当時は、米国の元国家安全保障長官からのディスロージャーの一例としての位置づけでしたが、米国海軍が、未確認飛行物体との遭遇を2019年に認め、大きな変化となりました。

アンドロメダ銀河のこの150億画素画像を確認してください

アンドロメダ銀河のズーム可能な映像は圧巻です。この一つ一つが恒星で、そこには、いくつかの惑星があると想像できます。私達は宇宙で孤独ではないだろうと思います。隣人との出会いはいつになるのでしょうか。

今現在、少なくとも5つのエイリアンが地球と接触

ポール・ヘリヤー元カナダ国防大臣のディスクロージャーを発端に、地球を訪問しているエイリアンを紹介しています。どうやら私達とは全く住む世界の異なるエイリアン種族もいることを伝えています。

メキシコの洞窟で、ヒューマノイドの存在と宇宙船との謎の彫刻のアーティファクトを発見

マヤ・アステカの痕跡。人類をデフォルメした図柄として、当時の流行りだったのでしょうか。それとも人類以外のヒューマノイドを見た上での、忠実な図柄がウルトラマンに似たものだったのでしょうか。

月は実際にエイリアンの観測所です

人工地震の観測データが、月が中空構造であることを示してしまいました。片面しか地球に見せない天体で、地球よりも古いと言われている月。解明されていない月の本当の姿があるのでしょうか。

謎のアヌンナキ - ラーの門

ゼカリヤ・シッチンさんが、シュメールのタブレットを全編に渡り訳されました。ここに登場するアヌンナキとは、神話なのか、伝説なのか、史実なのか、世界的な関心事です。