ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

地球史

ビル・ゲイツ:ワクチンが「全世界に届く」まで「元通り」に戻ることはありません

パンデミックの中で製薬を舞台とした隠れた動きがチラリと見えてきます。勘所の鋭い方は既に気付いているとは思います。ウイルスによる疾患から、人々を救うための行動には違いないのですが、新たな世界秩序への一歩でしょうか。

ミステリアス:彼らは、南極について私達に何を教えていないのですか

第二次世界大戦後期からと南極を舞台にしたストーリーは、ナチス/ヒトラーの逃亡と南極の関係、およびナチスが製造したのではないかとされる円盤型航空機(UFO?、フー・ファイター)と呼ばれるものの一部です。

ロシアは、南極大陸が私達に言われているようではないことを明らかにしています

未だに調査の手が行き届かず、ミステリアスな事が多くさまざまな話題を提供する南極。そんな南極に新たなUMAが暮らして居るようです。

アフリカで発見された20万年以上前の「アヌンナキ」メトロポリス

ナスカの地上絵(南米ペルー)ほど大きくはないけれど、空中から見て「これは!」となる構造物が発見されます。考古学が見過ごしてきたものを、航空機や衛星からの観察が明らかにしてくれます。20万年以前 !

南極の氷床の下に隠された巨大な構造物が目に見えるようになりました

GoogleEarthPro で、なにやら怪しげなものを発見されたようです。衛生画像から、南極で不可思議なものが幾つも発見されている1つになります。太古の人工物、それとも自然な地形でしょうか? この解釈はいかに.....

古代のヒンズー教の写本は惑星間旅行と航行が7,000年前に存在したことを表します

古代インドの不可解な動力を持つ飛行物体。直訳は、水銀渦エンジンですが、水銀渦電流による磁場コントロールのことを言っているのかもしれません。ここから反重力へつながったのでしょうか !?

1,200万のアメリカ人が、レプタリアンが世界を支配していると信じています

米国の方がレプタリアンを信じている、何故なのでしょうか。爬虫類にはトカゲ、ワニ、ヘビ、カメなどがあり、どれに近いのでしょうね。そして卵からかえる生き物なのでしょうか。ミステリアスです。

古代インドの6,000年前のフライングマシンであるヴィマナの動力は何でしょうか

6000年前のインドにも、伝説なのか史実なのかを考えさせられることがあるようです。なんとも、いかつい、仏塔のよう外観イメージから都市のようなサイズの飛行するものでもあったのでしょうか !?

プレイアディアンとアヌンナキ戦争の歴史 - 2000BC

おおよそご存知かと思われるシュメール文明からの地球史をまとめたところから始まり、現代に至ります。考古学で不明瞭になっている部分を補間するこうした考え方も面白いものです。これほど保留にしていることが沢山あるか !?

エイリアンの星は、私達の太陽系を70,000年前に小突き、私達はいまだその効果を見ています

アフリカ単一紀元説の頃に、太陽系とバイナリ星系のニアミスがあったようです。バイナリ星系、つまり連星系などと呼ばれているもので、目の当たりにしたらどれほど凄い光景だったのでしょう。人類の進歩に何か影響があったのでしょうか。

ごめんよ陰謀論者達。 研究は、COVID-19を「実験室の構築でない」と結論付けています

依然として、新型コロナウイルスが生物兵器だと主張する輩が絶えないようです。陰謀論としてのストーリーに仕上げられ、多くの誤情報が混ぜ込まれた悪質な隠蔽説となっています。残念ながら、陰謀論を信じ込んでしまう方も多いようです。

科学が説明できない5つの「エイリアン」の頭蓋骨

世界の各地で、説明のつかないいろいろなタイプの頭蓋骨(スカル)が発見されているようです。こうした頭蓋骨が発見されることは、不都合な真実なのかもしれません。

歴史が間違っていることを証明する3つの思いがけない発見

考古学的に作られた歴史ストーリーは、どこかにほころびがあるのかもしれません。それを未だに学校で教えていたり、社会の通年として定着していることがミステリーです。

エイリアンはジーザスの磔刑に現れました。そして、ここに「証拠」があります

バイブルという経典のビジュアル化とも言えるのが、関連施設に残された絵画です。あまりにも神格化するために誇張を繰り返した結果、今となって読み違えるようなものなのか、はたまた写実されたものなか !?

古代のテキストは明らかにします:地球は、天国から来た8人の王に241.000年間支配されました

シュメールの王達の史料について、基本的な紹介と疑問点について書かれた、ニュートラルな内容です。このストーリーが史実なのか神話なのか、想像力のスイッチをOn/Offしながら考察すると楽しいと思います。

BBCドキュメンタリーは、ジーザスがインドとチベットで16年以上を過ごしたことを証明した

世界で最大の信者数のあるキリスト教なので、いろいろと言われることも多いのでしょう。宗教学者としては、信じる宗教の真実を知りたい気持ちもあるのかも知れません。今後、史実として、どこまで新見解がでるのでしょうか。

ギザのグレート・ピラミッドについての25の事実

ギザのピラミッドについて、驚くべき事柄の列挙です。ご存知の事も多いかと思いますが、久々にみると新鮮な感じもします。ピラミッドは手の届くところにあるのに、解明されていないことが多いです。

1500年前のバイブルは、ジーザス・クライストが十字架につけられてはいないことを確認しています - バチカンの畏怖

ユダヤ教,キリスト教,イスラム教の聖地がエルサレムです。こんな事情の延長線上に、互いに敬意を払うこともあるでしょうし、「おかしい !?」という情報が飛び交うこともあるのかもしれません。

メキシコでエイリアン・スカルを発見

メキシコのオナヴァス近くで、奇妙な骨格の遺体が発見されたたとのこと。ペルーのパラカスで発見されているものとの類似性が多いようです。こうした証拠は何を意味するのでしょうか。

イギギに会う - アヌンナキに反抗した古代宇宙飛行士

アヌンナキとは別の惑星からのエイリアンとしてイギギが登場します。アヌンナキの歴史の一角を構成する存在がイギギのようで、労働を荷っていたイギギの反乱があったとれています。

堕天使とネフィリム - ノアの祖父が書いた本で説明されています

旧約聖書に登場するノアの祖先、エノクを記述したエノク書に堕天使とネフィリムが言及されています。バイブルは史実だとされており、エノク書に書かれたことは何を意味するのでしょうか !?

マジャイ(Magi)の神聖な木

世界中のほぼ総ての古代の伝説で、神聖な木の改作が見られます。これらの共通点、そしてオリジンはどこにあるのでしょうか。現代で忘れ去られた地球史の1つなのかもしれません。

ピラミッドとスフィンクスの下の秘密のチャンバーを探査

スフィンクスの建造について、考古学の定説では、紀元前2500年ごろとなっていますが、最近の評価では紀元前7000年ごろとも10500年ごろとも言われているようです。そんな時代に、スフィンクスを誰が作ったのでしょうか !?

エイリアンは神を創造した...そして今彼らは神を戻したい

これも古代宇宙飛行士説の類になるのでしょうか。現在、世界中の至る所に、宗教と呼ばれるものがあります。教義の違いこそあれ、よくよく考えると不思議な共通性を持っています。何故でしょうか !?

最後の死海文書の1つが解読されました

花瓶のような形をした陶器に封入されて出土する死海文章。陶器の破損や、汚れ、腐食など経年劣化により傷んでいます。デジタル化した解析装置が導入されていたり、興味深いです。更なる事実が明らかになることに期待したいです。

私達が学校で間違って教えられてきた7つのこと

新しい発見に基づいて歴史の見直しがされ、学校で教えられたことが、今となっては誤りだとされます。特別な疑問を持たずに、よくあることだと解釈できますし、そうあるべきだとも思います。こうした健全性はあたりまえ、でしょうか !?

隠された歴史が明らかに:身長7mの巨大な骨格が展示されています

ネフィリムや、北欧神話などに登場する巨人のストーリー。それは伝説や神話なのでしょうか。散発的ですが、証拠となる遺物が出てきます。地球には、人類の他に、誰かが住んでいたのでしょうか !?

ネフィリムに会う:地球に生息するハイブリッド種

バイブルの記述されたことが史実なのかどうなのかは、多くの人々の関心事です。またバイブルには、奇妙な記述があることが知られています。それは史実なのでしょうか !?

レオナルド・ダ・ヴィンチはエイリアンの証拠を作品に忍ばせた

その偉業に人間離れしているとする見方もされるレオナルド・ダ・ヴィンチ。彼の絵画に隠されたものとは、意図的なのか偶然なのか !?

2000歳のシュメリアン・タブレットの最終翻訳

アヌンナキのストーリーについて、ダイジェストに要旨が書かれています。太陽系を構成する第10惑星とは、それがニビルなのでしょうか !?