ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

新しく発見された沈んだ大陸は、レムリアの神話の大陸がかつて実在したことを示す


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200518141006j:plain

新しく発見された沈んだ大陸は、レムリアの神話の大陸がかつて実在したことを示します

( 図 レムリア大陸 ウィキメディアパブリックドメイン)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

科学者達は、地球上に少なくとも2つの沈んだ大陸を発見しました。これらの大陸の発見は、地球の歴史の見方を変えました。多くの著者がその事実を指摘する資料として解釈した新しい証拠を提供しており、レムリア(Lemuria)、ムー(Mu)、アトランティス(Atlantis)などの神話大陸は本物でした。

私達のほとんどは、アトランティス、レムリア、ムーの伝説に精通しています。数多くの伝説とテキストによれば、地球には多くの大陸がありましたが、それらの大陸は遠い過去に「失われました」。それらの1つはレムリアの大陸であり、書物の歴史の前に、インドからオーストラリアまで広がっていると言われる巨大な大地です。

アトランティスのように、古代の大陸はミステリアスな状況の下で消え、何万年も前に人類によって忘れ去られました。

19世紀の間に、フィリップ・スクレター(Philip Sclater)氏と呼ばれる英国の地質学者は、レムリアと呼ばれている水没した大陸の存在を述べました。

1864年に書かれた「マダガスカルの哺乳類(The Mammals of Madagascar)」という題名の記事では、スクレター氏は、マダガスカルとインドではキツネの化石がとても豊富だと述べましたが、奇妙なことに、これらの化石はアフリカと中東では見つかりませんでした。この観察は、スクレター氏に次の提案を促しました。 遠い過去のある時点で、インドとマダガスカルはレムリアと呼ばれるより広い大陸の一部でした。

- 大陸のドリフトに関するアイディアがあるにもかかわらず - 沈んだ大陸が地球上に存在することが最近になって証明された数多くの研究があります。

最近、科学者たちはオーストラリア東部の素晴らしい発見をしました:約500万平方キロメートルの大陸で、それはAGESのための明白な光景に隠れています。大陸のわずかな部分 - 約5% - しか、今日では見えません。

今日、一度に大陸のわずか5%しか目視できないと専門家は提示します。そしてこれは研究者が遠い過去においてそれを逃した理由です。

この地域は、大部分が太平洋の水没地であり、ニュージーランド(New Zealand)とフランスの海外領土であるニューカレドニア(New Caledonia)を含んでいます。

 

(Fig.1) Kumari Kandam map

マダガスカル(Madagascar)、南インド、オーストラリア(ほとんどのインド洋を網羅)を結ぶタミル族(Tamil)の民族主義神秘主義文学の「レムリア」。

 

「これは突然の発見ではなく、ゆるやかに現実化されています;最近、10年ほど前には、私達はこの論文を書くために蓄積されたデータや解釈に対する自信を持っていなかったでしょう。」アメリカ地質学会のジャーナル、GSAトゥディ(GSA Today)誌で研究者らが書きました。

ここで、地球に水没した大陸が存在することを示唆する証拠が増えています。

インド本土とスリランカ(Sri Lanka)の間の地域を見ると、私達は興味深い地質学的地形に気付くでしょう。

インド洋にあるパーク海峡(Palk Strait)は、特殊な地理的エリアで、インドの南とスリランカを結ぶ土地の薄いストリップです。それは「アダムの橋(Adam’s Bridge)」と呼ばれています。

アダムの橋は、古代の洪水前の橋の遺跡と考えられています。 おそらく、地球上に建設された初めての橋です。

さらに、NASAによって提供された衛星画像は、私達が見ているものは実際に崩壊した橋の可能性があり、現在は部分的に海底に沈んでいると考えられています。

インドの地質調査所の前のディレクターのバディナラヤナン(Badrinarayanan)博士はこの構造物の調査を行い、それが人工であると結論付けました。バディナラヤナン博士と彼のチームは、アダムの橋の直線方向に沿って10個の試掘の穴を掘削しました。彼が発見したことは驚くべきことでした。表面より約6メートルに、彼は、石灰質の砂岩、サンゴ、および丸石(boulder)ボルダーのような材料の一貫した層を発見しました。彼のチームは、固まっていない砂の層が発見されたときに驚きました。さらに4 - 5メートル下に降りた後、その下の硬質岩層がありました。

ダイバーのチームが橋を物理的に調べるために潜りました。彼らが観察した丸岩は、典型的な海洋形成ではありませんでした。それらは、道路の両側から来たと特定されました。バディナラヤナン博士はまた、これらの分野で古代の採石の証拠があることを示しています。彼のチームは、いずれかの海岸からの材料を、流路を形成するために水の砂底として置かれていると結論しました。

ヒンドゥー教(Hindu)の伝統によると、この「土地のストリップ」は、ヒンドゥー教叙事詩「ラマヤナ(Ramayana)」で語られたように、ヒンドゥー教の神ラーマ(Rama)が建てた橋です。実際、古代から「ラマの橋」や「ラマ・セートゥ(Rama Setu」」として知られています。

 

(Fig.2) Ramayanbdg

宇宙から見たアダムの橋。 イメージクレジット:NASA

 

インドの壮大なラマヤナは、陸橋とそしてそれがヒンドゥー教の神ラマに奉仕するためにどのように建てられたのかの物語を伝えています。橋は、彼が大きな島に到達するために水を渡り、悪魔王ラバナ(Ravana)のクラッチから彼の最愛の人を救い出すためのものです。それは、愛情、勇敢な行為、信じられないほどの建造工事の物語です。ラマは、最高神の最も有名な現れの一つで、そして世界で最も古い宗教の1つのヒンズー教の象徴、精神、意識として認識されています。

ラマの人生の事実として何度も解釈されている物語は、古代のサンスクリット語叙事詩ラマヤナに語られています。文字どおり「ラマの旅(Rama’s Journey)」に翻訳されています。これは、船に乗っている神(ヴィマナスVimanas)と、巨人が地球を歩いていた時を表しています。ビマナと巨人の証拠は、世界の異なる国々で発見されています。

失われた大陸と古代文明の証拠でしょうか。

研究者によればレムリア大陸は、水面が上昇したので、古生代の間に本土から離れました。奇妙なことに、インドの国立海洋学研究所(India’s National Institute of Oceanography)によると、海面は約15,000年前には約100メートル下でした。

この結果、大規模な洪水が発生し、最終的には大陸全体だけでなく、遠い過去に地球上に存在していた文明全体が消滅しました。

タミルネット(Tamilnet)誌によれば、レムリアの大陸は古代タミル(Tamil)文学の「クマリ・カンダム(Kumari Kandam)」と呼ばれています。

タミル語は、世界の古典言語の1つです。

タミル語は2000年以上にわたり連続した歴史的記録を持ち、そしてタミル語はインドでは古典的な言語として認識されていました (他のサンスクリット語の他に)。

タミル語は、インド・ヨーロッパ系の言語に属しません。

「タミル世界の古代の海岸帯に存在していた山岳地帯を滅ぼすために必要な津波の強さと大きさを想像することができます」とシャンムガタス(Shanmugathas)教授は述べます。

クマリ・カンダム(Kumari Kandam)の古代の大陸は、現代のインドの南、インド洋の下に存在していたと言われています。クマリ・カンダムが姿を消した後に、タミル人は世界に広がって他の文明を作りだしたと言われています。大陸はスペルに応じていくつかの名前があり、それはクマリ・カンダム、 クマリックカンタン(Kumarikkantam)とクマリ・ナドゥ (Kumari Nadu) から変わる可能性があります。「クマリ・カンダム」という言葉は、15世紀のスカンダ・プーラナ(Skanda Purana)(18世紀のヒンドゥー教の宗教的文章の1ジャンル)で、最大のマハフラナ(Mahāpurāṇa)であり、カチアパ・シヴァチャリャラ(Kachiappa Sivacharyara)氏(1350-1420)によって書かれました。

興味深いことに、多くの著者は、タミルの人達は地球上の最古の文明に属し、クマリ・カンダム大陸が海に沈み消えたことを示しています。その人々は、異なる文明を創設するために、惑星の他の部分に移動しました。

失われた大陸:かつての神話が現実になった

かつてインドとマダガスカルの間にあった古代の大陸は、現在、インド洋の底に散在しています。専門家によれば、30億年前は大陸が海を覆っていました。東アフリカのモーリシャス(Mauritius)島はどこにあるのでしょうか、

専門家は、3,0億年前の鉱物の小片を分析した後、この結論に至りました。モーリシャス島のいくつかの岩石では、同じ名前の共和国の本拠地では、約3億年前のミネラルの小片を見つけることができます。これは重要なことではありません。それは若い島(火山の多い原点の)がかろうじて700万から1,000万歳だったからでありませんでしたか。それで、岩の部分はどこから来たのですか、それはどうして古くなる可能性があるのでしょうか。

専門家によれば、それらの起源は、(地図で)島の下に位置する「失われた大陸」にあります。ウィットウォーターストラント大学(University Witwatersrand、南アフリカ(South Africa) )の研究者が声明で説明したように、

 


Lost continent Mauritius

(3:51)  2017/01/31

 

どう思いますか。 数万年前に、歴史の中でさらに以前に、古代文明アトランティス、ムー、レムリアのような大陸に住んでいたことは、あり得ますか。

最近の研究は、遠い過去に、地球の大地が今日とは大きく異なっていたことを証明しました。多くの著者や研究者が、アトランティスのような古代文明は地球上のどこかに存在していたか、それを考えるのがバカげていると主張する主な理由の1つです。

 

(リファレンス)

Scientists have found a long-lost ancient continent submerged beneath the ocean

Scientists have found a NEW 5-million-square-kilometer Continent hiding in plain sight

15 Things you should know about the lost continent of Kumari Kandam

The Lost Continent of Kumari Kandam

Sclater, Phillip L., 1864, ‘The Mammals of Madagascar.’ Plate opp. P. 213.

Catastrophes of the past: poetic exaggeration or scientific facts?

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

www.earthismysterious.com

www.nationalgeographic.comwww.ancient-origins.net www.history.com

 

----- この記事を読んで -----

失われた大陸説、ムー大陸アトランティス大陸、レムリア大陸と、各々の大洋にそれぞれ何かあったと言われています。実際どうなのでしょうか。浪漫だけなのかも知れません。

プレートテクトニクスにより現在の大陸になる前の、過去にあった大陸だとするのならば、そうした太古から人類かもしくは何者かが地球に居て、そうした情報が継承されてきたことになります。

人類の属するホモサピエンスは、40万から25万年前に現れたとされています。一方で、2億5000万年くらい前のパンゲア大陸の出来事や、今から約2億年ほど前から分裂を始めたゴンドワナ大陸の情報があります。こうしたプレートテクトニクスによる大陸の移動や分裂の時間スケールと、人類の登場を比較すると、単純に無理があります。

人類がホモサピエンスとして表れる前に、陸として認識できる観測技術を持ち、プレートテクトニクスの結果としてかつてはこうした大陸があった、こうした情報を継承できる何者かが居なければなりません。

誰が、ムー大陸アトランティス大陸、そしてレムリア大陸の存在を伝えたのでしょうか ?

それとも、プレートテクトニクスとは無関係に、ムー大陸や、アトランティス大陸、レムリア大陸が存在したのでしょうか ?

もしくは、人類史の中でのこれらの大陸は、当時の地図作成能力の限界、書き間違えや、読み間違えや、聴き間違え、ただの勘違い、考古学的な物証の解釈の誤りなのでしょうか ?

 

人類の進化 - Wikipedia

プレートテクトニクス - Wikipedia

パンゲア大陸 - Wikipedia

ゴンドワナ大陸 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp