ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

バチカン地下納骨所の内部で発見:未知の生き物の頭蓋骨


f:id:Zzak:20211203034300j:plain

バチカン地下納骨所の内部で発見:未知の生き物の頭蓋骨

(図 Alien Pixabay by Ribastank)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

バチカン図書館(Vatican Library)の、何世紀も昔の地下納骨所が残っています。そこでは、宇宙のカジンコム(cudzincom)のような生き物の骨格が発掘されていました。バチカン図書館の修理(Opravy)は、地下納骨所(vault)の復元を要求しました。地下室は土間(dirt floors)があり、500年以上にわたって人間の足に触れていました。

特別な方法で買収した写真では、労働者の1人が奇妙な頭蓋骨を持っています。

この発見の後、バチカン警備隊(Vatican Guard)は図書館へのすべてのアクセスを閉鎖しました。

バチカンのスポークスマンの話では、最初に不安と興奮を確認していましたが、しかし後にこれらの総てがCOMS(Caudal Occipital Malformation Syndrome)[仙骨後頭奇形症候群]と呼ばれることを否定しました。

報道機関は次の確認をしました。未曽有の沈黙の指令は、「世界中のさまざまな安全保障の組織の要請」で、教皇に与えられました。

教皇は伝えられるところによれば、次のように言いました。それが何であれ、先祖はそこにそれを埋めて忘れる正当な理由があります…

 

Aliens And The Vatican 2013

(19:39) 2013/02/21

 

【12:30以降のビデオ内容:下訳程度です】

UNSEALED – ALIEN FILES

これが、地球上で最大の秘密を公開している封印されていないエイリアン・ファイルであるという、エイリアンの究極の発見の残骸を明らかにする可能性があります

バチカンが地球外生命体の存在を否定した封印されていないエイリアン・ファイルにようこそ

教会の創設以来、しかし最近バチカン当局はエイリアンの生命の可能性を公に認めました。

このバチカン政策の劇的な逆転は、教会が何を知っているか、または彼らが何を見つけたのを説明する必要があります。

これはバチカンの秘密のアーカイブ内にあるかもしれません

それは数千、数千のボリュームであり、これは国のあーてぃファクトよりも大きく、1000年以上もの間保管されています

そしてエイリアンの理論家によると、バチカンの洞窟が調査されたすべてのUFOの報告をするのはここです

詮索好きな目から遠く離れた外観、バチカンの秘密のアーカイブは約52メートルです

32,000以上のアーカイブで、おそらくインドである可能性があると言われているはずです

1977年米国大統領ジミー・カーターは、UFO

カーターがエイリアンの存在に関して米国政府が持っているすべての情報を公に明らかにすることを意図しているのを見たと主張する唯一の大統領の1人です

彼は、米国議会図書館にUFOインテリジェンスに関して考えられるすべての情報源に連絡するように依頼しますが、図書館の連絡先がエイリアンの生命の証拠をふくむすべてのファイルの開示を要求するバチカンに連絡すると、バチカンは2回拒否しますが、バチカン内に隠された秘密はできません

(14:20)

バチカンが実際のエイリアンを公開されていない事件ファイルから隠していることわ新しい証拠が証明するかもしれません

エイリアンの頭蓋骨は、1998年に、奇妙な話です バチカン図書館の下で発掘が行われ、発見された奇妙な頭蓋骨の発掘作業員の1人、彼らは伸びた頭蓋骨を伸ばしているように見えます

私は灰色[グレイ]のエイリアンの頭蓋骨が特大の斜めの目であるとは思いません

比較的小さな鼻と口にドームのような頭蓋をソケットします

その構造と灰色のエイリアンの顔の間の類似点

(15:06)

目撃者によって最も一般的に説明されている生命体は、これらの骨がどのような物語を話すことができれば、バチカンの下にあるとされるワイヤースカルは明らかです

それらの奇妙な頭蓋骨の発見後、教皇ヨハネ・パウロバチカン軍は、バチカンが隠している場所へのすべてのアクセスを閉鎖し、それらの頭蓋骨はカトリック教会が1500年持っていた秘密のバチカンアーカイブに彼らの道を進んだのだろうか

原因不明の目撃情報の調査からエイリアンの遺体を回収できた可能性があります。

これらの頭蓋骨は、かつてバチカンに住んでいたエイリアンの残骸である可能性があります。

広大な埋葬地であるため、キリストの誕生から2000年だけでなく、ローマの初めにさかのぼるだけで、

(16:06)

おそらく結論は、残っているものが何であれ、良い父親が彼らをそこに埋めて、理論が真実である場合は

忘れられるべきと述べた尼僧によって最もよく置かれました、

そしてバチカンは秘密の親密な知識を持っています

惑星地球上のエイリアンの背後にありますが、彼らはその秘密を一般に公開することを計画していますか?

私たちの近い将来にエイリアンが生命を明らかにするための創造計画の一環として、惑星地球の外の生命を受け入れることは間違いなく読まれています

発見は教会を前進させ、バチカンはこれらのエイリアンをどのように扱うのでしょうか。

これらは倫理的な問題であり、政府の半数の人々がこれらのことを考える前に、これらのことを考える必要があります。

(17:05)

バチカンにエイリアンの真実について知っていることすべてを認めさせる可能性のあるイベントが来る可能性があると私たちが想像したよりも早く

真実 私たちの宇宙での生活[生命]と惑星地球の未来における教会の役割を明らかにするエイリアンの次の段階とバチカンは、人間の支配を伴うかもしれませんが、それは地球外生命体または教会の手にあります

これは最大の秘密を公開する封印されていないエイリアン・ファイルです

 

地球上で封印されていないエイリアンのファイルに戻って歓迎します

行動する時間は、今あなたが真実を開封するためにあなたが取ることができる3つの簡単なステップであります

(18:00)

私たちの記憶の中で、ストーリーと写真をアップロードします

12 暗闇の中でインタラクティブにそれを持っていることは、白いタックスに関与します

ほぼ2000年前にさかのぼる証拠は、バチカンがエイリアンの生命の主題に関して世界で最も情報に通じた組織の1つであるかもしれないことを示唆しませんが、私たちの宇宙でのエイリアンの人種の衝撃的な現実を明らかにする準備をしているバチカンは、おそらく私たちの生涯で火星での生命の発見を見るでしょう。

火星での過去の生命の存在と、それは必然的に、地球外の真実を伴う製品の創造が最終的に公表されたとして、教皇はその生命を受け入れるでしょう

教会はこの機会を利用してより多くの存在をカトリックに変換することができます

(19:00)

彼らは神がこの広大な宇宙を創造したことを理解しています

そうすれば、砂漠の真ん中にある蟻塚は私たちだけではありません。

カトリックは、理論が真実であるならば、カトリック教会だけでなく、おそらくすべてを導くために、参加するためのオープンマインドな宗教であるために最前線に立つでしょう。

地球外生命体のある世界への人類の これは、地球上で最大の秘密を暴露する封印されていないエイリアンのファイルです

 

 

----- 出典 -----

FOUND INSIDE VATICAN VAULT: Skulls Of UNKNOWN Creatures!

」は、掲載終了しております。

(出典のソース)

sciencevibe.com(関連記事)

 Aliens And The Vatican 2013 – UFO Aliens Evidence Captured on Documentary Footage – The Truth Behind

 

 

----- 参考 -----

www.thesun.co.uk

 

----- 2019/04/19公開の記事を読んで -----

ビデオ紹介記事で、12分半くらいから17分過ぎまでが、バチカンにある頭蓋骨の話になります。

  • 冒頭のアーティクル・イメージから、物議のあるスカルはご覧いただけます。

今日、こうしたモノがあったとしたら、何処に報告/相談して、何処に持ち込むでしょうか。警察、軍隊、病院、博物館 などになるのでしょう。当時だったら、教会、神社、寺に相談していたというのは筋が通る話かもしれません。

バチカンには、公開されていないことが、まだまだいろいろとありそうです...  

 

とは言うものの、エイリアンの証拠のトピックは関心が高いものの、リアル感が増すと拒否反応を起こす方も少なくありません。絵空事のようにも見えるUFOのトピックと、受け止め方が微妙に違うことにも興味深いです。

 

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp