ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ネフィリムに会う:地球に生息するハイブリッド種


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200120121218j:plain

ネフィリムに会う:地球に生息するハイブリッド種

(図 ジャイアント Piqsels,CC0)  (Fig.) アーティクル・イメージ

ネフィリムと堕天使は、数え切れないほどの古代のテキストによればリアルでした。

 

ネフィリム(Nephilim)は、大洪水の前を支配する巨人の種族でした。これらのミステリアスな存在は、古代の文章ではジャイアンツ(Giants)と呼ばれ、堕天使(Fallen Angels)の子孫です。彼らは、洪水とノアのアークの以前の、堕落した天使と人間の女性との間の不徳な関係の産物でした。

ネフィリム」という言葉は、未翻訳のヘブライ語(Hebrew)の、未翻訳な発音です。ネフィリム:堕落したフェラー:暴君やいじめっ子、巨人、そして英語の翻訳では、ネフィリムは巨人と呼ばれています。興味深いことに、ギリシャのセプトゥアギンタ(Greek Septuagint)では「ネフィリム」が巨人を描写として使われました。

しかしながら、民数記13:33節(Numbers 13:33)によれば、「ネフィリム」という名前は、イスラエル(Israelite)の征服の時にカナン(Canaan)に住む巨人の種族を描くときによく使われます。

これらのミステリアスな存在を取り巻く混乱がかなりあり、古代の文章によれば、これは遠い過去に実在し地球に暮らしていました。

古代の文書を見ると、ヘブライ語のバイブルでは、「ネフィリム」という言葉は2つの場面で出現することに私達は気づきます。それはトーラ(Torah)での両方の場面で、1番目はノアの箱舟の話の直前の創世記6章1-4節(Genesis 6:1-4)にあり、2番目は民数記13章32-33節(Numbers  13:32–33)で、カナンに送られたスパイが「恐ろしい巨人」を見たと報告した時です。

創世記6章4節(Genesis 6:4):神の子孫が人の娘にやって来て、その時代に、またその後に、ネフィリムが地にいた。 旧約者であった偉大な人たち、栄えた人たちも同じです。

民数記13:33節 そこで、ネフィリムから来たアナク(Anak)の子ネフィリムを見ました。私達は彼らの目の前にいました。

ネフィリムの定義を見ると、創世記6章4節は理解しにくく、これらの存在の本質を理解するのが難しく、それはこれらの存在が、実際に「神の息子」なのか、彼らの子孫としての「老人の強い男、有名な男」なのかを区別することです。

それがどのように記述されているか、おそらくネフィリムの解釈は明らかです。2つの異種間のハイブリッド種族。ネフィリムについて語るときに、これは最も重要で議論の余地のある1つの質問を導きます:彼らはハイブリッドの地球外生命体種なのでしょうか。まあ、上記の事実によれば、答えは大声で「はい」です。

ほとんどの著者は、実際にネフィリムが、ヘブライ語でベネイ・ハロイム(Benei Ha’Elohim「神の息子」)と呼ばれる「堕天使」とのハイブリッド種族なことに固く同意します。これらの存在は地球に固有のものではなくて、実際に天の存在、堕天使の子孫でした。

興味深いことに、多くの古代の宗教的文章では、ネフィリムジャイアンツまたはタイタン(Titans)と呼ばれ、多くの他の古代のテキストは、これらの存在が何であるかを説明することができませんでした。

バイブルでは、人間と交じり合った「天の存在」を明白に述べています(伝統的な解釈として使われています)。最も議論の余地がある主張は、多くの人々によって拒絶されました。

 


THE NEPHILIM Full Documentary

(1:06:10)  2018/05/29 ・・・視聴不可のビデオと、同じ内容のものになります

 

エノク(Enoch)書には、ネフィリムを記述するために次のテキストが使用されています:

「それは、その時代に人の子孫が増えた後に起き、娘たちはエレガントで美しく生まれました。天使達、天の子孫達が彼らを見て、彼らは彼らに魅了され、お互いに言った『さあ、男性の子孫から自分たちの妻を選び、子供を産ませましょう。』 彼らの指導者サムヤザ(Samyaza)は彼らに言った、『私は、あなたがこの行いの結果に不利になるかもしれないことを恐れている。そして、私は1人で悲惨な犯罪のために苦しんでいます』」

しかし彼らは、彼に答えて言った、「私達は全員誓う」

私達の意思を変えないために互いに実施することで自分自身を縛り、私達の計画を実行する。それから、彼らはすべて一緒に誓って、互いに実施することによってすべてを縛った。その数は200人で、アルディス(Ardis)に降りた。そこはアルモン山(Armon)頂上です。

その山はそれゆえにアルモンと呼ばれました。彼らはそれを誓ってお互いの実施によって縛られたからです。[アルモン山(Mt. Armon)、またはヘルモン山(Mt. Hermon)、ヘブライ語のへレム(herem)、呪いからその名前を借りています。]

これらは首長の名前です:サムヤザ(Samyaza)、彼らのリーダーであった。ウラカバラメル(Urakabarameel)、アキビエル(Akibeel)、タミエル(Tamiel)、ラムエル(Ramuel)、ダニエル(Danel)、アズケル(Azkeel)、サラクニャル(Saraknyal)、アサエル(Asael)、アーマーズ(Armers)、ババラール(Batraal)、アナーン(Anane)、ザベーブ(Zavebe)、サムサベエル(Samsaveel)、エルテル(Ertael)、トゥルール(Turel)、ヨムヤエル(Yomyael)、アラジヤール(Arazyal)。これらは二百人の天使の長であり、残りはすべて彼らと共にいた。

それから、彼らはそれぞれ自分のために選んだ妻を連れて行った。 彼らは接近し始めたのは、彼らと同居してたいた人達。 彼らに魔法、呪文、根と木の分けを教える。

そして妊娠した女性たちは巨人を育てます。

その身長はそれぞれ三百キュビト(cubits)でした。これらはすべて人の労働者が生産したものを食べました。それらの食べるものがなくなるまで。彼らがそれら食べるために人に逆らったとき、鳥、獣、爬虫類、魚を傷つけ、肉を次々と食べ、その血を飲むようになった。彼らの肉体を次々と育てます。[または、「お互いの肉」。R.H.チャールズ(R.H. Charles)氏は、この言葉は、ある仲間の巨人の破壊を指すかもしれないと述べています。]

それ後、地球は不義な者を反省しました。

さらに、アザジョル(Azazyel)は、剣、ナイフ、盾、胸当て、鏡の製作、ブレスレットや装飾品の製作、絵の具の使用、眉毛の美化、あらゆる貴重な種類の石の使用、あらゆる種類のものの染料、 世界は変わったように。

不満が増えた。 強かんが増え、彼らは暴れ、総ての道を崩壊させました。

アマザラク(Amazarak)はすべての魔術師と根の分割を教えました:アーマーズ(Armers)は魔法の解決策を教えた。バルカヤル(Barkayal)は星の観察を教え、アキビエル(Akibeel)は信号を教え、タミエル(Tamiel)は天文学を教え、そして、アサラデル(Asaradel)は月の動きを教えました。

そして、人々は滅ぼされ、叫んだ。 彼らの声は天国に達しました」.-エノク書6-7(Enoch 6-7)。

 

(Fig.1) ジャイアントの、実在する47インチの大腿骨

 

以上の記述総てから、私達は以下のことを理解します。ネフィリムを参照する文献は数多くありますが、これらの存在は地球の原住民ではなく、実際にはハイブリッド種族で、自然界では半分だけ人間であるに過ぎません。

 

  • 本文で 300 キュビトの身長とありましたが、古代メソポタミアの長さ 1 キュビト = 0.496 メートルで計算すると、300 キュビトは 約 150 メートルになります。

 

 

---- 出典 ----

www.ancient-code.com(関連記事)

www.biblicalarchaeology.orgmanmythmagic.blogspot.comwww.myjewishlearning.com

 

---- この記事を読んで ----

バイブルの記述されたことが史実なのかどうなのかは、多くの人々の関心事です。またバイブルには、奇妙な記述があることが知られています。特に旧約聖書のいくつかの部分、とりわけエノク書には不可解な記述が豊富にあります。エノクについては、徐々に取り上げて行きます。

ジャイアント(巨人)について伝説や神話、おとぎ話だったら気楽なのですが、そうではなくて、世界の各地からそうした骨格(遺骸)が見つかっています(Fig.1 参照)。かつて私達の惑星地球では、人類だけでなくジャイアントが暮らしていたことになります。そうした骨格を展示公開されている博物館が、ごくわずかですが世界にはあります。しかし、これらの骨格の多くは何者かにより、人目につかない闇で処分されてるようです。何故でしょうか。ジャイアントが居たことは不都合なのでしょうか。スミソニアン博物館がキーワードなのかもしれません。

一方で、ジャイアントと堕天使のストーリーを、アヌンナキのヒストリーと比べると、不可思議な共通部分を見つけられます。一方が他方の原作なのか、それとも互いに関係のない独立した歴史の書にもかかわらず共通集合があるのか、これも多くの人々の関心事です。

私達、人類や地球の本当の歴史とは、いったいどのようなものなのでしょうか !?

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp