ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

アヌンナキの歴史:エンキの14タブレット


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200118231201j:plain

【閲覧注意・不快な描写が一部あるかもしれません】

アヌンナキの歴史:エンキの14タブレット

(Fig.) シュメールのカオス・モンスターと太陽神 (ウィキペディア/パブリックドメイン)

 

約44万5000年前、宇宙の別の惑星の古代宇宙飛行士が金を探して地球に来たと考えられています。 エンキ(Enki、アヌンナキの古代神の1人)の14のタブレット[粘土板]には、アヌンナキ(Anunnaki)の歴史が非常に詳しく説明されています。 このタブレットは、「生命」の起源と、どのように地球上の文明が生まれたのかについての洞察も提供します。

 

これらの「古代宇宙飛行士(ancient astronauts)」は地球の海のひとつに降り、「遠く離れた故郷」のエリドゥ(Eridu)を設立しました。

著者であり研究者であるゼカリア・シッチン(Zecharia Sitchin)氏の翻訳によれば、地球上での初期の探検ミッションは本格的な使命に広がりました。いわゆる「アヌンナキ」は、地球、月、さらには火星にも運営センターを設立しました。

最終的には、アヌンナキにはマンパワーが足りず、彼らは原始労働者、別名ホモサピエンスを創るために遺伝子工学を採用しました。

創世記1:26 神は言われた、私達の姿で人を造ってみましょう。そして、彼らに海の魚を支配させます...

 

(Fig.1) 創造神話のエンキを描いたシュメールのタブレット

 

今日、私がアヌンナキについて話すとき、多くの懐疑心が存在し、多くの人はその概念を拒絶します。それは、アヌンナキと呼ばれる古代の宇宙飛行士は、数千年前に書かれた歴史の前に地球に降りました。

しかしながら、多くの学者と神学者は、創造論(Creation)、アダムとイヴ(Adam and Eve)、エデンの園(Garden of Eden)、大洪水(Deluge)、バベルの塔(Tower of Babel)、これらは実際には古代メソポタミア(Mesopotamia)で古代シュメール人(Sumerians)によって数千年前に書かれた古代文章の産物だと認め始めています。

一方で、古代シュメール人は、アヌンナキ(「天国から地球に来た者」)の教えと文章から、過去の出来事に関する知識を得たと主張します。

 

主君エンキの1番目のタブレット

第1.1章 このタブレットは、アヌンナキ時代の地球上の核戦争の様子を私達に説明しています。邪悪な風は、その通り道、神、人類を殺す放射能雲のようです。1つのたいへん興味深い部分は、それは大洪水以来に起こる最悪のことだと言います。

第1.2章 このタブレットは、アヌンナキの故郷ニビル(Nibiru)での昔について話しています。彼らは、私達の進化論者が元のスープと信じているものから生まれたと思っているようです。私達はそれが起こり得ないことを知っていますが、彼らはできると考えています。それは惑星の厚い大気と植生について述べています。暑い時と寒い時の太陽の回りの周期。寒い時期には、惑星内部の熱がニビルを暖かく保ちます。紛争が始まりましたが、原子爆弾とみられるものを使用して終了しました。彼らは惑星を荒廃させました。そして、平和が成立し、惑星全体のために王権が確立されました(1つの世界政府)。

第1.3章 このタブレットは、ニビルでの王権の系譜を伝えています。 それは王の結婚を伝えています。 オー(O)は兄弟の娘と結婚しました。

第1.4章 このタブレットのビジュアル・イメージは、アヌンナキの故郷の惑星での大気中のブリーチに問題があるように見えます。答えは、修復を行うために上層の大気に細かく金粉を置くことです。この決定は、彼らの戦いが王の殺害で終わるまでではありませんでした(兄弟は、カイン(Cain)のような有能な兄弟を亡き者にします)。

第1.5章 このタブレットには、アヌンナキを決めるアヌンナキ会議が含まれています。彼は遠い親戚の王を亡き者にしましたが、王位を与えられるべきとあります。王を亡き者にすることに、考慮されたどんな罰もありません。

第1.6章 このタブレットは、国王が、火山で核爆弾を爆発させて惑星の大気を癒す方法を詳述しています。 それは良いことではなく、アヌンナキは不快でした。 王位の次の人は王に挑戦し、レスリングの試合で彼を倒しました。 王は宇宙船に飛び込んで地球に向かうことでアヌンナキを逃れました。(それは悪魔の降臨のようなものです)。

 

主君エンキの2番目のタブレット

第2.1章 敗北した王達が、雪で覆われた地球に行く計画で、ニビルから脱出することを伝えています。彼が取った宇宙船には核爆弾があり、彼の計画は小惑星ベルトを通過する道を爆破することでした。それはアヌンナキが地球に行かないようにするものでした。

第2.2章 敗北した王達の地球到着について描写します。

第2.3章 このタブレットは、敗北した王達の地球での最初の日を伝えるもので、空気、果物、魚をよく見つけます。また、惑星ニビルがその大気の修復に必要とする金の痕跡も見つかりました。彼はニビルの新しい王を呼び、契約を結びたいと思いました。

 

主君エンキの3番目のタブレット

第3.1章 このタブレットは、敗北した王達に、地球上の金に関する知識で新しい王に賄賂をしようとする企てで、彼の王権を復活させようとすることを伝えています。

第3.2章 この部分には交渉の終結があります。金があるかどうかを知るためにチームが地球に送られます。金がある場合、敗北した王は、王座のために新しい王と別のレスリングの試合を持つでしょう。

第3.3章 以下のタブレットのビジュアルでは、アヌンナキが地球に旅行しています。彼らは水のために火星に手短に立ち寄ります。彼らの宇宙船は明らかに水の上を走っています。そうして彼らは地球に赴き上陸します。

第3.4章 この部分は、地球上の最初の6日間での、アヌンナキの先進チームのことを伝えます。たくさんの食べ物、水、魚や動物。

第3.5章 ここでは、第7日を休息の日と宣言したアヌンナキのチームリーダーを描写しています。金属は、水域から加工されました。 日、月、年に名前が付けられました。

第3.6章 このタブレットの部位では、金の検索と発見について伝えていますが、沢山ではありませんでした。敗北した王の宇宙船に残っている核爆弾は、宇宙船から出して洞窟に隠しました。それらは小惑星ベルトを通る道を作るために再び使われるべきではありません。アヌンナキのチームメンバーは地球を去り、金の最初のバスケットをニビルに持っていきます。

 

主君エンキの4番目のタブレット

第4.1章 このタブレットは、金の最初のバスケットを積み込んだ宇宙船が到着するところから始まります。地球より受け取った言葉は、より大きな金の鉱床が地下にあることです。高位のアヌンナキは、地球の運営を担当しました。彼はニビルを出発し、地球に着きました。

第4.2章 この部分のタブレットには、ニビルの新しい王が地球に、金が地下にあるか自ら確認するために来ています。彼の息子の誰がニビルに戻るのか、誰が地上で指揮をするのか、計画を立てています。これは完了する必要があります。どちらにも次の王の資格がある彼の2人の息子の競争のためだからです。

第4.3章 この部分には、新しい王とその2人の息子が、どんな仕事をするのかを知るためにたくさんの絵が描かれています。決定が発表されると、王位のための2度目のレスリングの試合のために、敗北した王は彼の事件を再び述べます。レスリングの試合は新しい王と再び終わり、敗北した王を再び打ち負かしました。試合終了後、敗北した王は新しい王の股間の突起物を噛んで、それを飲み込みました。彼は縛られ拘束されます。新しい王が治癒している間、敗北した王の腹は王の股間の突起物の子種から膨らます。裁判が招集され、敗北した王をどうするかを決めます。新しい王の息子は、彼を亡き者にしたい。

第4.4章 タブレットのこの部分には、次のようなことがあります。新しい王の股間の突起物を飲み込むことで死ぬことが予想される敗北した王を、彼が死ぬまで火星に追放することを新しい王は決定しました。新しい王はニビルに戻り、起きたことや地球上の金を収穫する計画を伝えます。その計画には、火星の中継局とおそらく月にも作ることが含まれています。地球は再びエデンとしてリファレンスされます。

第4.5章 この部分では、地球上で使用するためにニビルで建造する特定の地球移動機器、宇宙船、ロケットの建設について説明します。地球はより短い1日と大気がアヌンナキに影響します。癒し[ヒール]のスキルを持つ女性を含む多くのアヌンナキのグループは、地球に行くためにニビルを離れます。彼らは火星に立ち寄り、敗北した王が死亡したかどうかを確認して、そこで中継所を始めます。残りのグループは地球に向かいます。

 

主君エンキの5番目のタブレット

第5.1章 このタブレットは、地球に到着した最新のグループから始まります。金の収穫の支援を命じられた息子は、ヒーラーの1人である妹に挨拶します。彼らは飛び、王の子息が山の上に建てた王子の居住区に行きます。彼らはお互いに愛を表明し、地球に来たいと望んでいるニビルにいる彼らの息子について議論します(これは兄弟姉妹です)。彼らは飛びエデンに戻り、彼は彼の計画を彼女の周囲に知らせます。より多くのアヌンナキはニビルから到着します。

第5.2章 火星にはアヌンナキが300人、地球には600人がいます。タブレットのこの部分には、同じ無知な意思決定の多くや、アヌンナキの一部の不道徳があります。王の息子を愛している王の娘は、王によって他の息子たちに約束しました。他の息子と娘が一緒に寝ていることが分かったら、娘は誰かと結婚することは禁じられます。彼の妹に恋をしていた王子の息子は、若い女性のヒーラーを強かんします。彼女は姉妹の指揮下にあり、彼は寝ていました。怒っているキングスの息子は、地球上の不毛の地に追放され、彼を追放するアヌンナキは、敗北した王の宇宙船から取り出した7つの原子爆弾が洞窟に保管されている場所に、彼を故意に連れて行きます。

第5.3章 強姦された若い女性のヒーラーは7人の裁判官の前に連れ込まれ、彼女は、彼らに妊娠していると伝えます。彼らは彼女に尋ねます、彼女を強かんした王の息子を彼女が夫としてするかどうか。彼女はどうしたいか意思を言います。追放された王の息子をエデンに戻します。地下から金を手に入れようとしている他の王の息子は、地球のその地域に住んでいます。彼の父の王は、娘に結婚を約束していましたが、王は彼女と他の息子が一緒に寝ていることを知り、彼女を結婚から追放しました。今、金を手に入れた息子達は、彼女に彼の住居で彼に加わるように頼みます。彼と彼の妹は新生児の娘を持っています。彼は息子が欲しかった。彼女には別の娘がいます。彼は息子が欲しいと叫ぶが、彼女は彼を呪う(実際の呪い)。彼は今、深刻な健康問題を抱えています。彼女の身体から遠ざかることを誓うのなら、彼女は彼女の呪いから彼に救済を与えます。彼女はエデンに戻ります。彼は妻と子供をニビルに連れて来て、地球に来きます。彼は、妻と他のアヌンナキの女性の間に5人の息子がいます。

王の他の息子は、彼の妹と別れた後、若いヒーラーを強姦し後に彼女と結婚した。今、彼と彼が愛する妹は、彼らの息子をニビルから地球に呼びます。今、彼と彼が愛する妹は、彼らの息子をニビルから地球に呼びます。しかし、彼は結婚しており、彼は妻との間に息子がいます。

これは地球上での王の2人の息子の間の争いを設定します。それは戦争に導きます。

金はニビルに着き、そして細かい塵にされ大気中に置かれます。大気はゆっくりと治癒しています。今や地球上には、5つのアヌンナキの都市があります。

イギギ(Igigi)は、仕事量について文句を言いはじめました。火星のイギギは、最も不平を言っていいます。火星の指揮官は地球に連れてこられ、そこで労働を見せます。

第5.4章 火星の指揮官は、地球上での労働を見せます。彼は密かに王になりたいので、エデンから運命のタブレット(真の範囲と力は不明)を盗みます。彼は運命のタブレットを持っている間、彼は敗北することはないと信じていますが、彼は敗北し死刑判決を受けます。彼は25シャー(shar)で亡くなりました(シャーは3,600地球年、太陽を周回するニビル軌道の長さと信じられています)。アヌンナキが地球にやって来て約9万年後に、25シャーの彼の処刑を執行します。地球のアヌンナキの指導者達は、地球上の金を精錬する計画を思いつき、精製された金だけをニビルに持って行きます。そうすれば、イキギが乗る宇宙船のスペースが空き、休息のためにニビルに移動することができます。王は同意します。

第5.5章 鉱業担当の王の息子は、今では地球上の生命と動物に注意を向けて、それがニビルとどう異なるのかを指導します。彼らの前足を手として使う、背の高い木の中の動物について記載されています。他の生き物は、背の高い草の中で直立(ホモノイド)しているのが見られました。鉱山のイギギは反抗しています。王の2人の息子と他の王たちは、反抗するアヌンナキをニビルに戻し、新しいアヌンナキの労働者に置き換える計画を考案します。彼らはまた、ルル(Lulu)を創造することにしました。ルルは原始的な労働者です。

 

主君エンキの6番目のタブレット

第6.1章 原始労働者の奴隷種の創造について多くの議論があります。王の息子の1人は、「すべての始まりの父」が創造の唯一の力を持っていると述べています。この努力をプロモーションしている他の王の息子は、その種はすでに存在しており、奴隷ではなくヘルパーだと言っています。もちろん、これは現代の嘘の虚言のように聞こえます。それは惑星から惑星への旅のルールに反していると、他の王の息子は言います。地球に来ることさえ違反だったと、他の王の息子は記述します。多くの議論の末、王は原始的な奴隷を創造することを命じました。

第6.2章 私がこれを研究するほど、そしてアヌンナキをより信じるほどに、特に鉱業担当の王の息子は古い神話の生き物を創り出しました。ドラゴン、ケンタウロス、人魚、ユニコーン、他の動物。タブレットのこの部分では、1つの動物の後から部品を取り出し、それを別の動物の正面と組み合わせたと述べています。言い換えれば、彼らはDNAの実験をしていました。この王の息子はDNAから生き物を作りましたが、議論が原始労働者の創造について始める前で、規則に違反しました。王が進める権利を与えられ、彼らは何度も試してみました。地球の2つの脚の生き物(ホモノイド)DNAを混ぜ、それらを2つの脚の地球の女性の生き物の子宮に置きます。多くの考えがありましたが、結果は良くありませんでした。多くの生き物が奇形で創造されました。

第6.3章 総ての試みが失敗しました。しかし、ついに彼らは地球の2足の女性に再び妊娠させないことに決めましたが、アヌンナキの女性に妊娠させることにしました。DNAスプライシングをしていたアヌンナキの女性は、自分を妊娠させることに決めました。彼女は考えて、男の子を産みました。 彼女は彼をアダムと名づけました。その後、彼らはニビルの若い女性のアヌンナキのヒーラーに尋ねることにしました。彼女達が妊娠出産するかどうか。7人は前向きでした。

第6.4章 7人のアヌンナキの女性ヒーラーに、2人の脚を持つ地球の女性の生き物(ホモノイド)とアダムの組み合わせを妊娠させました。7人は男子7人を産みました。アヌンナキの女性に対する需要の問題を認識すると、彼らは女性の子供を作り、彼らに自ら創造させることにしました。アヌンナキの妻は妊娠するように頼まれ、同意しました。出産は正常ではありませんでしたが、女性の子供は健康でした。

第6.5章 7人の男性のためにさらに7人の女性が創られました。アダムとイヴはエデン(アンヌナキの主要都市)に移され、7人の男性と女性が木々の中に檻の中に置かれました。(それほど奴隷ではない)。彼らが生きる時間が過ぎ去ってしまった。妊娠はありませんでした。一部のDNAは、王の息子とDNAスプライシングをしていた女性から取られており、そしてアダムとイヴに置かれました。アダムとイヴは、彼らが好きなようにエデンをうろつくために残されます。

第6.6章 このタブレット部分では、エデンの上の王の息子は、アダムとイヴがここから去ったことに気付きます。彼はあわてて、他の王の息子を召集します。それは創造の一部を説明するためでした。彼は、創造での彼の共犯者を順番に呼び出します。彼らは欠けているDNAの総て説明し、エデンを担当する息子をより怒らせます。彼は、ばかげたことを警告していました。創造に携わる者の一人が話をし、アヌンナキの長寿は彼らに与えられなかったと言いました。エデンを担当する息子は、彼らの創造物をエデンから取り出すように、彼らに命じます。

 

主君エンキの7番目のタブレット

第7.1章 アダムとイヴは、エデンの町の外にある囲いの中に置かれています。彼らには多くの子供がいました。アヌンナキは現在、地球上に3世代を持っています。アダムス等は畑や鉱山で働いています。金が流れています。 地球は暖かいです。 雪が溶けます。 火山が噴火し、地面が揺れます。激しい風や粉塵嵐の火星では、イギギが不平を言っています。小惑星帯は騒ぎになっています。地球上の硫黄が落ちています。それはニビルが何とか近づいてきたようで、空で多くの問題を引き起します。大きな小惑星が月に衝突します。

第7.2章 この部分では、彼らは火星の中継所を放棄することを考えています。地球上では今は80シャーとなっています。すなわち288,000地球年です。288,000年前に最初に地球に来たアヌンナキの人々は、まだ生きていることに気をつけてください。アヌンナキは月に行き、多くのことを研究します。天国の三つの道。12個の星座など。

第7.3章 火星中継が放棄されたので、新しい宇宙船港が、金をニビルに直接輸送するために地球上に作られることになりました。王は新しい宇宙港を見るために地球に来ます。

第7.4章 王の息子とその子孫の間で再び分裂が始まります。原始労働者(アダムとイヴ)は、エデンの町の外に捕らえられ、町に連れて来られました。彼らには雑用と仕事が与えられます。当時、穀物と羊は大地に持ち込まれていませんでした。人類を創造した王の息子は新しいスキームを持っていますが、彼は人類が逆戻りしていることに気づいていました。

第7.5章 アダムとイヴを創造した王の息子は、アダムとイヴを観察していました。ある日、彼はいくつかの若いイヴを偵察し、彼の子種で妊娠させることに決めました。彼女達は出産しました。今は90秒シャーの331,200年、アヌンナキは地球上にいました。王の息子は、誕生について有頂天で、彼は文明人を創造したと言います。彼はこのことを秘密にしたい。彼は彼の側近に、2人の子供を彼の家に秘密にすると伝え、そして彼らは花束の中の葦のバスケットで見つかったと言います。王の息子と彼の妻は彼らを育てました。

 

主君エンキの8番目のタブレット

第8.1章 男性をピックアップする宇宙船が到着します。王の息子は、男性に同行するために彼の他の子孫を送ります。王の息子は、それらは毒であなたは死ぬだろうと、長生きのものを食べたり飲んだりしないように、男性に騙されます。宇宙船は発ち、彼らはニビルに到着します。 王は初めて自分の孫と大地を見ます。

第8.2章 ニビルでは、地球人に長寿のパンと万能薬が提供されています。彼は食べたり飲んだりしません。 王は怒り、どうしてなのか彼に尋ねます。彼は死ぬと言います。王の孫の1人が王に、父親から与えられたタブレット贈ります。その目的は、彼の父親に王位を与えるためのものです。王はそれを読んで、地球人の男性が彼の息子の子孫であることを理解します。王の息子は地球人が地球に戻ることを望んでおり、地球でたくさん生きそして死ぬことです。王の息子が長寿食を食べ飲むことを欲していなかった本当の理由は、彼が彼の息子だったので将来の王権紛争に対する懸念からでした。地球人と2人の孫のうちの1人が地球に戻ります。

第8.3章 双子の子、カイン(Cain)とアベル(Abel)は、水路を掘り穀物を収穫する方法が示され、もう一方では羊の群れを飼育し羊毛を取ることを教えられています。最初の収穫にはお祝いがあり、双子の2人の地球人の男たちが王の2人の息子たちに奉仕します。お祝いがあります。後にカインは、王子の1人が彼の努力について彼を賞賛しなかったことに不満を抱いています。カインとアベルはこのために戦い、アベルは亡き者にされました。

第8.4章 タブレットのこの部分は、亡き者にした後の出来事の話をしています。 カインは追放されます。

第8.5章 このタブレットは、王の息子の地球人の子孫への教えを詳述しています。それは他の子孫への他の教えも言及しています。アヌンナキの崇拝が作成されます。これは98シャーで、アヌンナキが地球上に上陸してから352,800年になります。104シャーかまたは374,400地球年、いくつかの世代の地球上の王権の系譜は、まだ彼らの異母兄弟と合わせて赤ちゃんがいます。

第8.6章 このタブレットの部分は、イヴによって作られた王の息子である最初の地球人男性の終わりの話を語っています。地上の男性(カインとアベルの父)はアダムだと言われています。彼は93シャー(334,800年)に生まれ、108シャー(388,800年)で死に、彼は54000地球年を作りました。現時点では、アヌンナキと地球人の人間は縁組しています。

 

主君エンキの9番目のタブレット

第9.1章 現時点では、アヌンナキと地球人の人間が縁組しています。太陽フレアによる地球と火星の苦難。王の息子の1人は、地球人の女性と結婚を望んでいます。異議があります。この議論には、異母姉妹と結婚する王権系統が習慣だという声明を含みます。結婚での問題は、王の系譜です。もし王位の系統が地上の女性と結婚すれば、ニビルの王は最終的には地球人になるかもしれません。王の息子の男性の子孫が地球人と結婚すれば、彼はニビルに帰ることができず、王子の地位は終わる、と王は命じています。地球の司令官である王の息子も、彼と彼の新しい妻はエデンに留まらないと述べています。王の息子の男性の子孫は、地球の女性と結婚します。

第9.2章 火星から200人のイギギが結婚式に来ました。エデンの指導者に知られていないが、火星から来た200人のイギギは、地球人の女性を妻として拉致することに決めました。結婚式の後、彼らはこの行為をしました。人類の創造に常に反対してきた地球司令官は、彼らは彼らの本来の使命を破壊したことを悲しみます。一度は神聖な使命でも、今や別の悪魔宣教です。今、地球は人類によって埋め尽くされるでしょう。王の息子の男性の子孫で、結婚したばかりの者は、基本的に海の向こうの別の土地に追放されました。そこで彼は地球人の妻たちを連れてきたイギギを招きました。人類を創造した王の息子は、結婚した地球人の女性に夢中になりました。彼は、新しい土地に住む地上の女性と結婚した彼の息子に尋ねます。地上の女性の夫がそこに移されるように頼んだ。人類を創造した王の息子は、今や新しい土地を頻繁に訪問し、女性を見て誘惑します(デビッドとバテシバのバイブル・ストーリー(biblical story of David and bathsheba))。

第9.3章 バテシバ(Bathsheba)には妊娠し子供がいます。 第一子は、白い体、ブロンドの髪、青い目の地球人です。アヌンナキの到着後の110シャー、396,000地球年に生まれました。地球には疫病と飢えがあります。地球の司令官は、地球でのミッションが曲折し、地球人を嫌うようになったと感じています。地球人の叫び声が大きくなりました。地球の司令官はよく眠れないほどです。あるアヌンナキは、地球人に癒しの芸術を教えたかった。地球のアヌンナキ司令官は、却下と言いました。地球人が住んでいた場所の水源から水が出てきません。植生は成長しませんでした。地球の司令官は、地球人への教えや助けを禁じています。彼は地球人が滅亡することを望んでいました。1シャー(3,600年)の間、地球人は草を食べました。これは約5シャーにわたって続きます。太陽には黒点があります。ニビルの学識者は、ニビルによって太陽が次に通過する間に惑星は動いていることを伝えます。

第9.4章 ニビルの学識者は地球の氷河が溶けていると伝え、彼らは彼らの立場を失います。氷河滑りの動きは土地を荒廃させる大波を作り出します。地球は沈みます。ニビルの王は、火星と地球に脱出の準備を命じます。学識者の長は、王からのメッセージとともに地球に来ます。彼は、アヌナンナキをニビルに戻すことは、地球サイクルに慣れて、ニビルの長いサイクルに戻って調整することはできず、苦しむことを彼らに伝えます。彼らはより早く死にます。王の息子の1人はこの事態を知っていましたが、地球の司令官である他の王の息子は怒っています。彼は、地球人が彼らのようになり、彼らが地球人になったことに怒っています。彼は、彼らが地球上に投獄されていると感じており、かつては主人でしたが、今は彼らが奴隷です。学識者は彼らに地球上にとどまるべきだと伝えます。彼らは、災害を避けるために、宇宙船に乗って行かなければなりません。他のアヌンナキには、帰るか、災害を避けるために待機するかの選択肢が与えられます。地球の女性と結婚したアヌンナキは、妻か離婚かを選ぶ必要があります。このタブレットは、大洪水が自然な出来事なことを示しています。聖書の神は、人類が再び洪水で破壊されないように約束します。アヌンナキは一同に集まり、起こるイベントとその選択について話しました。各々が滞在するか離れるかを決めます。

第9.5章 アヌンナキは選択しました。その後に、彼らは人類の運命について尋ねます。地球の司令官は彼らが滅亡すると宣言します。アヌンナキは、彼らが死んではいけないことを叫びます。地上の指揮官は、彼の希望に反して最初にそれらを創った彼の兄弟に忠告します。彼は、彼の背後に行き、彼自身の創造を妨害しました。地上の司令官は、各々のアヌンナキに誓いを立てさせます。準備のための担当が割り当てがされます。宇宙船が割り当てられます。人類を作り出した王の息子は、もう一度兄弟の背後に行き、動物のDNAを集めることにします。地球の不満は増します。

 

主君エンキの10番目のタブレット

第10.1章 このタブレットは、地球人を創った王の息子が、彼は水の災害が来ることをノア(Noah)に知らせる夢を受けています。ノアが、やって来る洪水から家族を救うために頑丈なボートを建てることです。

第10.2章 ノアは人々を欺いて、丈夫なボートを建てるのを助けさせました。6日目に、ナビゲーターは動物のDNAの箱を持って来ました。洪水は、120シャー(432,000年)の時でした。ノアが10シャー(36,000歳)の時でした。大洪水は波と雨の組み合わせでした。私は、南極の氷のキャップから剥がれて波が来たと推測します。そして雨は何日も長く降りました。この総ては、ニビルの軌道が地球の近くを通ることで起こりました。

第10.3章 このタブレットの部分は、洪水とアララト山(Ararat)の隣の山にノアの船が停止したこと伝えています。アヌンナキは地球に戻ります。地球の司令官はノアを見つけ、彼の欺瞞で兄弟を殺す準備ができました。総てが説明されたとき、彼は落ち着いています。彼らの都市に埋もれずに残った唯一のものは、宇宙船の着陸パッドです。

第10.4章 アヌンナキが地球に戻った時、彼らは完全な荒廃を見ます。火星は大気を失い、水は干上がりました。地球上では、アヌンナキが編成され、再建のための雑用を設定しています。

第10.5章 ニビルは、火星と地球の引力で損傷しました。ニビルの大気も損傷しています。ニビルは、より多くの金を地球から必要とします。地球は王に、金の採掘はできないと言います。 鉱山は無くなりました。しかし、海の巡回調査している1人のアヌンナキは、地面に金塊が横たわっているのを見つけました。彼はまた、カイン(Cain)の人々の一部が生存しているのを見つけています。新しい着陸パッドの再建築と準備が行われています。

第10.6章 宇宙船の発着には2つの山が必要です。理想的な場所はありませんでした。彼らは、彼らの宇宙港のための山としてピラミッド(pyramids)を建てます。

第10.7章 この最後のタブレットには、利己的で力とタイトルを欲するアヌンナキが再び現れます。彼らは彼らの間で土地を分けます。

 

主君エンキの11番目のタブレット

第11.1章 次のシャー(3,600年)は平和が保たれました。しかし、それは最後まであまりにも良い期間です。1人の王の息子に、2人の息子がいました。1人は父親と一緒の土地に住み、もう1人は宇宙港に住んでいました。宇宙港の息子は嫉妬深く欲深くなりました。彼は、父親が彼と住んでいた息子に彼の土地を残すだろうと考えました。そこで、彼と彼の妻は、兄弟を殺して土地を継ぐことを計画しました。彼らはパーティーを開き、兄弟が酒で眠りについてから彼を棺に入れて彼を海に投げ入れました。彼は亡くなるまで見つかりませんでした。悲しみの妻は復讐を誓い、亡くなった夫から子種を取り出し、自分自身を妊娠させました。彼女は、彼女の復讐をするために息子を育てました。息子は成長し、訓練を受けました。彼は軍隊を育てました。その日が来て、彼女の息子は毒のダーツで打たれました。

第11.2章 タブレットのこの部分では、息子は父親を殺した叔父を打倒します。彼は、彼の宇宙船で地球に落ちました。彼は盲目になり、彼の睾丸は押しつぶされました。評議会は、彼に生きることを許します。地球の司令官は、地球人が軍隊を育成したのは、これが初めてだと気づいています。彼は、自分の所に宇宙港を持っている事や、自分が支配してない土地での彼の立場を調査しています。彼は、彼の3人の息子を召集して、他のアヌンナキに知られていない宇宙港を建設しました。別の愛の関心が飛び出しました。今回は、各々の王の息子の子孫の間にです。誰もが平和をもたらすことを楽しみにしています。

第11.3章 結婚式の準備として、女性の親戚が花嫁をドレスアップするのが習慣です。彼女の結婚式のドレッシング中に、彼女の夫に彼女の計画を伝えます。計画はとても壮大な女性のエリート・ドレッシングで、彼女は花婿の父親に伝えます。父親は、王の他の息子の王権系統が有利になることを驚き恐れます。そして彼の計画は、彼の娘に兄弟(新郎)によって妊娠させることです。こうして王権の系統は家族の側にあり続けます。子孫が男性なことを彼がどのように知るのか、私には分かりません。彼は、彼の妹を妊娠させた後、彼は眠りに落ちました。彼には死亡の夢があります。彼が目覚めたとき、彼は妹に話します。彼は、彼女を強かんしたとして非難されると考えています。彼は街から走り、滝で終わります。岩は滑りやすく、彼は落ち死亡に到ります。この最終部分は混乱しています。彼女の新郎が横になっている場所に花嫁が突入するだろう。彼女は、彼女の兄弟によって妊娠されることを望んでいる彼女の姉妹に告発されます。アドバイザーは花嫁になる妹に、妹は60の災いで彼女を呪うべきだと言います。人類を創った王の息子で新郎の祖父の流行の2人の無血の使者は、死の光線で害されて花嫁を取り戻すことができません。花嫁の妹のアドバイザーは、2人の使者を光線で撃つが、彼らには影響しませんでした。アドバイザーは、杭から吊り下がっている生命のない新郎の身体を彼らに示しました。2人の使者は彼女にパルサーとエミッタを向け、彼女の口に人生の植物を置き、彼女の体に生命の水を振りかけました。

第11.4章 この部分は、最終部分のいくつかの混乱について説明します。花嫁は新郎の亡骸を求めて冥土に行っていた。昔の冥土は死の場所です。2人の使者が彼女を生き返らせ、新郎の亡骸を取って冥土を去ります。花嫁は復讐を望んでおり、息子を亡き者にしなかったにもかかわらず新郎の父親の死を要求しています。花嫁は戦争を始めることで復讐を求めます。それは新郎の父が、ピラミッドのチャンバに自らを幽閉して終わります。彼は自分を埋葬し、何もしなければそこで亡くなるでしょう。彼の父は彼が、追放され王権の系統を放棄する取引をします。

アヌンナキが行い成したこと総てについて、これは不当に思えます。しかし、地球の司令官は政治をしており、優位を得ています。彼の兄弟は、年を取ることによって次の王でなければなりませんが、この出来事で王権系統は、王が決して兄弟系統ではないことをほぼ確実にしました。

第11.5章 この部分では、墓から父親を救出し、ピラミッドの内部の石、梁、誘導ビーコンに損傷を与えます。また地球の司令官は、土地の再分配をします。これは、彼が父親に持っている別の疑問をもたらします。地球人達は、アヌンナキよりも速く増殖しています。アヌンナキは、いかにして地球人を服従させ奉仕させるか。王はもう一度地球に来ることを決めます。

第11.6章 宇宙船の誘導ビーコンの再配置。地球の司令官は土地を再分配します。結婚が完了していれば、花嫁は彼女が持っていた土地を望んでいます。彼女には何も与えられません。これは、彼が父親に持っている別の疑問をもたらします。地球人達はアヌンナキよりも速く増殖しています。アヌンナキは、いかにして地球人を服従させ奉仕させるか。王はもう一度地球に来ることを決めます。

 

主君エンキの12番目のタブレット

第12.1章 王は地球に来ることを決めました。洪水以来2シャー(7200年)経っているにもかかわらず、再建は継続しています。非常に奇妙なことがここで別記されています。「土地を検査する持ち上げられた目、すべてを貫く持ち上げられたビーム」。ピラミッドの上の総てが見える目を、私に思い出させます。私達のドル紙幣のように。

第12.2章 これは最も興味深い部分です。王が到着し、大々的な祝宴と歌が全員に与えられました。そうして王とその妻は幾日昼夜を眠ります。6日目に王は、2人の息子と娘を呼び寄せます。彼らは彼に新しい金のレイアウトを見つけたことと、宇宙船のパッドなどを説明します。そして、洪水の前に彼が送った秘書について、彼らは話します。宇宙船に来て、洪水と彼らの地球上でのライフサイクルの変化について話した者についてです。彼らがニビルに戻った場合、彼らがどう死ぬかについて。そうして、息子の内の1人の夢に同じ使者が現れました。王は彼が使者を送らなかったことを述べています。 彼らは総てに困惑しています。

第12.3章 王の訪問後の多くの変化。一部の土地の再編成と地球人への新しいアプローチ。

都市のアヌンナキと一緒に、彼らは混在していました。彼ら自身の王が地上の地球の司令官によって任命され、また彼らには彼ら専用の都市を与えられました。王と権威のためのポイント制度が考案され与えられました。花嫁は復習でまだ満足しており、自分の土地を要求しています。彼女は計画を立て、彼女の亡くなった新郎の祖父(王の息子)に指示します。彼はMEsと呼ばれる役割を担当しています。彼女は、それらを彼から盗む計画を立てる。彼女は彼の住居に着くと、露出度の高いドレス姿になり、歌とワインで彼を誘惑します。これまでのところ彼は、虚勢に落ちています。

第12.4章 花嫁は捕まりましたが、彼女はMEsを持っていませんでした。地球の司令官は、兄弟の責任を取り除いたようです。追放から戻った兄弟の息子は、非常に激怒しました。彼は彼専用の神聖な都市を要求しました。地球の司令官の叔父は、彼にそれを与えませんでした。彼は彼自身としてそれを取り、彼を助けるために一部のイギギを集めました。彼らはバベルの塔を建設しました。夜間に、地球の司令官の軍隊がそれを破壊し、人々を散らしました。その後、各々の領域に使用する異なる言語とアルファベットを、彼は与えました。都市の王が来て去りました。今MEsの担当していた花嫁についての歌を、人々は歌いました。

第12.5章 一度追放された王の息子の息子は、彼の兄弟が領主だった土地に領域を与えられました。650地球年の間、彼らは口論しました。弟は最終的に、王の息子(彼の父)の主張に同意しました。彼は海の向こうに新しい土地へ出発しました。興味深いことに、一度追放された王子の息子は、現在ラー(Ra)と呼ばれる地球人を創造しました(ラーはエジプトで太陽神のことです)。ラーは、ピラミッドの隣のライオンの顔を、彼の息子達の顔に取り替えました。彼の弟へのリファレンスは消されます。エジプトには、この種の古い王の古跡を破壊する歴史があるようです。アヌンナキは60まで数える正確な計算システムを持っていました。ラーは、10単位に置き換えます。

第12.6章 タブレットのこの部分は、父がラーに一部のMEsを与えた事から始まります。彼は、死者を復活させる方法を除く総ての知識を彼に与えました。現在、第3の領域が確立され、花嫁はその上に領主を与えられます。彼女が誘惑してMEsを盗んだ王の息子は、彼女の土地を統治する必要があり、今から彼女のMEsを守っています。彼女の土地には完全に新しい言語も与えられます。3番目の領域は言語のためにコミュニケーションできずに、ほとんど戦争に向かいました。言語のために交易は起こりません。この障壁のために3番目の領域は開花しませんでした。

 

主君エンキの13番目のタブレット

第13.1章 3番目の領域は開花しませんでした。花嫁は彼女の地域を無視しました。他の領域は彼女に与えられませんでした。それは最終的に彼女から奪われました。彼女は亡くなった新郎に憑かれていました。彼女は夜の喜びのために家を建てました。彼女は男性を彼女のベッドに誘惑し、彼らを亡き者にしました。ギルガメシュ(Gilgamesh)は王で、長寿を望んでいます。彼は試みるが達成せずに、亡くなります。

第13.2章 ラーは花嫁の動きに悩まされています。彼は今、不死を達成することに夢中です。彼は人々に金を探すように指示します。彼らは彼の兄弟の土地に侵入し、彼らは憤慨してしまいます。ラーは地球全体を統治したい。花嫁は旅行し、彼女が気に入った土地の人々を見つけます。地球人に星座が教えられます。

第13.3章 宿敵(The arch enemies)は戦争の準備をしています。花嫁とラー。2人の王の息子の家族の間で戦争が始まります。地球の司令官は、彼の兄弟の夢のように同じ使者の夢を見ています。

第13.4章 戦争の進展、地球人を創った王の息子の息子が勝利します。彼は地球の司令官と彼の支持者に叫びました。彼が唯一の統治者で、彼らは降伏すべきです。しかし、地球の司令官には最後の手段があります。彼は、恐怖の武器がどこに隠されているかを知っています。彼は2人を送り、それらを装填し使用します。しかし人々が害を受けていないことを確かめられます。

第13.5章 恐怖の武器の束縛が解かれます。洪水から1,736年です。総てがラーの軍隊と支持者のために破壊されています。その後、邪悪な暗い雲を風か吹き流し、その通り道ですべてを亡き者にしました。

第13.6章 このタブレットは、以前のタブレットの続きです。

 

主君エンキの14番目のタブレット

第14.1章 この最後のタブレットには王の2人の息子が登場します。エンキとエンリル(Enlil)は、恐怖の武器による被害調査に飛んでいきます。2人の兄弟が話し、その総ての意味について話し合います。ラーが切望していた王国は今や最悪の荒れ地です。地球の司令官は彼の兄弟に、彼が知っているラーが望んでいたことを伝えます。彼が蒔いたものは、今すぐ収穫することができます(放射能の土地)。地球司令官においては、彼は本来のミッションを果たすために、どこかに金の畑がある西に向かっています。

 

ソースとリファレンス:

14-tablets-of-lord-enki.pdf | Adam And Eve | Cain And Abel

The Lost Book of Enki: Memoirs & Prophecies of an Extraterrestrial God (Earth Chronicles #6.25) by Zecharia Sitchin

In5D.com

 

----- 出典 -----

www.ancient-code.com

 

----- この記事を読んで -----

この14タブレットがアヌンナキのヒストリーの中核となるようです。バイブルにあるようなストーリーもあり、いろいろな要素の原典なのかもしれません。古代宇宙飛行士説の支持者が多いこともうなづけます。

読んでみて気になったのは、DNAの操作が、交配による品種改良のような印象で、劇的な医学/工学的な遺伝子操作とは少し違うような気がしました。

ソースとリファレンスのところは是非寄ってみてください。

 

NEXT アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

 PREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp