ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

歴史の基盤を粉砕する可能性がある5つの「論争の的になる」古代の書


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200726014842j:plain

歴史の基盤を粉砕する可能性がある5つの「論争の的になる」古代の書

(図 ファンタジー Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

長年にわたり、考古学者は驚きの発見をしました。これらの発見のいくつかは、異なる視点から歴史を描写した古代の手稿です。論争の的になる視点です。

 

ネムー(Nemours)[ヌムール]の古代の書物は、歴史の異なる側面を伝えています。人間の起源の異なる側面、人間の能力の別の側面。これらの古代文章は、通常本質的に神話的だと考えられていますが、主流の学者と現代の歴史によって述べられたほとんど全てに反対しています。

それらの一部は部分的に受け入れられていますが、それらのページの一部は神話と呼ばれています。なぜなら、私達が自らの文明について知っていることの基礎を揺さぶるからです。

 

(Fig.1) 古文書のイメージ

 

残念なことに、これらの書は本物で歴史の一部ですが、長年にわたり私達が教えてきた歴史は、それらを完全に無視してきました。

このため、この記事で私はあなたを旅に連れて行き、議論の余地があり魅力的な5つの古代の書をあなたに紹介し、そして人類の歴史について大いに揺るがす可能性があります。

私は、それらが魅力的なものを超えているのを見つけます。

 

私の好きな書の1つは、いわゆるトートの書(book of Thoth)です。古代エジプトの信仰によれば、それは神聖な書で、無限の知識を提供するだけでなく、伝説によればその内容を読む人は誰でも、大地、海、空気、星々の秘密を解読し習得する手段を含む意味です。歴史的記録は私達に次のことを伝えています。この書は、古代エジプトの書物と知識の神のトートにより書かれた古代エジプトのテキストのコレクションでした。

トートの書は、様々なパピルス(papyri)で断片化していますが、その大半はプトレマイオス時代の第二世紀に関係するものです。

 

コルブリン・バイブル(Kolbrin Bible)は、も3,600年前に書かれたと信じられている、もう1つの魅力的な古代の書です。

この古代の書は、人間の進化、創造主義、知的設計の理解を綴る最初のユダヤ教(Judaic)/キリスト教(Christian)の文書と呼ばれています。一部の学者は、この古代の書は、旧約聖書(Old Testament)と同時に捨てられたと主張しています。

さまざまな作家が創作に携わり、コルブリン・バイブルは2つの主要な部分で構成され、合計11の古代の書を構成しています。

 

エノク書(Book of Enoch)は、多くの著者が怪しいかまたは論争の種に入れた別の書です。エノク書は古代ユダヤ人の宗教的写本であり、ノアの曾祖父であるエノクに遡ります。

エノク書は、最も影響力のある非正典の典拠の疑わしい文章の1つだと、多くの人によって考えられています。

さらに、この書は、クリスチャンの信仰にかなりな影響を与えたと考えられています。

 いわゆる巨人の書(Book of Giants)は、約2000年前に作られたと信じられています。それは、研究者らが死海文書(Dead Sea Scrolls)を見つけたクムラン(Qumran)洞窟で発見されました。具体的には、巨人の書は、遠い過去に私達の惑星に住んでいた生き物と、その滅ぼされた方法について話しています。古代の文章によれば、巨人 - ネフィリム(The Nephilim) - は、彼らの暴力的なあり様のために、彼らは切迫した破滅に直面したことを認識しました。彼らはエノクに、彼らの代理として神に話すように頼みました。

 

アルス・ノトリア(Ars Notoria)はこれまでに作られた最も物議をかもす神秘的な書の1つです。

伝説によれば、この古代の書は、書かれていたことに従う者に超人的能力を教えることを約束する、神秘主義的で史実に基づき世間をあっと言わせるような内容が混在しています。アルス・ノトリアは、ソロモンの小さな鍵(またはソロモン王の鎖骨、Lesser Key of Solomon)に属しています。それは悪魔学に関する匿名(anonymous、アノニマス)のグリモワール(grimoire[ヨーロッパで流布した魔術書]) (または呪文の書)です。その144の呪文は17世紀半ばに書かれたもので、ほとんど何世紀も前の材料から作られています。アルス・ノトリアには、ヘブライ語ギリシア語、ラテン語など、いくつかの言語で書かれた一連の祈りが含まれています。

 

 

----- 出典 -----

5 ‘controversial’ ancient Books that could shatter the foundations of history – Ancient Code

 ・・・ 接続に時間がかかり、以下のプレビューが表示されないことがあります

www.ancient-code.com(同様な記事)

answerswithjoe.comwww.nuovouniverso.itwww.hackthematrix.it

 

----- この記事を読んで -----

今までに取り上げたものもあり、まだ取り上げていないものもあります。本編で紹介されているものを含めて、今後ピックアップするものもあるでしょう。

考古学を始めとしたさまざまな学術で見解が割れたり、誰かや組織に取って不利益となるかもしれないことなど、教科書には取り上げられていない史実がたくさんあるのだろうと思います。こうした影になっているグレーゾーンの歴史は、ミステリアスで興味深いです。

 

レメゲトン - Wikipedia

歴史書一覧 - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp