ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

NASAが、イスラエルのベレシート月着陸船の墜落現場をとらえた


f:id:Zzak:20210930011647j:plain

NASAが、イスラエルのベレシート月着陸船の墜落現場をとらえた

(Fig. Beresheet Impact Site Spotted クレジットNASA/GSFC/Arizona State University)

 

NASAイスラエルのベレシート(Beresheet)月着陸船の事故現場を示す一連の写真を発表しました。 着陸船は4月11日に月面に衝突。

鋭い目のNASA宇宙船は、今年初めに月面に着陸した、イスラエルの非営団体のスペースアイエル(SpaceIL)のベレシート宇宙船の残骸を発見しました。しかし、故障により降下エンジンが時期尚早に停止した後、ローバーは墜落しました。

NASAの月偵察オービター(Lunar Reconnaissance Orbiter、LRO)は、ベレシート月着陸船の墓を発見しました。

画像で見える白い尾です。 NASAは、宇宙船が4月11日に降りてきたときの、ベレシートの軌道と進入角度と一致していると言いました。

 

f:id:Zzak:20210930005919j:plain

(Fig.1 Beresheet Impact Site Spotted クレジットNASA/GSFC/Arizona State University)

左:ベレシートの衝突サイト。右:着陸前後に撮影された写真のうち着陸地点付近の変化を強調するように処理された画像で、白い衝突ハローが現れています。他のクレーターが右の画像に見えますが、何故ならば、前後の画像の間で明度の条件にわずかな変化があるためです。スケール・バーは100メートルです。北が上です。双方のパネルは490メートル幅です。

 

「LROCは、この画像を月面上56マイル(90キロメートル)から撮影しました。カメラは、幅約10メートルの暗い汚れを捉え、それが衝突のポイントを示しています。濃い色調は、ハード・ランディングによって荒れた表面を提示し、それはきれいで滑らかな表面よりも反射が少ないです。」と、NASAは彼らのウェブサイトに書きました。

「汚れの周囲のハローは、衝撃に関連するガスや、またはベレシートの降下中に外側に吹き飛ばされた細かな土壌から形成された可能性があります。これは着陸地点周辺の土を滑らかにし、反射性を高めます。」と、当局は付け加えました。

 

The Far Side of the Moon

(2:20) 2019/01/04

 

それがヒットしたとき、ベレシートは、意図したよりも毎秒約1,000メートル(時速2,200マイル以上)速くなっていましたと、アリゾナ州立大学の地質学者で、LROのイメージングシステムのマーク・ロビンソン(Mark Robinson)主任研究員はブログ記事に書いています。

1億ドルのベレシート着陸船は、月にそっと着陸する最初の民間資金による宇宙船だったでしょう。

しかしながら、宇宙船の後ろのチームはベレシート2と名前の2番目の月着陸船で、もう一度やり直すことを誓いました。

 

月に着陸した宇宙船は、アメリカ、ロシア、そして中国によって作られたものだけでした。

 

 

----- 出典 -----

NASA CAPTURES ISREALI BERESHEET MOON LANDER CRASH SITE」は、掲載終了しております。

 (同様な記事)

www.space.com(関連記事)

www.wired.comwww.jpost.com月面にクマムシ持ち込みは問題ないのか? 「惑星検疫」の国際ルール

 

----- 参考ビデオ -----

Tardigrades Are the Toughest Animal on Earth that can Survive Space and Volcanoes | The Dodo

(3:10) 2019/03/10

 

 

----- 2019/05/16公開の記事を読んで -----

イスラエルが月面探査機を送り込むとして話題になりましたが、着陸に失敗してしまいました。

ここまでですと、科学技術のステップ・バイ・ステップの失敗談のトピックなだけですが、尾ひれがあります。探査機のベレシートには微生物のクマムシが搭載されていたとのことです。クマムシは、高温から低温、乾燥、高圧から真空でも生きていられ、地球で最も生命力の強い生物だと言われています。

このようなクマムシですから、月で生き延びている可能性が高いと言われています。初の生物汚染ではないかという声もあります。

また一方では、氷や塵の成分が多い小惑星(彗星)などにより生物が運ばれることもあり得ると言われています。これらのことから考えると、小惑星に乗った生物が、地球への小惑星の落下/衝突と共に上陸する可能性があります。こうして地球にやって来た生物が居ても不思議ではないのでしょう。

 

ベレシート - Wikipedia

クマムシ緩歩動物 - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp