ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

研究者は最終的に秘密のコードで書かれた古代ユダヤ人の死海文書を解読


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200731214213j:plain

研究者は最終的に秘密のコードで書かれた古代ユダヤ人の死海文書を解読

(図 4Q201 ウィキメディアパブリックドメイン)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

最後の未公開の死海文書(Dead Sea Scrolls)の1つが最終的に解読され、研究者達は2000年以上前に書かれたテキストのミステリーの解明に一歩近づきました。

巻物(Scrolls)のほとんどは、1940年代と1950年代に発見された数年後に解読されました。ヘブライ語(Hebrew)やアラム語(Aramaic)を含む広く異なる言語で書かれた古代の宗教的なテキストは、ジーザス・クライスト(Jesus Christ)が語られたと信じられていた古代の言葉は、長い間、修復され、出版されてきました。

しかしながら、新たに解読された巻物はとても痛んでおり、一部の研究者はそれが完全な文書であることに気が付かず、代わりに他の作品の断片であると考えていました。

イスラエル(Israel)のハイファ大学(University of Haifa)のチームは、長く忘れられた秘密のコードで書かれた古代の文書の60以上の細かい断片を、年月をかけて苦労して再構築しました。

「巻物はコードで書かれていますが、実際の内容は単純でよく知られており、それを隠す理由はありません」と、研究者のイシベル・ラトン(Eshbal Ratson)博士とジョナサン・ベン・ドブ(Jonathan Ben-Dov)教授は、声明で述べています。

University of Haifa Researchers Decipher One of the Last Two Remaining Unpublished Qumran Scrolls - University of Haifa

 

「この実践は、イスラエルの国外の多くの場所でも見られます。そうした場所で指導者達は、普遍的に知られている事柄を議論するときでも、彼らの地位の反映として秘密のコードで書きます。」

古風な暗号を解明するために支払う報酬は、 数多くの巻物を書いた古代ユダヤ(Judean)宗派によって使用された、とても珍しい364日のカレンダーへの、新鮮な見識でした。

 

(Fig.1) 死海文書の断片

 

ヤハド(Yahad)のコミュニティは砂漠に住んでいた宗教的な狂信者で、設立者による迫害に直面した。紀元前2世紀から西暦2世紀にかけて、宗派はこの地域をさ迷いました。

彼らのカレンダーは当時の激しい議論のテーマでした。ユダヤ教(Judaism)で今日まで続いている太陰暦のカレンダーは、多くの人間の判断を必要とします。人々は星と月を見て、彼らの観察を報告しなければならず、そして誰かが新月とうるう年の適用を決定する権限を与えられなければなりません」と、研究者達は説明します。

「対照的に、364日間のカレンダーは完璧でした。何故ならばこの数は4と7に分けることができるので、特別な出来事は常に同じ日になります。これにより判断する必要がなくなります、例えば、特定の出来事が安息日(Sabbath)に当たるときに何が起こるかは、太陰暦でしばしば起こります。」

 

この巻物では、バイブルの中で言及されていない宗派のカレンダーの重要な日付を含めたヤハドに関する他の情報も得られます。

研究者達は今、未だそのミステリーが解かれていない最後の残りの巻物に注目しています。

あなたの友人は興味があると思いますか。 この話を共有しましょう。

 

 

----- 出典 -----

www.rt.com(同様な記事)

www.sciencealert.comwww.independent.co.ukwww.abc.net.au

 

----- この記事を読んで -----

古代の文字を解読し翻訳することも凄いのですが、2000年以上前のノートを読めるようにするのですから、経年変化で痛んだ原文の修復作業は地道で大変な作業なのでしょう。

こうした作業の積み重ねで、いつかは、私達が創造もできなかった歴史が明らかになるのかも知れません。

蛇足になりますが、ヘブライ語アラム語、その他、こうした翻訳に人工知能は導入されているのでしょうか。私達が日常利用できる自動翻訳も、近年かなり良くはなっていますが、まだ読み間違いも多くあります。音声認識(や伝達手段)と自動翻訳の組み合わせが進歩すれば、動物や地球外の言葉を理解できる日が来るのかも知れません。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp