ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

生命

地球に生命をもたらす6つのこと

太陽系は天の川銀河のオリオン腕と呼ばれる場所にあります。銀河の中心地からしてみれば、辺境になるのでしょうか。賑やかな中心に居ないことが幸いしているようです。私達の地球のような惑星が、この宇宙にきっとあるのだと思います。行ってみたいものです。

ビデオで記録されたトップ5の狼男目撃

オオカミ男の伝説はご存知かと思います。本当にいるなら見てみたいものです。バイブルにも摩訶不思議な生き物が登場することもあり、何かが居ると考えても誤りではないのかもしれません。

ハーバード大学の科学者達はヒマラヤへ行き、「超人能力」を持つ僧侶を探す

僧侶が、修行により研ぎ澄まされる感覚は、超能力なのか、神通力や霊能力なのか、各々は区別される能力なのかまたは同じ類の能力なのか

メキシコでエイリアン・スカルを発見

メキシコのオナヴァス近くで、奇妙な骨格の遺体が発見されたたとのこと。ペルーのパラカスで発見されているものとの類似性が多いようです。こうした証拠は何を意味するのでしょうか。

マジャイ(Magi)の神聖な木

世界中のほぼ総ての古代の伝説で、神聖な木の改作が見られます。これらの共通点、そしてオリジンはどこにあるのでしょうか。現代で忘れ去られた地球史の1つなのかもしれません。

科学者が説明できない7つの宇宙の謎

7つほどミステリーとして挙げられていますが、何が分かっていないのかを知ることができます。どれもこれも、よく分かっていないことで面白いです。

彼女は死んで、この重要なメッセージと共に「別の次元」から戻った

亡くなられ、意識が動き回り、遠隔地や過去を見てきた、そして蘇生したというストーリーです。ここで意味している別の次元とは何でしょうか !? それはどんな世界なのでしょうか !?

瞑想が脳の灰白質を再構築することを確認

ハーバード大学をはじめとした研究により、瞑想による脳への影響が明らかなりつつあります。こうした科学研究を取り扱った論説がいくつもあります。ステップ バイ ステップで因果関係が調べられています。

太陽系を通過する彗星の最初の通り道の観測は、予期せぬ秘密を明らかにする

彗星に有機物があるとして(現実に、ほうき部分などから観測されている)、それは、いつ、どこで、どんな方法で彗星に蓄えられたのでしょうか。彗星の地表下(地下)に、どうやって有機物が仕込まれたのでしょうか !?

ネフィリムに会う:地球に生息するハイブリッド種

バイブルの記述されたことが史実なのかどうなのかは、多くの人々の関心事です。またバイブルには、奇妙な記述があることが知られています。それは史実なのでしょうか !?

アヌンナキの歴史:エンキの14タブレット

この14タブレットがアヌンナキのヒストリーの中核となるようです。バイブルにあるようなストーリーもあり、いろいろな要素の原典なのかもしれません。これが地球史なのでしょうか !?

モスクワ近くの村は、地球外生命体により「恐怖」となりました

モスクワ近郊のプロタソボ村で、ETと村人の交流があったとのこと。ロシアの情報はいつもベールに包まれています。どれだけ本当なのか !?

2000歳のシュメリアン・タブレットの最終翻訳

アヌンナキのストーリーについて、ダイジェストに要旨が書かれています。太陽系を構成する第10惑星とは、それがニビルなのでしょうか !?

アヌンナキ - 決して映画化されたことのない映画、なぜだろうか

アヌンナキ)は3部作の映画で、2006年にリリースされる予定でした。しかし、残念なことに、このプロジェクトは突然にシャットダウンされてしまいました。なぜでしょうか

物理学者は「量子情報は1つの世界から別の世界へと超越する」という

生き返りをした経験談/体験談が尽きず、科学的な切り口では解明に至っていない何かがあるのでしょうか。自然な世界、すなわち宇宙とは、いったいどうなっているのでしょうか。

著名なエール大学の教授、ダーウィンの進化論はどのように科学と一致しないか

著名なエール大学の教授が、ダーウィンの進化論がどのように科学と一致しないかを説明します ( 図 進化論 Pixabay)、( 図 ダーウィン ウィキメディア ) (Fig.) ダーウィンの進化論のイメージ 進化論 新しい生命体の創世記 インテリジェント・デザイン タンパ…

キュリオシティが火星の神秘的な 「生物」の画像を撮ったのでしょうか

この画像はキュリオシティから送られてきた Sol 710 の Mast Camera (Mastcam)の映像です。記事で紹介されてるリンクがNASAの元画像になります。カニとも呼ばれているこの物体は、はたして生き物なのでしょうか。

「火星」のロシアのアバターの啓示は、専門家を悩ませる

ボリスさんは、元火星で暮らしていた生まれ変わりで、地球の古代にあったことまでも記憶されているとのこと。地球史は明らかになるのでしょうか !?

新しい研究は科学者にショックです:人間の感情は物理的な現実を形作る

意思(意識)が時空間を支配する意味になるのでしょうか。意思がある種の未定義のエネルギーとなり、宇宙空間をジャンプできることにつながるのかもしれません。

145の「エイリアン」遺伝子の謎:いくつかのDNAが私達の祖先からではない

遺伝子は発達するよりも、外来の遺伝子が取り込まれる点です。非コードDNAは、どうも組み換えが容易そうな印象です。私達の遺伝子は、どのような道筋で今のようになったのでしょうか !?

人間のDNAは「エイリアンにより設計された」

生物の設計図としてDNAを研究されていると、進化論の意味する進化は簡単なことではない、こうした結論なのでしょうか。現在の地球上に暮らす、さまざまな種族、そして進化論。私達が理解していない何かが隠されているのかもしれません。

5Gは「世界史上最も愚かなアイデア」

5Gとは、第5世代移動通信システムの通信規格のことです。日本では、携帯電話各社が既に製品化をし、通信速度の利便性としての良い面だけ宣伝されているようです。大丈夫なのでしょうか !?

未知の生命種のメラネシア部族の遺伝子DNA

現代の医学的、科学的な研究調査の精度の向上により、標準ではないDNAが見つけられることはあるのでしょう。ダーウィンの進化論の自然淘汰的な変異で、説明のできない遺伝子のミッシングリンクもあげられています。これは、どういうことなのでしょうか。

リリス:アダムとバイブルを捨てた最初の女性

手元にあるバイブルに記載のないストーリーです。教会で教わったことがないだけなのでしょうか。古文書としてのバイブルとはいったい、どんな書物なのでしょう !?

「特殊能力」を持ち「不可能なこと」を行える人間の実在を確認するCIA文書

日本では気功として馴染みがあると思います。遠隔透視、念動力、、、このようなものに米軍や諜報機関が注目するのは普通の事なのかもしれません。意識と物質の関係をまじめに考えないといけないのかもしれません。

人間文明の創造者である「エンキ」の秘密

地球と火星を舞台にした採掘のストーリーです。人間が生まれた経緯や、大洪水に至る経緯が記されています。バイブルと比較しながら考察すると、とても興味深い内容です。

アヌンナキは40万年以上前に人類を創造したのでしょうか

私達人類が、ダーウィンの進化仮説をはじめとした進化論の一環としての今日の存在だとすると、ミッシングリンクのミステリーが解決されないままです。果たしてエンジニアの関与があったのでしょうか !?

ジェミニIV号ミッションのUFOの写真がついに閲覧可能に

1965 - 1966年のジェミニ計画のときに撮影されたもので、宇宙開発が始まって間もない時期で、宇宙船やそうした残骸などが地球の軌道上に、ほとんどなかった時代です。訪問者なのでしょうか !?

アヌンナキ - これらの神は本当に地球に戻ってきますか

定説では、アヌンナキは戻ってくると言われています。そして海外では、もしかしたらと、信じている方もかなり多いようです。アヌンナキはかなり一般的なのかもしれません。

ペルーで発見された、極めて細長い頭蓋骨を持つ新生児のミイラ化した頭

人間とは異なるヒューマノイドの種族の遺骨が、考古学的に発見されています。こうした事実は、学校では教わることのない地球史で、パラダイム・シフトせざるを得ません。あなたは、受け入れることができますか ?