ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

隠された歴史が明らかに:身長7mの巨大な骨格が展示されています


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200201162648j:plain

隠された歴史が明らかに:身長7mの巨大な骨格が展示されています

(図 神秘的 Pixabay)  (Fig.0) 巨人の骨格展示

 

カルロス・ヴァカ神父 - カトリック司祭 -は、数十年間、巨大な骨格の遺跡を守っていました。高さが約7mの存在の骨断片の大部分は、エクアドルの 「チャンアーミナ」という場所から回収されました。奇妙なことに、チャンアーミナの翻訳は「神の墓地」を意味します。

地球の周りに作られている、信じられない発見の数え切れないストーリーがあります。興味深いことに、エクアドルには多くの奇妙な発見があります。最もポピュラーな最近の発見の1つは、いわゆる失われた都市の巨人で、エクアドルのジャングル探検家のグループに発見されました。

ミステリアスな都市に加えて、過去の人々は、エクアドル(Ecuador)の様々な地域で巨大な骨格を見つけました。エクアドルの南部では、ペルー(Peru)との国境の近くで、人々はあらゆる種類の奇妙なものを見つけました。報告によれば、専門家達は、サイズがはるかに大きい人間と似ている骨や骨格を復元しました。

これらの骨格や骨の多くは、世界中の私的なコレクションで、大衆には隠されていました。

 

(Fig.1) 巨人の骨格展示

 

「巨大骨格」の最も有名な保護者の一人は、カルロス・ミゲル・ヴァカ神父であると信じられています。彼は1999年に亡くなるまで守っていましたが、エクアドルの 「チャンアーミナ(Changaiminas)」と呼ばれる場所から、いくつかの骨や断片が発掘されました。奇妙なことに、チャンアーミナの翻訳は「神の墓地(Gods cemetery)」を意味します。

カルロス・ミゲル・ヴァカ・アルバラド神父(Father Carlos Miguel Vaca Alvarado)は、エクアドルのロハ(Loja)で1912年8月25日に生まれました。彼はエクアドルのゴンザナマ・ロハ州(Gonzanamá Loja)チャンアーミナ教区の司祭でした。

カルロス・ヴァカ神父はカトリックの司祭であり、音楽家、考古学者でした。彼は1965年に、偶然にも同じ年にフヨン・モリツェ(Juan Moricz)のテイオス洞窟(Tayos cave)での探検と、地下の世界の発見をしています。その後に彼の博物館で展示されたジャイアント骨格の考古学的な決着を発見しました。チャンアーミナに位置する「パドレ・ヴァカ博物館(Museo del Padre Vaca)」として知られており、そこはルイス・グアマン(Luis Guamán)氏が所有する土地で発見された数多くのオブジェクトを保管していました。

コレクションには、おそらく身長7mの巨人の骨が含まれていました。それは数千年前にエクアドルアメリカの他の地域に住んでいました。

コレクションはまた、奇妙な道具(strange utensils)、ミネラル(minerals)、「魔法の性質(magical properties)」の化合物で構成されていました。多くの著者達によれば、それらはまだ解読されていない数多くの考古学的な謎を説明するものだろうとのことです。

骨断片の一部は、さらなる分析のためにスミソニアン研究所(Smithsonian institute)に送られたと思われます。骨格とその居場所の報告は、有名なアルフォンソ・エスピノサ・デ・ロス・モンテロス(Alfonso Espinosa De Los Monteros)監督が率いるエクアドルのテレビ番組で放送されました。

ヴァカ神父の死後、奇妙なことに、クレシ神父(Father Crespi)の博物館で起きたように、そのコンテンツは略奪されました。

 

立っている巨人の画像は、60年代にエクアドルで発見された骨片の再構成なことに注意して下さい。2004年以降はスイスのインターラーケン・ミステリー・パーク(Mystery Park en Interlaken)を訪れれば観ることができます。

さらに、巨大な骨格に加えて、研究者はエクアドルでより多くの興味深い場所を発見しました。失われた巨人(Giants)の都市はその1つです。

ブルース・フェントン(Bruce Fenton)氏によるウェブサイトEarth4Allwrittenの記事によると、発見者の1人:

2012年、エクアドルの冒険家のグループが、古い写真で見た構造物を追い求めてジャングルに導かれました。最初の試みでそれらは失われましたが、運命は幸運な展開となりました。2番目の巨石の場所の小さな川の端にある奇妙な石のプラットフォームで、彼らは実際つまずきました。ジャングルの床と水そのものに散らばっているのは、多くの人工物と人間が造作した石のオブジェクトでした。これらの人工物は、既知の文化に何も適合しておらず、そして、それらの以前の機能さえもほとんどの部分で謎に包まれたままです。すぐ後に、同じグループが写真の中で巨石の壁への2回目の試みを開始しました。今回はサイトに正常に到達しました。

一般の人々に知らせる目的の私達の努力の成果で、探検家やそれに続く他の人達からのこの信じられないほどの発見(または再発見)の遠征映像とビデオは、それ以来、世界中の考古学界に衝撃波を送りました。専門家は、誰がこのサイトの責任を負う可能性があるのか、それが構築されたのかを説明することはできませんでした。専門家は説明ができませんでした。誰がこのサイトの責任を負っているでしょうか、そして、それがいつ建築されたのでしょうか。まことに単純に、これらのサイトは、ランガナス(Llanganates)の危険な内部に建てられたと考えるのは妥当ではありません。むしろ、ジャングルが存在しない時に構築され、その後ジャングルが成長した、と仮定するのは理にかなっています。問題はそれが何世紀も前かもしれないかどうか、または私達の過去数千年など、より多くの可能性があります。

 


NOW YOU WILL SEE THE TRUTH ( GIANTS ) - Klaus Dona

(14:59)  2012/03/02

 


LOS HUESOS DE LOS GIGANTES EN ECUADOR.wmv

(8:56)  2011/08/27

 

 

----- 出典 -----

Hidden History revealed: 7-meter-tall giant skeletons on display | Ancient Code・・・ 接続に時間がかかり、以下のプレビューが表示されないことがあります

www.ancient-code.comwww.ancient-origins.net

 

----- この記事を読んで -----

実在するなら見たいものです。7 mとは、身長 175 cmの大人 4人分の背丈になります。

www.swissinfo.chスイスのインターラーケン(Interlaken)のテーマパークは、スイスの作家、エーリッヒ・フォン・デニケン(Erich von Däniken)氏の構想により、2002年頃に開園したらしい施設のようです。彼の構想からして、古代宇宙飛行士説を支持する展示物だったのではないかと思います。

A,T.S.さんより寄せられた情報で、残念ながら、2006年に閉演となり、2009年以降、夏季にはユングフラウ公園(Jungfrau Park)として定期的に再オープンしているとのこと。

en.m.wikipedia.org

 

エーリッヒ・フォン・デニケン - Wikipedia

 

以下、追加の情報として(T.R.さん、ありがとうございます)。次のリンク先の画像は、おそらくインターラーケンの展示のようです。

Fabrice Descurninges さんの2019/12/05のフェイスブック投稿

www.facebook.com

 

この巨大骨格は 7 m 50cm です。

これは博物館で展示された唯一の巨大骨格です.

エクアドルの「チャンガイミナス(changaiminas)」で発見されました.

他に何千もの巨大な骨があります。

「チャンガイミナス」という名前は神の墓地を意味し,

多くの興味深いものが発見されたため、人々がこの場所をこう呼びました。

この場所は地元の住民の歴史を裏付けており、

クレスピ神父にこれらの巨人の存在を伝えました

彼らの土地と彼らの地下都市ロス・タイヨス(Los TAYOS)で。

見つけたものはとても重要で興味深いものでした。

宇宙飛行士ニール・アームスロング氏自身が現場にいました。

彼は7日間地下に行って, 彼が出てきたとき, 彼は言いました。

「ロス・タイヨスで見たものは、宇宙飛行よりも重要でした」。

ガブリエラ・ドブレスク(Gabriela Dobrescu)

 

マルティン・サイモン(Martine Simon)経由

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp