ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ノアの箱舟はついに発見されました:研究者達は、前代未聞のバイブル的な発見を99.9%確信しています


f:id:Zzak:20210413004548j:plain

ノアの箱舟はついに発見されました:研究者達は、前代未聞のバイブル的な発見を99.9%確信しています

(図 Edward Hicks, American - Noah's Ark - Google Art Project ウィキメディア経由パブリックドメイン)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

専門家達は、今までで最も驚くべきバイブル的な発見の1つをしたかもしれません。報道によれば、彼らはノアの箱舟の遺跡を発見したと、研究者達は99.9%確実だと確信しています。

バイブルの中で、ノアの箱舟は創世記の洪水物語の船(vessel)です。それによって、ノア、彼の家族、そして総ての世界の動物の残りを、神は洪水から免れさせます。

創世記によれば、神はノアに箱舟を造るように指示を与えました。大洪水の7日前に、神は、ノアに彼の家と動物と一緒に箱舟に入るように言いました。物語は続けて次の説明をしています。箱舟は150日間水面に浮かび、それからアララト山脈(Mountains of Ararat)で休むようになり、それに続いて水が引きました。

 

何世紀にも渡り、探検家達、考古学者達、そしてバイブルの専門家達は、とらえどころのない船を探し、それは神話に他ならないと考えるようになりました。

しかしながら、「福音派クリスチャン(evangelical Christian)」探検家達のチームは、トルコ共和国(Turkey)のアララト山の雪と火山のデブリ(debris)の下にあるノアの箱舟の証拠を見つけたと確信しています。それはバイブルが正確にそうだと言った場所です。

「箱舟を探しに行き、そして見つけられたどんな遠征も、私は知りません。」と、ニューヨーク州のストーニー・ブルック大学(Stony Brook University)で、中東を専門とする考古学者のポール・ジマンスキー(Paul Zimansky)氏は述べました。

香港(Hong Kong)を拠点とするドキュメンタリー・チーム、ノアの箱舟ミニストリーズ・インターナショナル(Noah’s Ark Ministries International)によれば、彼らは大規模な建造物から木片を回収しました。初期の炭素年代測定の結果によれば、木片は約4,800年前のものです。主張された箱舟の残骸は、海抜13,000フィート(4,000メートル)の高さで発見されました。

「それがノアの箱舟なことは100%ではありませんが、これが99.9%だと思います。」と、探検家に同行する映画製作者のヨン・ウィングチャン(Yeung Wing-cheung)はデイリーメール(The Daily Mail)誌に伝えました。

報告によれば、探検家達のチームは2007年と2008年にアララト山の頂上近くの海抜13000フィート(4,000メートル)に、埋もれた7つの大きな木の区画を発見したと、主張しています。

「構造はさまざまな空間に分割されています」と、ノアの箱舟ミニストリーズ・インターナショナルのチーム・メンバーのマンフェイ・ユエン(Man-fai Yuen)氏は声明の中で述べています。

「私達が入った木造の建造物は、歴史的な記録に記録されているのと同じ建造物だと、私達は考えています… 」

探検家達のチームによれば、これはノアの箱舟と大洪水の証拠です。

「私は、板状の木材で造られた構造を見ました。

「各々板の幅は、約8インチ(約20 cm)でした。ほぞ(tenon、枘)[2つの木材部品を接合する継手の一種]が見え、それは金属の釘の使用に先んじた古代建築の証明でした。

「私達は、別の場所へ約100メートル歩きました。壊れた木片が見られ、それは氷河の中に埋め込まれており、長さは約20メートルでした。」

探検家のグループは、彼らが木製の壁やドアを発見したと、固く確信しています。そして約4800年前、ノアの箱舟を構成していた階段が、大洪水としても知られている大変動の世界を生き残りました。

多くの人々が、大洪水(Great Flood)が存在したことを疑っていますが、真実はこの「ストーリー」が何千年も前に遡ることです。多くの人々が、バイブルの創世記の69章に書かれている創世記の洪水物語に精通しています。しかしながら、真実は、大洪水が全く別のテキストで前述されていることです。

洪水の伝説 - より良い物語 - は、地球を創造前の状態に戻すという神の意図を語っています。洪水は、「リセット」するための手段として、地球に送られました。神は人類の悪行のために洪水を送り、その後ノアの箱舟の人間社会(microcosm)を使って作り直します。

洪水は、創造の逆転と見なされます。

 

全体像を得るために、「大洪水」は世界中のほぼ総ての文化に見られます:メソポタミア(Mesopotamian)の洪水物語、ギリシャ神話に登場する人物デューカリオン(Deucalion)、創世記の洪水の物語、インドからのヒンズー教(Hindu)のテキスト、北欧神話の霜の巨人ベルゲルミル(Bergelmir)、そしてメソアメリカ(Mesoamerica)のキチェ(K'iche')とマヤ(Maya)の人々の伝承では、北米のネイティブ・アメリカンのラック・コート・オレイユ・オジブワ(Lac Courte Oreilles Ojibwa)部族、南アメリカではムイスカ(Muisca)、およびカニャリ同盟(Canari Confederation)です。

しかし人々が知らない事は、次の事実です。大洪水の最も古くそして最古の物語は、古代のシュメリア(Sumeria)が起源です。

古代の碑文によると、それは「エリドゥ(Eridu)」- 現代のイラクのアブ・シャハライン(Abu Shahrein) - が、神々が地球上で最初の都市を作った場所でした。エリドゥは古代のシュメール神エンキ(Enki)の故郷で、彼は紀元前5400年に都市を建てました。

 

f:id:Zzak:20210413005320j:plain

ウラルトゥ (Google Earthより)

 

しかしながら、香港を拠点とするチームは、彼らが本当にノアの箱舟を見つけたと考えていますが、バイブルの専門家達は同意しません。

「概念全体は奇妙です。何故ならばバイブルは、箱舟がウラルトゥ(Urartu)[現在のトルコ東部のヴァン湖周辺を中心に、メソポタミア北部からコーカサス南部]のどこかに上陸したことを伝えています」- トルコ東部の古代王国 - 「しかし、アララト山をウラルトゥと同一視したのは、後になってからのことです」と、テネシー州のバンダービルト大学(Vanderbilt University)で、ユダヤ人およびバイブル研究のジャック・サソン(Jack Sasson)教授は述べました。

ストーニー・ブルック大学[ニューヨーク州立大学]のジマンスキー(Zimansky)氏はこれに同意しました。紀元前10世紀までは、「誰もその山を箱舟に関連付けませんでした」と彼は述べました。約4、000年前にトルコで大洪水の地質学的証拠がないと、付け加えます。

ノアの箱舟ミニストリー・インターナショナルの探検家達は、「他の人とはとても異なる球場でプレーしている」と、ジマンスキー氏は述べました。考古学的、歴史的、そして地質学的な記録について「彼らは何の心配もせずにプレーしています」。

 

 

----- 出典 -----

Noah’s Ark finally found: Researchers 99.9% certain of unprecedented Biblical discovery」は、掲載終了しております。

(同様な記事)

www.ancient-code.com(関連記事)

news.nationalgeographic.com

 

----- この記事を読んで -----

リファレンスとして挙げられているナショナル・ジオグラフィックの記事が APRIL 30, 2010 のものです。その後に進展がなさそうなので、香港の撮影チームのデッチアゲの探検だったのかもしれません。
4,000 m 付近で見つかった木片がそれだとして、どれだけの洪水だったのでしょうか。富士山も沈没する地球規模の大洪水だったということでしょうか 。それだけの水の起源は何処からでしょうか、そして洪水が引いた後、その水は何処に消えたのでしょうか。簡単な計算で何立法メートルの水が必要なのかおおよその推測ができ、科学的にあり得なさそうです。
漂着地が「ウラルトゥ」と見込まれているようですが、どうなのでしょうか。

 

ウラルトゥ - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp